ベルリン・天使の詩の作品情報・感想・評価・動画配信

ベルリン・天使の詩1987年製作の映画)

Der Himmel über Berlin/Wings of Desire

上映日:1988年04月23日

製作国:

上映時間:128分

3.9

あらすじ

「ベルリン・天使の詩」に投稿された感想・評価

MakotoUkai

MakotoUkaiの感想・評価

5.0
個人的に、映画の深みに導いてくれるきっかけとなった映画。大学のゼミもいいもんだなぁ。懐かしい話です。
世界に色がついたとき、なんてドラマチックな演出なんだ………!!と胸がいっぱいになったよ。

あたたかさと、切なさの入り混じった映画でした。
世界の始まりから今生きる人々の本音まで見守る天使ってなにもないところから一つの映画を作ってる監督みたいね。

そんな監督の映画を作る苦しみ(空間の細部まで作らなければいけない反面過度な干渉が不可能なもどかしさ?)とそれでも消えない楽しさを赤裸々に描いた私小説みたいなものなのかねこれは...わからん。

モノクロの重苦しさ退屈さと、カラーの深みと解放感、どっちも好きな自分にはなかなか贅沢な映像体験だった。確実に言えるのはこれだけですねハイ。
世界一まずいアップルシナモンティー買ってくやしい


111
私そんな難しいこと普段考えてないよ、眠いなあとかお腹減ったな〜くらい
【街と人々を見守るおじさん天使👼🏻】

東西を分断されたベルリンの街を長い歴史を通して見守ってきた守護天使ダミエルと親友カシエル。
ふと立ち寄ったサーカスの劇団員である女性に恋をしてしまい、天使故の"永遠の命"を捨ててまでも、人間になる決意をするダミエルのお話。

天使の視点が白黒で、人間界の視点がカラーであることによるラストにかけての演出が素敵ですね。
人間になるまでの天使の活動が結構ゆったりとしているので、長いなぁと感じるかもしれませんが、人間になった時の感動があるのでそこまで耐える必要があるかもしれませんね…。

色を感じたり、匂いや味を感じたり、自分で何かを考えなければいけなかったり、全部人間に生まれたからといって当たり前の事じゃないんですよね。もっと色々な事を感じながら生きていこうと思えます。

人間になったダミエルと彼女の生活を見守るようになったカシエルのことを考えると切なくなりましたが、いつもカシエルを近くに感じてダミエルの支えになれば良いですね。
nob

nobの感想・評価

3.6
ピーター・フォークさんが変わった役柄で出演しているとの情報だけで観に行った遠い思い出。
永遠に観察するだけの存在が感じる満たされなさ。
その天使の立場になって観ると面白い作品だと思いました。
現実世界という寂しさの中にある温かさを教えてくれるお話

詩的で、よく分からないところもあれば、共感できるところもありました

天使目線で見るからこそ、現実世界にある儚さという美しさを感じられて、そこにある小さな幸福も見出せるわけですが、そう考えるとなんか悲しいなとも感じました。自分が持たないもの、経験できないことができる人に対して羨望が生まれ、それを獲得することで幸せを感じられるのであれば、相対的にしか幸せって感じられないのかな〜

コロンボーー笑

私も元天使に会いたいな


以下ネタバレ


「全ての天使たちに捧ぐ
特に安二郎、フランソワ、アンドレイ」
というのを見た時に、とても納得しました。
小津さんは絶対天使だった!!!
かず

かずの感想・評価

1.9
ポエティック〜〜( ˊᵕˋ ;)

ニコラス・ケイジの『シティー・オブ・エンジェル』見てたから流れ分かりやすかったけども!( ˊᵕˋ ;)

これ見るならニコラスの見たら良い!
赤痢

赤痢の感想・評価

3.9
そもそもこういう雰囲気のジャケとか映像とか天使が出てきてしまうという設定とかが好みやから、内容が詩的すぎたり暗かったりわからなくても、これは好きだわ。

天使には愛しかない かつて天使だった人も今天使の人もどんな人間のことも赦して救ってくれようとしている
自分にも天使がいると思いたい

人間には先天的要素とか数々の選択があるので善悪はない
ぶらんこ乗りという安定しない職業で夢を求める女の人の精神が美しすぎる
子供のころの鈍感さとか希望
色とか音とかを感じるのも当たり前ではない

半分は心配してても半分は心配してない
あの人は優しすぎるから死んだという台詞
すべて偶然


寂しさって自分をまるごと感じること
いかに生きるかというよりもいかに考えるべきか
>|