ワルキューレの作品情報・感想・評価・動画配信

ワルキューレ2008年製作の映画)

Valkyrie

上映日:2009年03月20日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.4

「ワルキューレ」に投稿された感想・評価

standfield

standfieldの感想・評価

3.3
ヒトラー暗殺を目論んだ実在の人物を描いた作品。

あの残虐非道なナチスだけど
ヒトラーのやり方を嫌う人はいたんだね。
オスカー・シンドラーだけじゃなかったんだね。
ちゃむ

ちゃむの感想・評価

3.2
ヒトラー暗殺未遂事件の実話を基にした映画ですが、中途半端感が否めない印象でした。

こちらを観た次に「ヒトラー最期の12日間」を観たのですが、舞台の時期が多少違うとはいえ、明らかに伝わってくるシリアス感が低いです。軍服姿のトム・クルーズは超絶カッコいいのですが、どうしてもトム・クルーズのヒーロー物に寄っちゃってる感じがします。そのくせ、史実に基づいた「未遂」事件ですから、結末は初めから見えているわけで、ドキドキ感には期待できない…。

計画を進めている間にも、どんどん敗戦が決定的になっていってるわけですから、もっと悲壮感漂う雰囲気が出ていてもいいかなと思いました。
トム・クルーズの作品では地味な方ですが、この映画は結構好きです。

映画にハマり出した頃に見たのですが、トム・クルーズが主演という絶対的な安心感故に、ラストはかなり衝撃を受けました。確かヒトラーは暗殺では死んでないよね⁉︎でもこの作品はトム・クルーズだし、作戦も7割くらいはちゃんと進んでいるからどうなるんだという感じで、ハラハラしながらのめり込んでました。

久しぶりに見るとなかなか複雑なところもありますが、程よい緊張感や地獄の黙示録のオマージュのようなシーンもあって良かったです。ヒトラーはワーグナーが好きでしたね。

義眼をつけるシーンが何回かありますが、目ってあんな簡単に付けれるんだと驚きました。
ドキドキ感が凄くておもしろかった!
けどなぜトムクルーズが演じてるのか不明w
Taul

Taulの感想・評価

2.0
『ワルキューレ』有名なヒトラー暗殺計画の史実をトム・クルーズというスターを主役にして描くというチャレンジ。成功したかどうかは分からないがサスペンス部分は面白い。エンターテイメントなのか史実再考のテーマなのか中途半端な感じが残った。

2009年3月鑑賞
1944年のヒトラー暗殺未遂事件、"7月20日"事件を描いた、アメリカ資本の映画。

ドイツ人の映画なのに、全編英語なのはまぁ違和感はある。

ただ、戦後のドイツ人の精神性に大きな影響を与えたシュタウフェンベルクをアメリカ人のトムクルーズが演じたということで、ドイツ人自身には評判は悪かったけど諸々の横槍を回避できた側面はあると思う。
もし、これがドイツ人によって映画化されていた場合、依然として、内外からの批判は避けられなかったと思われ。

しかも、この映画は史実の深掘りを程々に、娯楽性をギリギリのラインで維持して、娯楽作品として完成したのはアメリカ商業映画ゆえだからこそ。

そういう意味で、"当時のドイツ人にも良心はあった"と世間一般に周知するには、実は1番コスパがいいルートだった気がする。

ただ、内容として一般大衆向けに耐えうるかというと、割と地味な作劇が続くのでどっち付かずな映画にもなってると思う。


この映画というか、実際の反ヒトラー派の手際の悪さや不運が重なる、"持ってない感"がとても際立ってくる。
反ヒトラー派でトム演じるイケメンのシュタウフェンベルクのみが孤軍奮闘してるようにしか見えない。

そもそも彼等の計画は、ヒトラー暗殺後に連合国と停戦交渉に応じるというものだが、1944年の正にその時、西方では"史上最大の作戦"であるオーバーロード作戦が目下進行中であり、東部では"電撃戦の最終完成形"であるバグラチオン作戦により、ドイツ軍数十個師団が文字通り消滅させられていたのに加えて、1942年のカイロ会談で無条件降伏以外応じないことを連合国間で確認しているので、彼等の終戦への見通しは甘かったというのが後世の評価である。

