ジキル博士とハイド氏の作品情報・感想・評価・動画配信

『ジキル博士とハイド氏』に投稿された感想・評価

じじ

じじの感想・評価

4.5
好青年で新しい考え方を持っているジキル博士は大学で講義なども行なっている偉い博士だ
科学者として人間の精神の善と悪にもとても興味を持って研究を続けている
ある日自分の精神の善と悪を切り離す薬の開発に成功し飲んでしまう
するとみるみる姿が変わっていき まるで野獣のような姿に…
しかし本人は『自由だー!』ととても気に入った様子
これからジキル博士はどうなってしまうのか?

こんな白黒の時代なのに主人公目線の映像から 鏡に映った自分の映像になり他人から見た目線の映像に変わる と撮り方が凝っていて凄いと思った アイビーちゃんがとっても可愛そう
この後、続けて1941年盤と連続視聴。数々のリメイクされたが初期物では本作が傑出。当時でもSFX並みの編集合成技術で狼男のような毛むくじゃらハイド氏への変身シーンを見せてくれる。善悪魂の分離を目的に作った薬がそれ以上に怪力剛腕モンスターになっちゃうのが可笑しいネ。
えり子

えり子の感想・評価

4.0
フレデリック、マーチの好演、怪演で素晴らしい作品になった。
人間の中に潜む獣性を見事に演じきった。
ミリアム、ホプキンスもいいですね。
DVDレンタル

MUBI探索枠

30年代前半の映画としては出来もいいし
DVDの画質もいいし
テクニカルな撮り方を数パターンしてるので勉強にもなった。
おかだ

おかだの感想・評価

3.7
個人的に、理性と本能・善と悪 については原作のほうが深く考察できたので今回は映画的な視点で書いてみる


まず、フレドリック・マーチの別人格の演じ分けの上手さに驚いた。
また、セットのクオリティが高く、霧が立ち込める街角やゴシックな建物に圧倒される。
そして、主観構図を取り入れたダイナミックなカメラ割りが野心的である。
ハイドへと変貌するシーンの特撮は、
予めメイクを施して、照明やフィルターを使い
撮影しているのだが、1932年の当時にこれを見ていたらかなり衝撃だっただろう。

個人的には原作小説のほうが好きだが、映像作品として観て損は無いだろう。

このレビューはネタバレを含みます

原題:Dr.JEKYLL and Mr.HYDE
原作:ロバート・スティーヴンソン

行為は自制できても衝動は止められない

"神の領域"に踏み込んでしまったジキル。
あのラストは必然。

フレデリック・マーチが、品行方正で道徳的な紳士であるジキル博士と、醜くて下品で凶悪な殺人鬼ハイドを演じ分けている。
変身シーンが素晴らしい(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

淀川長治さんの解説は本編を観たあとに見るべきだった。
長治ったら全部語っちゃってるからさ。
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0
古い映画だけど完成度がびっくりするほど高かった。善のジキル、悪のハイド。ジキルは利他主義の紳士。ハイドは暴力的で本能のまま行動する獣。ジキルとハイドは見た目も違う。薬を飲むと毛むくじゃらで猿のような見た目に変身する。ジキルとハイド両者をフレデリック・マーチが一人二役で演じているのにも驚き。この俳優さんすんごい演技派。正直別人が演じてるようにしか見えない変わり様だった。
nknskoki

nknskokiの感想・評価

4.5
全ての人間には「善」と「悪」両方の面があると考えているジキル博士が薬物実験を行う
二重人格を題材にした代表的な作品

どんな善人にも悪の心はある
その悪の心を抑えているのは理性である

僕はこの「理性」という言葉が大好きで
この理性の有無が男女の品格を最も的確に表している指標だと思う

どんな温厚な人でも人にイライラすることはある
しかしそのイライラを表に出さないだけ

イライラしても温厚に振る舞うのが理性の有る人
イライラして人に怒り感情をぶつけるのが理性の無い人

大切なことは善人にも悪人にも「イライラする」という感情はある
ここを勘違いしてはいけない

結婚して円満関係の男女だってパートナー以外の異性を想うことだって至極当然にある
俺は学生の頃は好きな人がいてもそれとは別に篠田麻里子が大好きだった

それは全然健全な欲求で
それに対して「私以外の他の女を想うな!」とか咎められても御門違いというか

ただ、他の異性を良いなと思ってても本当に浮気するか、パートナーの気持ちを気遣って気持ちを抑えれるかが「理性」の有る人と無い人の違いで

「嫌いな人を殺したい!」と思ってもみんな人を殺さない
それは理性が働いているから
一般人と殺人者の違いは実際に人を殺すか殺さないかということだけ
qwerty6

qwerty6の感想・評価

3.5
based on the novel
《The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde》(1885)
by Robert Louis Stevenson(1850-84)
Bach《Toccata und Fuge d-Moll BWV565》
Schumann《Fantasiestücke Op.12-2》
London, 18C
Rani

Raniの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

フレデリックマーチすげえ。いくら特殊メイクで顔だいぶ変わってるとはいえ、本当に別人じゃん。シュッとしたイケメンから、残虐ゴリラに。ハイドの時の身体能力高すぎてびびった。あんなんに追っかけられたら100パー逃げきれん。怖っ

結局は自分が悪いんだけどさ、薬の力、と言うかもはや毒、が暴走して手に負えなくなるの、怖くて切なくて苦しい 博士にとっては絶望でしかないだろうな… 辛かったろうなぁ… 後悔してももう遅いんだよ、わはは(最低) 癖に刺さりますわ。

最初に鏡見てるシーン、こんな撮り方があるのか…!!ってめっちゃ衝撃だった あれ枠の向こうにいるんだよね?
当時の撮影技法の凄さが分かるのも、古典映画の好きなところ
>|

あなたにおすすめの記事