人間失格の作品情報・感想・評価・動画配信

『人間失格』に投稿された感想・評価

原作を映像にした感じ。
すごく満足。
葉蔵にしても堀木にしても人間誰でもどこかクズだよなあ、とか壮大なことを思う。
鬱だねえ。
心にじわーっと黒い感覚が広がる。いい映画。
石原さとみがレイプされるのが、ほんとにしんどい感覚になる。

最後の演出が長いしだいぶ胸焼けした。

このレビューはネタバレを含みます

斜陽館を見学した後日、鑑賞。

実際の写真見たら、生田斗真君の方が私的にはイケメンだと思います。
小説は手記になっていて、一人称で書かれていて、基本は葉蔵の主観の世界。
映画はカメラで捉えるのでどうしても一人称にならないから描き方がそもそも違うのはあるとしても、生田斗真の心情が言葉にされなさすぎるので観ているこちらの感情が追いつかなくて、優しくない映画だなあと思った。

生きる為のものは与えられてきたけど
子供の頃から孤独だった人の気持ち。
堕ちる所まで自ら堕ちられる人っている
違いはもう血や幼少期の環境だとおもう
わかる人もおればわからない人もおる
中原さんとのエピソードが
ずーっと残った
中原さんは自分に正直で、全うしてた
大庭は、気持ちがわかるけど
やりきれなかったから
驚いたんだろうな
大庭のぐだぐだ生きてる感じは
人間臭かったな

電車のシーン良かった


人生そのものが文学ってすげー


生田斗真どの角度でもイケメンでした
ま

まの感想・評価

3.0
理解できない世界、この現実をここまでクソに生きれるのももはや才能だ当時の暗い時代背景もあっただろうけれども、それも含めて重たいベールを纏った彼にみんな惹かれるんだろうな
でも誰がなんと言おうと落ちぶれ生田斗真はやっぱり綺麗だし中原中也との絡みがアツかったからそれを見れたのはよかった
さも

さもの感想・評価

3.0
生田斗真の大庭役はハマっててよかった。幼少期より自らを偽り、誰にも本心は明かさず生きてきた大庭。偽るうちに本当の自分との間の乖離が深まり、自分でも何者なのか分からなくなったのかも。特に訳ありの年上女性から好かれるのは、そうした乖離による憂いや孤独感に母性本能をくすぐられたからなのだと思った。

内容はもちろん良かったのだが、映像に時々チープさを感じてしまってもう少しお金かけても良かったのかなと思った。
さちこ

さちこの感想・評価

3.3
原作読了直後に見た!
原作の地の文というか、葉蔵自身の心の中のセリフ、状況説明部分がほぼナシで、登場人物のセリフだけで話が進んでいく感じ。原作読んでたから、状況がギリギリ分かったって感じだった。

葉蔵の「恥の多い生涯」が2時間にギュッと詰め込まれている感じ。セリフは少なく、とんとん場面が進んでいく。たまに極端な演出があって、「勝手にふるえてろ」の時も思ったけど、やっぱり純文学を映像化するならこれくらいじゃないと無理だよなあと。
原作にない中原中也とのエピソードをなんで入れたのか?好きだったけど。葉蔵と太宰治自身が重ね合わされる。

生田斗真の顔が良すぎる。個人的にめっちゃ葉蔵だと思う。端正だけど儚くて色っぽい。関わる女の人みんな好きになっちゃう。めっちゃ良かった。

エンドロールとか含めて、所々に原作リスペクトを感じる。これは原作も合わせて見て初めて楽しめる映像だと思った。解説欲しい!

2022.52
mai

maiの感想・評価

-
no.60

生田斗真作品で一番好き
堕ちていく感じたまらんね
>|

あなたにおすすめの記事