秋刀魚の味の作品情報・感想・評価・動画配信

『秋刀魚の味』に投稿された感想・評価

笠智衆、なんと素敵な俳優か。ダンディで佇まい、所作に品があって可愛げもある。自分が生まれる何年も前に亡くなっていたが、好きにならずにはいられない。

そしてこんなに可愛くて面白いのに哀愁がある作品が…

>>続きを読む
Hiroki

Hirokiの感想・評価

-

途中。

描かれているのは単に「古き良き」日本の風景ではなくて、むしろそれの残り香。敗戦と高度経済成長によって崩壊していく明治以降の近代日本と現代の到来、家父長家族から核家族への移行。後期になればな…

>>続きを読む
一丼

一丼の感想・評価

4.0
○ 切ない
○ 特に恩師親子が切ない
○ タイミングが大事
○ 年を取っても下らない会話をする男たち
○ 父親視点がメイン
橋

橋の感想・評価

3.8

漁獲量の大幅な減少によりサンマが食べれなくなってしまった近未来。なんとかして秋の味覚を得ようと元戦艦館長の平山が再び海に出た!
日本人の飽くなき食への欲求を小津安二郎が描く、不朽の名作SFエンターテ…

>>続きを読む
時代のせいだ、と自分に言い聞かせながらも盛大に男尊女卑な言動のオンパレード、違和感かんじたり若干イラッとしたり…それは私が令和を生きていることの証拠なのでしょうね。

いやぁ~、これ良いなぁ。
今では、アウトなセリフがたくさんあったけれど、そういう時代だったからね。
古きよき昭和の時代、たまにはこういう作品も楽しい。
小津作品の中では、トップクラスだと思う。
さて…

>>続きを読む
岸田今日子さんがとてもチャーミングでいいなぁ。
加東大介との海兵マーチのところがやはりおもしろいのと、「若松」のおかみさんをかつぐところが好きだな。ふつうに騙されてしまった。

東京物語より圧倒的に良いな、相変わらずショットが神懸かっている(特に長男アパートが良いな、影とゴルフクラブで平行線作っててビビった)ので台詞後の間が独特でも気持ちよく観れる、主演の演技は小津と相性が…

>>続きを読む

昭和30年代、男やもめが24の娘と高校生の息子と暮らす家が舞台。

娘を嫁に出すまでを描く物語。

今だったら完全アウトのデリカシーのない会話が微笑ましい。

話している人を真正面に撮る素朴な撮影、…

>>続きを読む
なめの

なめのの感想・評価

4.3
昭和の言葉遣いと雰囲気良いな
秋刀魚は一回も出てこなかったけどお酒はよく出てきた
良いなあこういう日常
>|

あなたにおすすめの記事