東京物語の作品情報・感想・評価・動画配信

東京物語1953年製作の映画)

上映日:1953年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

配給:

4.1

あらすじ

みんなの反応
  • 家族の接し方や親子関係の変わらなさを描いた作品
  • 原節子の美しさや役者陣の演技が素晴らしい
  • 素朴で緻密な構図やセリフ、小津調の演出が印象的
  • 老いや家族の絆といったテーマを淡々と描いている
  • 日本の風景や文化を感じられる、定期的に見直したくなる作品
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『東京物語』に投稿された感想・評価

ゆっくりと時間が流れている
後半は正座をして鑑賞していました
土手で祖母と孫が一緒にいる場面が人間の成長と衰退、始まりと終わりを強く感じる
とみが亡くなった後の身内の所作は少し冷たく感じたが当時の時…

>>続きを読む

この時代に小津安二郎を見るのだからカメラワークがどうだとか、セリフの間がどうだとか賢いことを語ったほうがいいというのはわかるのだけども、僕が感じたのは出てくる人々全員の優しさで、今の時代多様性を考え…

>>続きを読む
心ほっこりする他人同士の優しさも、身内同士のギスギスも、異常にリアルで自分はどんなに大人になるだろうかと考えさせられる映画でした。

血の繋がりは関係なく、両親や家族は大切にしたいものですね。
鹿shika

鹿shikaの感想・評価

3.8

尾道で暮らす老夫婦が東京にいる子供たちを訪ねてくる。しかし仕事や寄り合いで忙しい子供たちは両親に寂しい思いをさせてしまう。

日本を代表する小津安二郎、普及の名作をやっと見ました。
いわゆるホームド…

>>続きを読む
miri

miriの感想・評価

4.1

一人ひとりの正面カット、徹底的なローアングルが小津監督らしくてすごくいい
室内の映像はどの構図も全部素晴らしかった
柔らかいモノクロからしっとり伝わる夏の湿っぽさも心地良くて、寂しくて美しい作品でし…

>>続きを読む

「ありがとう」が耳に残る。

笠さんの方言から繰り出される「ありがとう」がグッとくる。
相手への思いやりが寂しさと織り混ざっており、表情が胸に刺さる。

自分の人への関わり方を再考させられた。当たり…

>>続きを読む

望郷とか子供らしい気持ちが生活に融かされた様子を、切ないけど普遍的なものとして描いている綺麗な映画だった。構図が常に美しかった。あと、広島弁のせいでやけに自分ごととして考えてしまった。
親からのLI…

>>続きを読む
うどん

うどんの感想・評価

3.5
情景はもちろんだし、客のもてなしから、家族の在り方まで全てに時代を感じた

紀子という人がどんな人なのかもっと知りたかったな
せた

せたの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

家族との向き合い方を考えさせられる映画。子としても親としても。
それにしても原節子さん美しすぎる、見惚れた。
以下気になったメモ

▶︎親に対しての娘の冷たさ・息子の無関心
表向きは優しさで熱海に泊…

>>続きを読む
nancy

nancyの感想・評価

4.0

年始めに小津映画に影響を受けた海外作品2つをみたので、改めてみ直した。1953年に、これからの家族像を予見した作品を作ったことに驚き。おそらくハリウッドなどでは大作が主流の中で、一普通の家族の姿を通…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事