リトアニアへの旅の追憶の作品情報・感想・評価

「リトアニアへの旅の追憶」に投稿された感想・評価

Melkebeke

Melkebekeの感想・評価

4.5
温泉旅館のおふとんにスサァーっと潜りこむ感覚。もうこのまま眠りたい。あるいはここから生まれたい。なにひとつ傷つけるものがない世界の真ん中に蕪の優しさがありました。
どれが元から入ってるもので、どれが俺が観たVHSのノイズなのか分からないけど、それすら美しいことには変わりなかった
糸

糸の感想・評価

-
三半規管が貧弱なので回転速度に酔い、終始うとうしつつもふわふわ猫ちゃんとパンケーキのシーンはしっかり覚醒。16ミリフィルム・字幕付き
錆犬

錆犬の感想・評価

-
2022/09/04 第26回アートフィルム・フェスティバル
Sari

Sariの感想・評価

4.3
2022/09/04
あいち芸術文化センター開館30周年記念
国際芸術祭「あいち2022」連携規格事業
第26回アートフィルム・フェスティバル
16ミリフィルム・日本語字幕版上映

1949年、故郷からナチスに追われアメリカに亡命したジョナス・メカス監督の代表作。

▪️30年前となる愛知芸術文化センター開館特集では、実験映画作家の出水真子や、小津安二郎監督らの家族を主題とする作品と共に、本作『リトアニアへの旅の追憶』は、アートフィルム・フェスティバルを含め過去に10回位は上映をしてきた。
メカスが日本語字幕の貼付に関して、16ミリの画面に対して字幕の面積が大きすぎるため許可をせず、メカス本人のコメンタリーとプリントを添えて上映を行ってきた。
10年前位に、一般の劇場公開時に35ミリに字幕を入れて上映された。今回その35ミリのフィルム状態が良くないことから、16ミリの日本語字幕上映を初めて行った。

▪️本作は3章から成り立っている。
第1章:言葉も通じないニューヨーク・ブルックリンで16ミリフィルムを手に日々の暮らしを日記のように撮り始める。
第2章:戦争によって一度は故郷を離れたメカスと彼の弟・アドルファスが27年ぶりにリトアニアの故郷を訪問し、母親、兄妹や友人との再会する様子や風景を映し出す。
第3章:メカス監督が一時収容されていた強制収容所のあったエストニアのエルンストホルンへ訪問した際の様子などが収められている。

瑞々しい映像と言葉で一つの作品にまとめ上げ、美しいピアノ伴奏と共に感動的な映像叙事詩となっている。年老いた母親を映し出す時、自身の故郷の田舎風景や家族の思い出と重なり、言い表せない郷愁の想いに涙した。

なだらかな画面の連続性を遮るように、シークエンスに1から順に番号が唐突に画面に映し出される。16ミリのフィルムの質感と映像編集の独特の粗めかしさが特徴的で、感動的なシークエンスがある程度続き、情緒性を持たせ過ぎないように、淡々としたモノローグに切り替わる。

メカスの代表作にして、アメリカン・インディペンデント映画の普及の名作と呼ばれる。
アメリカに亡命し16ミリカメラを購入、日々の記録を撮り続け27年振りに故郷リトアニアに帰郷し母や友人の再開した監督の叙事詩ドキュメンタリー。
音楽、映像、解説音席を繋ぎ合わせたホームビデオの映画形成。
異郷から過ぎ去った遠い過去への郷愁。掛け替えのない故郷の思い出。暖かく甘美な夢幻的な追憶の旅。タルコフスキー監督の「鏡」で感じたエモーションと似ている。芸術的な映像編集が光る。叙情詩のようで全てが美しい自叙的ドキュメンタリー。
昼寝

昼寝の感想・評価

4.0
本当にメカスの記憶を覗き込んでいるようで、終始うっとりする。映像の作為のなさとその素朴さがエモーショナルを喚起する。自分も同じように故郷を映像の中に残したいと思った時に、どこを撮るだろう、誰を撮るだろう、と考えた。俺もこんなふうに世界を愛していたい。なぜだか北野武の『ソナチネ』を思い出したが、割りと真剣に、ジョナス・メカスと北野武は似ている作家なんじゃないか、と思う。
◎ 忘れてはならない大事な物,場所や大切な人にまつわる記憶と戦争が絡んだ悲惨な時の記憶を引きずっていかないために、綺麗さっぱりに忘れるため、でも記録として残らないと忘れることができない忘備録としての映像詩

◉ The Caretaker - Everywhere at the end of time
https://youtu.be/z9EnyPqeDWg
薄れゆく記憶を7時間超の音楽で表したハイライト
knkne

knkneの感想・評価

4.7
ゲリンの「影の列車」もそうだが、ホームビデオを編集したような内容であるにも関わらず、画面に漂う寂寥や儚さに没頭してしまう、かくも美しきサウダージ。
「文化の根を自分の生命に根づかせられる人」
「子どもの目を持って世界を見、その陶酔性を保ち続ける勇気を持った人」
という劇中で他者を褒める言葉も、燃え盛る街も煌々と輝いている。
>|

あなたにおすすめの記事