リベレイター 南米一の英雄 シモン・ボリバルの作品情報・感想・評価

「リベレイター 南米一の英雄 シモン・ボリバル」に投稿された感想・評価

風来坊

風来坊の感想・評価

3.0
19世紀、南米の国を宗主国スペインの支配から解放しようとした実在の英雄シモン・ボリバルの生涯を描いた歴史アクション。

ろくに勉強をしていなかった私はベネズエラにこういう英雄が居た事を初めて知りました。紛争の原因ももスペインが南米を統治していたくらいしか知識がありませんでしたので勉強になりました。最初から高潔な英雄という訳でなく、金持ちの家に生まれ不自由ない生活。奥さんに先立たれ失意から堕落と意外に人間臭い男の姿に惹かれるものはある。

しかし…シモンが革命に決起する話の描き方が雑で唐突な印象を受けます。シモンに発破をかけているんでしょうが先生と呼ばれる人物の言動も酷すぎ。中盤からちょっとテンポが忙しいと感じました。歴史物としては美術等にもこだわっていて丁寧な作りで良いのですが、映画としての面白いかと聞かれると微妙なところ…。

戦闘シーンは派手では無いですが大人数での合戦は迫力はあります。いい話ばかりでなく失敗や挫折を中心に描いているのは好感が持てます。終盤のシモンは力を持って焦りすぎたかな…もっと人の言う事を聞いて上手くやれたのではないかなと思う。女優さんが惜しげもなく裸体を披露していて女優根性に感服。エロさは感じないし必要性があっての裸体ですけど家族で観るときは注意かも(笑)

シモンの熱気とそれを演じたエドガー・ラミレスの熱気が上手くマッチしていました。知らない事を知れて個人的には満足ですが、世界史に少しでも興味がないと135分近いお話しを観ているのはちょっとツラいかも知れません。
実在の英雄シモン・ボリバルの伝記映画。歴史ドラマ。日本でいうならNHKの大河ドラマだと思います。歴史に興味のある人はおもしろいと思います。個人的には興味が持てなかった。
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
南米は布教と武力と交易で植民地化されてスペインやポルトガル語なのがよく分かる。独立や革命は必然で歴史的に勉強になった。
この人の事知らなかったから知って良かった。

誰かも 言っていたけど三部作位にしてほしかった!
ぶん

ぶんの感想・評価

3.5
300年もの間スペインに支配されていた南米アメリカの植民地を独立国にした人。

大作~!長いけどこれ程の大作には短過ぎる。一生懸命シモン・ボリバルの行いを追っていっただけで、もひとつ面白どころが足りない感じ。

公式発表の結核死っていうのは怪しい。
裏切り者がたくさん居て、最後は衝撃的に終わった!
世界史ファン必見❗❗❗
南米の英雄シモン・ボリバル入門編💡激動の生涯をたった2時間で描いてみました😌

▼ナポレオンとかヒトラーとか家康とかホセ・リサールとかダ・ヴィンチとかキリストとかガンジーとかスターリン(順不同)に匹敵する世界史のスーパースターなのに……シモン・ボリバルの日本での知名度、低いったらありゃしない。

▼ジェームズ・キャメロンのSF戦争映画の傑作「アバター」もシモン・ボリバルの戦いからインスパイアしたのでは?

▼1800年代、スペインに支配された南米ベネズエラの青年シモン・ボリバル。(後の大コロンビア共和国の大統領)
以下、重要人物。
👴ロドリゲス先生。国家の概念にすら疑義を持つ進歩派。植民地を抑圧する側か、される側か。シモンに問う。
👰妻マリア・テレサ。乳首ピンク色。グァバ🍅の果実が好き💕
👯ファニー。パリで出会う女性。韓流で言えば妓生。乳首ベージュ色。
👱イポリタ。親代わりのナニー。乳首チョコレート色。
👵銀行家トーキントン。経済的支援でシモンを後方援護。
👮ミランダ将軍。解放の先鞭を振るう古老の勇者。
💂スクレ中尉。シモンが着任した弾薬庫で真っ向から正論を述べる信念ある配下。
💂ビノニ中尉。附和雷同のゲス兵士。
💂フェルナンド。シモンの窮地を救う側近。

▼マグダレーナ河流域の少数部族に蜂起を促す演説の凄さ。
▼グラナダとベネズエラの国境の川を超える際に、躊躇する兵を奮起させる演説。
「兄弟たちよ。これは国境じゃない。ただの川だ。スペイン人が勝手に国境と名付け我々を分断したのだ!」
迎え撃つスペイン王党派と、世界に名高い無敵艦隊。
▼ナポレオンもアルプス越えに苦しんだけれど、シモン・ボリバルはアンデス越えで大変でした。
分断か統合か。スペインに支配され続けた、南米を自由にする為のシモンの連続闘争に刮目せよ!…的な熱い英雄伝でした。
映画的には平凡ですが題材が稀有!なので高評価を付けます。

▼関係ないけれど、我が家の壁にベネズエラの帆船のポスターが貼ってあります(本当)
船の名は「シモン・ボリバル号」
カッコいい船なんですよ😊✨
y子

y子の感想・評価

3.7
大河ドラマの総集編を見たような気分。ギュッと凝縮されていて、合戦や
行軍のシーン等見応えがありました。南米の雄大な風景も良かった。衣装も素敵。
しかしながら展開が目まぐるしくて余韻が足りない…。ベネズエラの歴史に詳しくないたね状況が分かりにくい場面も。シモン・ボリバルのWikipediaなど見て知識入れとくと見やすいかもと思いました。
ただエドガー・ラミレスファンとしては満足感たっぷりです。ワイルドさと知性を感じさせる眼差しがこの役にぴったりだったなと思いました。
mash1966

mash1966の感想・評価

3.5
http://mash1966.hatenablog.com/entry/2017/11/28/212538