そういう意味で、彼等反ヒトラー一派の立ち回りは道化的とも言えてしまう。

しかしながら、取り返しの付かなくなる前に戦争を止めるという、ある意味認識が甘くも、純粋な動機から策謀を巡らす彼等らの、その抜けてる感も含めて、同情とも似た感情移入を少しは出来ると思う。

既に立ち上がるには遅すぎるにしても、それでも行動した彼等が、そして失敗し、シュタウフェンベルクらは死に追い込まれ、その他の者達は残虐な方法で処刑された。
その悲劇性に、本作の歴史物としての興味深さがあるのだと。

恐らく、ドイツ軍人をやらせたら右に出る者はいない、トーマス・クレッチメンが本作でも国防軍予備役将校役で登場。
ハリウッド大作デビューはこの辺からでは?

SS将校や、ドイツ高官を演じる機会の多い、クリスチャン・ベルケルも反乱側将校として登場。
「誰がため」「ブラックブック」などのドイツ国外資本作品にも多く登場し、1番知名度が高い「ヒトラー最期の12日間」で本作の数少ない良心のSS将校役が代表作。

結構、トム以外の脇をドイツ人が固めてる印象。

やっぱり印象に残るのは、ケネスブラナー演じるトレスコウ将軍だろな。

戦争モノとしては、序盤のアフリカ前線のシーンしかないけど、歴史好きには割と飽きないんじゃないでしょうか、本作。
ヒトラーという人物の恐怖をもう少し多く描いた方が良いと感じた。
周りの威圧、雰囲気の方が怖く思えた。

あぁいうタイミングの中で反逆の話をするだけでゾッとする。
もしその相談相手がすぐに裏切っては元も子もないないのだから。

そういう点ではある程度オープンに話せてたのか?という疑問も持った。

北朝鮮と少し重ねて見てしまった。
重厚な歴史サスペンス。
ワルキューレ作戦についつは、ほぼ知らなかったのですが、結末はわかっていながらも楽しく観賞しました。
暗殺計画に関わる将校のキャストも豪華です。
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.6
1944年7月20日に起きたヒトラー暗殺未遂事件に至るまでの、ドイツ内での反乱分子の活動を事件の中心人物シュタウフェンベルクの視点で描いた戦争サスペンス映画。

「ユージュアル・サスペクツ」以来、期待を裏切られているブライアン・シンガー監督によるサスペンスということで期待していた。
うーん。面白かったけど、予想を超えるものではなかったかな。

暗殺作戦実行時の緊迫感や、裏切りの恐怖感、そして戦争末期のドイツ内部の不安定さが良く描かれていたと思うし、今まで描かれてこなかった題材ということで興味深い内容だった。

それに、ナチスドイツの非人道的行動や戦闘シーンなどはなく、あくまでドイツ内部に様々な意見があることに焦点を当てていて、そこははっきりしてて良かった。

ただ、やっぱり(当たり前だけど)英語だし、何よりアメリカを代表するアクションスター、トム・クルーズがドイツ将校というのは無理があった。
WOWOWシネマ録画鑑賞
史実に基づくトム・クルーズ主演の歴史サスペンス巨編。

祖国を誰よりも愛するがゆえ、非道な独裁者ヒトラーを暗殺するという賭けに打って出た、あるドイツ人将校の姿を再現。

原題 『Walküre』独語/『Valkyrie』英語

2008年米作品
監督 ブライアン・シンガー
脚本 クリストファー・マッカリー ネイサン・アレクサンダー
音楽・編集 ジョン・オットマン
撮影 ニュートン・トーマス・シーゲル
出演 トム・クルーズ ケネス・ブラナー ビル・ナイ トム・ウィルキンソン カリス・ファン・ハウテン テレンス・スタンプ

