ワルキューレの作品情報・感想・評価・動画配信

ワルキューレ2008年製作の映画)

Valkyrie

上映日:2009年03月20日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.4

「ワルキューレ」に投稿された感想・評価

面白かった!
とにかくトムクルーズが格好良かった。
ドキドキさせられる映画!
その他

その他の感想・評価

3.6
第二次世界大戦下のドイツ。ナチスの蛮行を終わらせるため密かに反乱を企てた将校の史実映画。

ヒトラーのためではなくドイツの未来のために戦った軍人を描く。
PELIMETRON

PELIMETRONの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・ドイツ軍大佐のトムクルーズ
・ヒトラーに反感を抱いていた
・反乱部隊に加わる
・総党本部で爆破作戦を実行
・トムはヒトラーが死んだと情報を流す
・指揮権を移すワルキューレ作戦を開始
・反逆が始まる
・しかしヒトラーは死んでいなかった
・反逆は失敗
・関与した者は全員死刑

ヒリヒリするほどの緊迫感
やまむ

やまむの感想・評価

3.1
できるだけこの事実を忠実に再現するよう努力した様子が垣間見え、セットもリアル感がたっぷりあり、見応えのある描写です。(言語はドイツ語でなく英語ですが・・)

個人的には期待以上でも以下でもなかったけど、トム・クルーズを特別なヒーロー的存在として期待している人には不満かもしれません。
wakana

wakanaの感想・評価

4.3
WALKYRIE


【ジャパン・プレミア】
トム・クルーズ来日

なんと、TOM CRUISEが舞台挨拶の会場出る時に 「Thank you❗️」って握手してくれました😍
超LUCKY💖✨


トム曰く、全て事実に基づいて作ったとのこと。2時間ジャストだが、余計な家族の恋愛事情をだらだら描いたりもせず、どんどんとヒトラー暗殺計画が進められていく。
テンポも良く緊迫感もある。
さすがに『ユージュアル・サスペクツ』や『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー監督の手腕によるものだろう。

ケネス・ブラナーやビル・ナイらの名優も脇を固めている。
ヒトラーも実際ぽくってリアル感あった。

作戦名はトム演じるシュタウフェンベルク大佐が家で耳にしたワーグナーの「ワルキューレの奇行」から名付けられた。
指揮はワーグナーの名手だが、ヒトラーを侮辱する発言をしたためにバイロイトでの演奏を禁止されたハンス・クナッパーブッシュのビクター・レコード盤だった。(エンドクレジットでは演奏はスロヴァキア・フィルだった)

実際に作戦が実行されたのは1944年7月20日。700人が逮捕、200人が処刑されたらしい。


最後に・・・トム、言うまでもないですが・・・やはりカッコよかったデス☆☆☆
ドイツの第二次世界大戦中の数少ない英雄、シュタウフェンベルク大佐の映画化を、ハリウッドに持っていかれたドイツ国民はさぞ怒ったことでしょう(俳優は、アメリカ人とイギリス人が主要キャラクター占めちゃってるし)。
地元からは、変なアクション映画になりはしないかと大変危惧されたそうですが、そこは大反対を押し切った末の映画化、歴史に忠実な作品になったようです。

映画を見て、ドイツ人の名前が長ったらしくて、誰が誰だかイマイチ把握できなかったし、冒頭の飛行機に乗せた酒爆弾がなぜ爆発しなかったのかなど、ストーリーは史実に忠実なんだけど、映画を見ても理解し難い部分が多かったので、結局Wikipediaを見てお勉強しました(苦笑)。

シュタウフェンベルク大佐は実行犯を引き受けるだけあって行動派でしたが、上層部の優柔不断さもさる事ながら、
ウィキペディアにも書かれていましたが、後方の高級作戦将校たちは現場の下士官から「あいつら楽ばっかりしやがって!」と、ヒトラーより人気がなかったことが、クーデターを成功できなかった最大の理由みたいです。
しかし、そこら辺は、トム・クルーズがほぼ一人で右往左往してかわいそうだったな、みたいな描かれ方で終わっていますが。
それにしても、地味~な作品でした。
sayaka

sayakaの感想・評価

2.6
実際にこんな事件起きたのすごい…
ヒトラーの最期は自決なので、暗殺計画は全て失敗しているってわかっていてもハラハラしました。

個人的に男性のひげ剃りシーン観るの苦手だと思いました。
切りそう…ひげ剃りに集中して…と思ってたら、案の定血が出てきて落ち込みました。
記録用
歴史を把握した上で改めて見たいと思った。
理解し難いなりに食らいついて見てたな
KEiGO

KEiGOの感想・評価

3.8
トム・クルーズマラソン!
未来のため、“ヒトラーのドイツ“にしないため戦った男達。
不学なもので、この映画で初めて7月20日事件を知りました。「高校世界史だと習うのかな?」と思い、書店で世界史を何冊か手に取ってみましたが、山川の世界史小辞典にしかこの事件の記述が見られませんでした。ということは日本ではかなりマイナーと認識していいのかな?

「この作戦が成功していれば…」
観客はそう思いながらこの作品を観ます。オチが見えているからこそ、そこへ向かうシークエンスをどう描くかが映画が成功するか否かの鍵。そういう意味では今ひとつ盛り上がりに欠ける、文字通り劇的な演出がなかったのは残念でした。しかし祖国のために命を賭した黒いオーケストラの遺志を十二分に感じられたので、その分スコアを上乗せ。

映画の最後に記されるベルリン抵抗運動記念碑の言葉でレビューを締めます。

YOU DID NOT BEAR THE SHAME
YOU RESISTED
SACRIFICING YOUR LIFE
FOR FREEDOM, JUSTICE AND HONOR
-FROM THE GERMAN RESISTANCE MEMORIAL, BERLIN
Natalia

Nataliaの感想・評価

3.6
映画としては物足りなかったけれど、ナチス体制の中にもこういう人たちがいたのだと知れたのが一番のポイントだと思う。
>|

あなたにおすすめの記事