ドラえもん のび太と竜の騎士の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太と竜の騎士1987年製作の映画)

上映日:1987年03月14日

製作国:

上映時間:91分

3.4

「ドラえもん のび太と竜の騎士」に投稿された感想・評価

えりか

えりかの感想・評価

3.0
再鑑賞

地底には大空間があり、地底人たちが住んでいた。なぜこんな世界が?と不思議なんですが謎が明らかにされた時、なるほどそういうことかと腑に落ちました。
ふと見返したくなって、劇場版DVD-BOXを引っ張りだしてきました

やはり長期に渡る作品ですし、特に子ども向けということもあり基本的な流れは「スネ夫とジャイアンが無理難題をおしつけor自慢をし」「のび太がドラえもんに泣きつき」「ひみつ道具の力で大冒険」と、どの作品もそれほど変わりません

とはいえ同じくストーリーのテンプレができあがっていた『ドラゴンボール』シリーズのように敵キャラクターの魅力だけで評価が決まるわけでもなく、どこで何をするかというすこしふしぎなシチュエーションも面白さの秘訣だと思います

そんなわけで、0店の答案を隠すためにつくった地下空洞が天然の洞窟と繋がっており、しかもそのさらに奥には恐竜とその末裔が生きていたというお話

今作の主役であるはずの竜の騎士ならびに恐竜人たちに魅力があるように思えず、結果的に評価は他の作品と比べて低め、とはいえ地下空洞に秘密基地を作るという遊びや、実は恐竜が生きていたというストーリー、恐竜人たちとともに過去に行ったドラえもんの行いが現代に影響を及ぼしたところは好きです
Eucharis

Eucharisの感想・評価

2.9
子どもの頃見たはずなのに、後半ほとんど思い出せなかった。。


ドラえもん、、たくさん過去改変してるね…。
でも、未来にその改変された世界が日常の世界としてあるってことは、ドラえもんが改変したうえで世界が成り立っているってことだから、、と、子どもの頃は考えもしなかった夢のないことを呟く大人になりまさしたとさ。。
gin

ginの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ドラえもんシリーズ第8作
地下洞窟から恐竜の住む世界に迷い込む話
導入がとても好きでスネ夫が居なくなるまでが個人的なピーク
人間の世界と〇〇の世界を守り仲良くさせるというのは王道のやり口
勧善懲悪な内容だった今までの劇場版に新機軸を確立した名作。竜の騎士バンホーの声も素敵。
せの

せのの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

多摩川の底に地底人の国へ繋がる空洞があったら…

これほど身近に壮大な物語を作ったのに、リアル世界にまったくの影響を与えないストーリーになってるのに驚いた
あれだけの文明が地下に発達したことにも納得のオチ。ドラえもんさん偉大すぎる。

恐竜を救う展開は新恐竜にも少なからず影響してるよね?歴史云々よりも目の前の尊い生命を救うこと、小さな子供に「歴史の改変は重大な法律違反なんだ」なんて言うよりもよっぽど大切な事を伝えられると思う。

スネ夫が迷子になり、初めて竜の騎士が現れるシーンがすき。ドラえもんにあるまじきカッコいいシーンだ

ひとつだけ、みんなスネ夫の異変に気づかなすぎ。笑
「すこし不思議」な恐竜とタイムパラドックス映画。

地底人が地上人を統治する計画はよくあるプロットだが、恐竜の生き残りが地底人。
最初は地底王国の環境に違和感はあるが、後になって創造主がドラえもんだとなり辻褄があう。さすがに雨ぐらい降るんじゃない水があるんだから。

科学が発展してそうなのに極端。タイムマシンや磁気で壁をすり抜けるとか人類より進んでる半面、戦術が中世時代。

隕石(本編では彗星)で絶滅説は割と有名なのに地底人はおろかドラえもんまで知らないのはなー。哺乳類の祖先を殲滅するより彗星落下を阻止するほうがいいでしょ。

最初の0点答案を燃やせば巻き込まれずに済んだのにと思いますが、ストーリーが進みません。
のび太たちが地底人の女の子にデレデレしてたけどケモナーですか??
fkr

fkrの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

@Abema 面白い。ドラえもん映画シリーズ8。地底の大空洞で恐竜の生き残りがいて、文明を築いていたというお話。
・スネオがフューチャーされた回。塞ぎこむ珍しい描写がある。もう少しスネオ活躍シーンがあれば、とは思った。
・ドラえもんが存在する地球だからこその地底国となってるのが良い。私の凝り固まった頭を心地よくぶん殴ってくれる。
・結局、答案が帰ってきて怒られるオチも良い。
バリ

バリの感想・評価

3.3
バンホーさんなかなかかっこいいよね。
ジャイアンのノゼローゼは笑った。
フォロワーさんが観てて懐かしくて!
大山のぶ代さんなドラえもん映画ビデオで何回もみたな~

のちのち感想書いていきます。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品