(WOWOW番組内容より)
第二次世界大戦末期、ドイツの敗色が日増しに濃くなる中で誰よりも祖国を愛するがゆえに非人道的な悪行を重ねるナチス総統ヒトラー(デヴィッド・バンバー)に絶望し、一刻も早く何とかせねばと憂慮を募らせていたシュタウフェンベルク陸軍大佐(クルーズ)は、ある大胆不敵な計画を思いつく。それはドイツ国内で有事の際に反乱勢力を鎮圧するという”ワルキューレ作戦“を巧みに利用してヒトラーを暗殺し、ナチスの政権を転覆させて実権を掌握するというものだが・・・

ヒトラー暗殺計画は、アドルフ・ヒトラーの政権獲得後、単独犯と組織的なものを合わせて、少なくとも42回企てられた。(Wikipediaより)

本作品は最後の暗殺計画『7月20日事件』(作戦名・ワルキューレ作戦)を扱った作品。

映画開始早々、ドイツ語表記の原題から徐々に英語表記に変化。
主演のトム・クルーズ演じるシュタウフェンベルク大佐もドイツ語を話し、セリフが徐々にフェードアウトし、英語に変わる。
一応観客にも英語セリフを理解させる演出。

シュタウフェンベルク大佐は、これまでも色々な映画に登場し、北アフリカで負傷し、右手と左手指2本、左目を失い黒い眼帯を付けた姿は、見覚えがある姿。
彼がいかにして暗殺計画に参加し、実行していったかが描かれる。
史実なので作戦結果は周知の事実なので、過程と結末の描かれ方を観たかったのだが、良く描かれている。
キャストも豪華で
彼の家族、ニーナ夫人にカリス・ファン・ハウテン(ブラック・ブック)と4人の子供たち。(三男一女)子役の女の子が可愛い。そしてお腹には5人目の女の子。
ハウテンの出番は少ないながら品のある姿は健在。

その他、反ヒトラー派で大佐の上司オルブレヒト将軍役にビル・ナイ。トレスコウ将軍役にケネス・ブラナーなど脇役も豪華。

ヒトラー総統や宣伝相ゲッペルス、No.2ヒムラーなど政権幹部も見た瞬間に判る面々は、まるで記録映像の様な錯覚を覚える。

いままで、多くの映画で取り上げられたシュタウフェンベルク大佐だが、主人公として演じた俳優/作品は以下の通り。(Wikipediaより)
ベルンハルト・ヴィッキ
『ヒトラー暗殺』(原題:Es geschah am 20. Juli)(1955年、西ドイツ、映画)

ウォルフガング・プライス(Wolfgang Preiss)
『暗殺計画7・20』(原題:Der 20.Juli)(1955年、西ドイツ、映画)

アルフレート・シュトゥルーウェ(Alfred Struwe)
『ヨーロッパの解放』(1971年、ソ連、映画)

ブラッド・デイヴィス
『殺しのプロット/独裁者を消せ!』(原題:The Plot to Kill Hitler)(1990年、アメリカ、テレビドラマ)

セバスティアン・コッホ
『オペレーション・ワルキューレ』(2004年、ドイツ、テレビ映画)
そして本作品
トム・クルーズ
『ワルキューレ』(2008年、アメリカ、映画)

"自由と正義の為に抵抗し、命を捨てた者に恥はない”
〜ベルリンの"抵抗運動記念碑“より〜

この事件での犠牲者は約6000人が処刑、逮捕者約6000人。
これ以外にも、反ヒトラー派として関与を疑われ自殺を強要された有名なロンメル将軍もいた。

シュタウフェンベルク大佐の家族は、処刑は免れたが、ニーナ夫人は強制収容所、子供達は養護施設送りとなり、夫人は5人目の女の子を収容所で出産。全員が生き延びてニーナ夫人は2006年4月92才で亡くなられた。

この計画が成功していれば、早くに戦争終結し、また違った歴史となっていたかも?と思わずにいられない。

史実として、深く知ることが出来たが、多くの犠牲を伴った事実に胸が痛む。
>|