映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物…

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に投稿された感想・評価

頭痛

頭痛の感想・評価

3.6
昨今の昔のドラえもんの映画作品にリメイクという泥を塗って行くスタイルをやめ、久しぶりのオリジナル映画。

南極が舞台ではあるが、ナウシカやもののけ姫要素で色んなアニメに影響された感はかなりある。
ただタイムリープもので伏線回収もしっかりしておりなかなか安定している。

のび太達が困難に慣れ過ぎて、若干サイコパス入っていて怖い。時をどんどん遡る装置にあんなに簡単に乗りたくないし、タイムマシンでなんでも時間戻せばいいと考えているところが神経麻痺してきてる。

キャッチコピーの「10万年後に助けてくれ」は結構カッコいい。
葵拓海

葵拓海の感想・評価

3.0
伏線とその回収が素晴らしい

新ドラ映画は毎回製作スタッフのドラえもんへの愛を感じられる
飛行機の中で久しぶりのドラえもん
南極のシーンは本当に映像技術がすごいな〜と感動。綺麗だしワクワクするし子どもの頃みたドラえもん映画からの進化に驚きです。

ジャイアンはいつも意地悪で大事な場面でいい奴(味方)になるってのが映画ならではのプレミアかと思ってたけど、最近は最初からみんな仲良しなんだなぁーというほっこりと寂しさ。どうでもいいけどほっこりって可愛い言葉だ。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.8
なるほどー。タイムスリップしてそう言う事か。パオパオ未来、過去か。と謎が解けたが、毎回もっと早く効率の良い道具あるだろー。と思いながら、見てしまう(笑)
おまむ

おまむの感想・評価

3.5
ドラえもんの可愛さに改めて気づいた

高性能ロボットだけどちょっとおっちょこちょいなドラえもん、
都合のいい道具をたくさん備えているドラえもん、
小学生に結構無謀なことをさせるドラえもん、
ぜんぶぜんぶ可愛いね
さき

さきの感想・評価

4.0
大人になってから見ると改めてドラえもん映画ってすげぇなって思う
hiroro

hiroroの感想・評価

3.1
ドラえもんは相変わらず可愛いし、のび太君と手が離れるシーンは号泣モノ。国民的アニメとして、ドラえもんにはずっと側に居て欲しい。
なんか、みんなががんばってるところが省略されてるような気がして、個人的に微妙☹️

ただ、氷を加工する秘密道具は便利だし欲しい!!!

あと、ドラえもん足伸びたような…
昔のスタイルに戻ってる(笑)

私は短足ドラちゃんが好きだなぁ☺️
にはち

にはちの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ドラえもん映画として間違いなく異質な意欲作。そして大傑作。

今回の物語は南極、10万年前と現代の2つの時代がメインの舞台というドラえもん映画的には「僕たちが知っている場所」が舞台になることは珍しい気がします。

開始直後に感じた違和感は、BGMが流れない時間が多いということ。舞台である南極の張り詰めた世界観演出だと思うのですが映画全体に渡ってこれが効いていて、BGMが流れたときの壮大さとのギャップもあっていちいちグッときます。

そして道具の演出もいちいち気が利いてるように感じました。氷細工ごてを使うときスイッチをカチカチしたり、タケコプターのスイッチを入れる動作があったり…なくても筋が通ることをやることによって説得力が増すというか、ここもグッとくる。
ほんやくコンニャクをゲストのキャラクターに食べさせずにドラえもんサイドが食べるのは珍しいんでしょうか、ここも好きでした。

ゲストのキャラクター・カーラは近年(自分が見てる範囲で)のゲストキャラクターの中でも断トツで好きです。
デザインも声も性格も群を抜いて。
正義感があってのび太たちよりも少し年上っぽいけど、あどけなさもあって美味しいもの食べられることに喜んだり…パオパオの歓迎ダンスのシーンとか料理シーンとか…ちょっとかわいすぎやしませんかね…
のび太に対して呼び捨てなのもベネ。

数あるドラえもん・タイムトラベルものの中でもタイムベルトを使うこと4電池のアイデアにより他の作品とは差別化され、そしてそれがフレッシュ。
ひとつひとつ挙げていたらキリがありませんが終始好みのど真ん中を来てくれました。

強いて言えばしずかちゃんの活躍が少なかったり、遺跡の石像にもう少し連続性というか関係性みたいなものがあったらよかった気もしなくないです。

ただ、伏線の張り巡らせ方、その回収の丁寧さ。地球を舞台にドラえもんとのび太の友情を描いたSF作品・ドラえもん映画としてはもう5億点ですよ。なんなら10億点ですよ。
これを映画館で観てないのがもったなかったです。

10万年という時間さえ「昼寝みたいなもの」と言い切り、ラストの「多くは語らないがきっとハッピーエンド」な終わり方。
エンドロール含めてどこまでも美しい1作でした。
結構突っ込みどころ満載だけど、ドラえもんにツッコミ出したらきりがないので、この世界観を楽しみつつ見ると楽しかった。
特に子供達とみるとリアクション込みで楽しめるので、家族向きではあると思う。
余談ですが、子供はいません。
甥っ子姪っ子と見ました。
>|