ワルキューレの作品情報・感想・評価

「ワルキューレ」に投稿された感想・評価

なぎさ

なぎさの感想・評価

3.5
こういう視点のお話は観たことなかったかも…
って思ったけどヒトラー13分の誤算も暗殺のお話でした
史実に基づいてる映画は結果が分かってるんですがやっぱりハラハラドキドキします
眼帯姿のトムクルーズがかっこよかった、、
実在のクーデター、ワルキューレ作戦を題材にした一本。一応これの前に作られたドイツ製のTV映画、オペレーション・ワルキューレも鑑賞しましたが自分はこっちのがエンタメ性高くて好みでした。
音楽、緊張感、スケールの大きさはとにかく素晴らしい。定期的に見たくなる中毒性もあります。まさに歴史に直接影響してくるようなデカい話でたまらない。

トム・クルーズ演じるシュタウフェンベルク大佐が良い意味で中二臭くカッコいいです。欲を言えばこれのドイツ語吹き替え版とかあったら欲しいです。その辺はハリウッド映画なので仕方ないんですかね…
やんぬ

やんぬの感想・評価

3.0
史実の知識0だったからハラハラしながら観た
登場人物多すぎて訳分からなかったから、勉強してからまた見直そう、、、
緊張感でハラハラしっぱなし。
実際の彼らはもっと緊迫した中にいたのだろうなぁ。
重たい内容ではあるけど、一度は観て欲しい映画
ラスト、涙腺脆い私は泣いた。
初見は登場人物の把握に四苦八苦し、誰が誰だかわからず、あまり内容が入ってこなかった。(中断を挟んだのも要因かもしれないが)
2度目の鑑賞では、自分の中で登場人物も整理され、かなり楽しめた。
史実に基づき、実際の場所でロケを行う等、随所のこだわりが切迫感を後押ししていた。
えみ

えみの感想・評価

3.3
過去観賞。
ハラハラしながら見た。
史実を知っているのに、手に汗を握って事の行方を追ってしまった。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.5
ストーリーはすごくいいんだけどドイツ人キャストでドイツ語だったらもっとよかったのになって思ってしまった。
YukiSakai

YukiSakaiの感想・評価

2.7
内部に謀反を企てた人物がいたことに驚きだったけどやるせない結末に、まぁそんなもんだろうと納得しつつもちょっと心残りだった
まー

まーの感想・評価

3.5
長所はトム・クルーズに華があること。
短所もまたトム・クルーズに華があることでして、要はトム・クルーズ、ビル・ナイ、ケネス・ブラナー、テレンス・スタンプらが全くナチ、ドイツ人に見えないことなんです。

とはいえ、ヒトラー暗殺&クーデターは失敗するという誰もが結末を知っているお話をここまでドラマチックに、ひょっとしたら成功するんじゃないかと観客に思わせる演出は見事だし、トム・クルーズじゃないと為し得なかったと思います。

余談ですが、結末を知っているということを完全に逆手に取ったのが「イングロリアス・バスターズ」ですね。

シュタウフェンベルグ大佐はともかく、他の協力者が純粋に国のことを思って行動したかは疑問が残る部分があり、美化しすぎじゃないかと思うとこともありますが、エンタメとしてこれはこれでアリではないでしょうか。

ハリウッド随一のスーパースター、トム・クルーズ。
彼が主演という時点で英雄譚として完成されているので、歴史を知らなくても楽しめます。

「オペレーション・ワルキューレ」は硬派な作品らしいので、そちらも観てみようと思います。
トムクルーズでやる必要があったかと言われれば何とも言えないけれども
作品的にはとても好きです
脇を固める共演陣を評価したい
作戦中はハラハラするし楽しめた
>|