姑獲鳥の夏の作品情報・感想・評価

「姑獲鳥の夏」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

4.0
実相寺監督の映像美が日本の夏のジットリとした気持ち悪さによく合っていると思う。原作も映画も好きです。
Chap

Chapの感想・評価

2.5
2005年とあり、キャストも近年の人が多いのかな?と、割と最近だなぁと思ったけれど、作りが中々古風だったw 雰囲気とかは好きだし、堤さん良かったけれど、最終的な印象は、分かりづらい…ですw 個人的に、昔話をもう少し掘り下げて欲しかった…。でも最近は、こんな感じの雰囲気の作品、見当たらないから、見つけて良かったと思います!
oyasu

oyasuの感想・評価

3.1
京極夏彦作品って難しい漢字が不気味さを出してて面白い。
きっと原作はもっといいんでしょうね。
hase46

hase46の感想・評価

3.3
この世には、不思議なことなど何もないのだよ、関口くん。


子供の頃観て、とても衝撃を受けた作品。こんなに知的でおどろおどろしい世界があるんだと興奮したのを覚えています。本も買って難しくてよく分かんなくて、でもそれが逆に、自分の今までの世界とは違う世界にいる感じがしてとてもワクワクしました。

大人になって久々に見ると、映像がものすごくチープな感じがしたり、音楽がものすごくわざとらしかったりして、こんなんだっけと思った点もありましたが、ストーリーや雰囲気はやはり面白く、京極堂のあの全てを静かにねじ伏せるような冷静で知的な喋り方に聴き入ってしまいます。

照明の使い方に特徴があり、舞台のようなスポットライト的使い方をしてるのが印象的。

榎木津も木場修も大好きな登場人物です。

2018.6.12.175本目
mskj

mskjの感想・評価

-
ところどころに目を惹くカットがある
ダッチアングル、魚眼、鏡
coba0751

coba0751の感想・評価

1.0
配役は満足しているところもありますが、それ以外は原作ファンとしては不満しかありませんでした。
Jun1582

Jun1582の感想・評価

3.0
内容がすっと入って来にくくて、中盤集中力が途切れる上にちょっとややこしいから、後半さらに頭の中が混乱した笑 でもこの世界観好きな人は好きそう。「呪いは脳に仕掛ける時限爆弾」って、なるほどなぁと思った。台詞のいい回りが独特。
堤真一と永瀬正敏のキャスト逆でも面白かったのかも。面白かった。
原作ファンゆえに視聴。
確かに榎木津が阿部寛というのはキツい気がする。
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2018.5.13 BS

鈴木清順と寺山修司を足して100で割った感じ。めちゃ可愛い原田知世の切り返しはとても良い。
>|