チリの闘いの作品情報・感想・評価

チリの闘い1978年製作の映画)

上映日:2016年09月10日

製作国:

上映時間:263分

4.3

あらすじ

『チリの闘い』に投稿された感想・評価

4.3
293件のレビュー

クローズアップがきち〜。一部のラストなんかこの大仰編集じゃカメラマンダシに使ってるようにしか見えんて…。
三部は編集に衒いがなくなってて好きすね。群衆がしっかり見えるというか。あと人力車?の滑走シー…

>>続きを読む
Tassu

Tassuの感想・評価

-

本物の民主主義と自由を求めた人々と、本物の民主主義と自由を知り、それらを国民のために成そうとした大統領が、かつてチリに存在した。
そしてついに本物の民主主義は産声を上げ、世界にその成長と「本物の民主…

>>続きを読む
めり

めりの感想・評価

-

硬派なドキュメンタリーでとっつきづらいところもあったが、新谷さんという研究者の解説で製作経緯や構成が理解できてすっきりした。こうした金字塔的なドキュメンタリーを撮ったあとも終止符を打つことなく、その…

>>続きを読む
RIO

RIOの感想・評価

4.0

人民勢力の萌芽
プロレタリア階級による意識改革
搾取されることに妥協を見せる人間
そうではなくて
自立してこその労働とする
まさに原点回帰

サルバドール・アジェンデ大統領は
反帝国主義であり平和革…

>>続きを読む
べらし

べらしの感想・評価

3.6

クリス・マルケルへのいや増す信頼感
そこに「語るべき事実」のある限り

1,2部の「9/11」に向けて加速されてゆく圧倒的ストーリーテリング(Shootしていた者の視点で"Shoot"されて第一部が…

>>続きを読む
ふかい

ふかいの感想・評価

3.6

本当の悪者(左翼政権を打倒し新自由主義を根付かせようとするあまりファシズム政党にまで資金援助をしてしまう帝国主義の権化=アメリカ)の顔は全く見えず、市井の人々に対するインタビューが延々と続いていく。…

>>続きを読む
Sios

Siosの感想・評価

4.3

歴史が激動する時。
その記録の克明さが驚異的。

1973年チリ。階級の対立、政権転覆工作、民衆の声と行動。起きている事実が、明快な構成で示されていて素晴らしい。
実力行使が迫る空気が伝わってくるし…

>>続きを読む

わたしたちはすでに、1973年9月11日のクーデタによって悲劇的な終焉を迎えたアジェンデ政権のあとに訪れた、さらなる悲劇の顛末を知っている。それだけに第三部で民衆の力(poder popular)を…

>>続きを読む
kam

kamの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごい映画。というより編集、演出に優れた映像資料か。いや、やはり作者の意図がしっかり読み取れるあたりは素晴らしい映画だろう。

資本主義を全身で浴びている日本人にとって、社会主義、そして共産主義は、…

>>続きを読む

取り返しのつかないスピードできな臭くなっていく時代の空気をあまりにも克明に捉えたこれぞドキュメンタリー。面白いかどうか以前に資料的価値だけで必見な作品。あらすじに並んでいるゴリゴリの熟語群が実にふさ…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事