荒野のストレンジャーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「荒野のストレンジャー」に投稿された感想・評価

強引な強姦描写でマスキュニティを顕示するあたり昔って感じ。すぐ女をヒステリック扱いするところも
まーゆ

まーゆの感想・評価

3.8
生と死の狭間を象徴とする水辺の町へ死臭漂わせる名無しのガンマンが来訪したことにより暴かれる住人の欲深き狡猾さ。“要素”と“謎”で引っ張り“編集”でかき乱す。西部劇という“型”とイーストウッドという“キャラ”を巧み利用したミステリー仕立ての西部劇。不気味な旋律を孕んだ音楽にミスリードなフラッシュバックの多用が気持ち悪いし、中盤に現れる“地獄”が荒涼とした地とミスマッチすぎて脳裏に焼き付く、、
osaka

osakaの感想・評価

4.6
イーストウッドは自分のことを幽霊とでも思っているのか
ラーゴの土地だけ他と断絶されていて、空気が澱んでいる。黄泉の国みたい

見終わった後、黒沢清や高橋洋の映画を見終わった後のような気持ちです
ストーリーとか女性の扱いとかめっちゃ古いんだけど、絵の力がすごい。構図!って思う。炎を背に立つシルエットとかお手本。
りっく

りっくの感想・評価

3.8
陽炎から現れ、陽炎の中に去っていく男。「ペイルライダー」にも通ずる幽霊のような超現実的な男が大暴れする本作は異色の西部劇だ。そんなオカルト展開がギリギリ説得力を持つようなロケーションの勝利。広大な砂漠の「黄土色」と、生物の息吹が全く感じられないほどの鮮やかな青い海。その狭間にある街をイーストウッドはペンキで赤く塗り、怨念を炸裂させる。

町の利益のために、町中の人々が目をつぶり、暴力や不正を黙認する腐敗しきった世界の中で「正義」が炸裂する。制裁を与える人間が内側来るか、外側からくるかの違いはあるが、構造は「人魚物語」などと同様だ。

イーストウッドの暴力描写も執拗でねちっこい。保安官がむち打ちで殺させる悪夢的なシーンはカット割りの細かさやテンションの高さなど、暴力によって陶酔する人間のいやな部分をあぶりだす。
死ぬまでに観たい映画1001本より

クリント・イーストウッドが監督としてデビューしてから最初に作られた西部劇。
主人公の「名無し」が何者かが最大のキーポイントになっている。

単純にわかりやすい悪が居て、正義の味方かよくわからない凄腕のガンマンが居て、という単純な構造だが、実は単純ではなかった。
真の悪は他にいる。

それに、気づくとある意味ゾッとしてしまう。
西部劇アクションとは見せ掛けのサイコスリラーだった。
今回の舞台はサイレントヒルだ!サイレントヒルのことあんまり覚えてないけどたぶん近いと思う。謎解き的に見ることもできて得した気分になれた。

どうやったら自分監督自分主演の映画で白馬に乗って砂漠の向こうからクールに登場するわって言い出せるような人間になれるねん。しかも街につくなり通りがけの女をレイプ 困ってる町民の弱みにつけこんでやりたい放題の豪遊 露悪癖出てしもてるやん、と思いきやそれも余韻の段になってじわじわ効いてくる。

流れついたところは海辺の(湖畔の?)小さい街で、もちろん酒場も宿も散髪屋さんも一軒ずつしかないけれど、「皆人がよく善人ばかり」らしい。ここがみそよ。街にはびこる悪人に困ってる人々のためによそからやってきた腕利きガンマンがああやこうやして再び去っていくという形式はそのままに、そこにこれまでのウエスタン映画の勧善懲悪観の裏返りを折り込んである。でもやっぱり「法で裁けない」観はここでも一貫しているな。

彼は善悪のこと考えすぎてあんな眉間に皺の頑固じじい顔になってしまったのかもしれない。もっと裏テーマみたいなんをそろそろ発見したいところ
馬に跨って湖畔のある町にふらりとやってきた男(クリント・イーストウッド)。
カウボーイハットを目深に被り目元を眩しそうにしているその様はまるで『荒野の用心棒』のあの流れ者に生写し。
しかしこの男、...用心棒の男以上にミステリアス。
異色作というか意欲作というか一筋縄では括れない西部劇。
その男の怨念がメインテーマですがそれを西部劇としてミステリアスに撮ったイーストウッド監督の才能に唸ります。
わに

わにの感想・評価

3.4
50年近くも前のイーストウッド。

まだまだ若い頃だから、「これまでとこれから」という視座はない。

でも、そんなものなくたって、かっこよければいいんだ。「ヤバイ奴らが釈放されるから、殺す」2秒で終わる話を100分もかけて面白く仕上げる。

おい、山崎、これが映画だぜ。
ヒトラーだのナチスだの社会派気取る必要なんてねえんだ。

街中のひどい射撃訓練をみて、一言「Shit」とイーストウッドが呟くだけで面白い映像は撮れるんです。
Seiji

Seijiの感想・評価

4.3
マカロニウェスタン調の西部劇にはやはりクリント イーストウッドが似合ますね。無口な流れ者が保安官を見殺しにした町と犯人に復讐するストーリーは西部劇の王道です。
>|