• Filmarksトップ
  • 映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の感想・レビュー

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:101分
    監督
    高橋敦史
    脚本
    高橋敦史
    原作
    藤子・F・不二雄
    キャスト
    水田わさび
    大原めぐみ
    かかずゆみ
    木村昴
    関智一
    千秋
    あらすじ
    真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

    「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に投稿された感想・レビュー

    のぞみ
    のぞみの感想・レビュー
    1日
    3.5
    ほんのちょっとだけ寝ちゃった😴
    田中ぼっち太郎
    田中ぼっち太郎の感想・レビュー
    1日
    1.6

    このレビューはネタバレを含みます

    まず映画ドラえもんでは定番の科学知識を飽きさせずに混ぜこみながら、話の前提として物語を発信させるストーリーテリングはさすがですね。

    とはいえ話が駆け足になるところとゆったりするところのバランスが少しちぐはぐに思えます。

    オープニングでひみつ道具を駆使して氷の国を作っていく所や地下王国探険はいつもならもっと尺をかけて描いているんじゃないかな、と思ったり。
    塔を制覇する辺りも駆け足で、未知の世界を作ったり、出会ったり、そのなかで冒険するのが映画ドラえもんの魅力のはずなのに「もっと見せてほしかったなあ……」と残念に思います。

    あとはふりかかる危険に関係性がなく、それぞれが淡白かつ単調なのも問題点。
    特にニセドラえもんのシーンは単体がなかなか良いだけに、ストーリーの意味合いとしての伏線があればめもっと印象的なシーンになったところを惜しいことになってしまったと感じました。

    あとモフスケとユカタンが同一人物ってのは耳の形とか伏線が一応張ってはあるけど、体毛が違ったのを「冬眠中に変わったのよ!!」の一言で済ますのは乱暴だなあと思った。ここら辺の回収があまりにも唐突すぎて子供向けであることを考えても不親切。

    子供向けだからこそ脚本力って大事だと思うのですが、正直お粗末な作品にしか思えませんでした。
    tak
    takの感想・レビュー
    1日
    3.3
    いつも通りひみつ道具で始まる序盤は夢と希望とロマンがあっていいですね。最近のドラえもん観てないんだけど少し各キャラの映画での立ち位置が変わったのかなと感じました。心の中で色々ツッコミながら観てました。
    バットマン
    バットマンの感想・レビュー
    2日
    3.6
    ドラえもんの映画は、久しぶりに観ました。
    やっぱりドラえもんは面白い。
    Aie
    Aieの感想・レビュー
    2日
    3.6
    久しぶりのドラえもん映画。タイムパトロールが来て解決とかでなくて、本当に冒険してる感じがあって面白かった。
    icoshi
    icoshiの感想・レビュー
    3日
    3.3
    2017/4/23 映画館

    友人と観てきた。そーいやドラえもん映画って初めてだな。
    10万年前の氷下の南極大陸にはすでに退廃した超文化があった…とゆーオカルトマニア垂涎の世界観…雑誌「ムー」購買者必見の設定…
    普通に面白かった。優等生な作品だった。…けど物足りなさはあるな。
    世界観や設定、ドラえもんの夢のある道具たちが素晴らしくってワクワクさせられたんだけど、それに見合ったロマンを使いきれてないストーリーだったかな…と感じた。
    尺の関係もあるからしょうがないんだろうけど、もっと深く内容を掘り下げられたらオモロイのにな〜〜!と何だかもったいないような惜しいような気がしてならなかった鑑賞後でした。

    しょっぱなのロードオブザリングっぽい"愛しいシト"の魅せ方、ミョ〜〜に滾ってしまいました。
    クトゥルフ神話とか「狂気の山脈にて」とかその他諸々がベースになっているらしいですが、観る前にそういうの予習しとけばもっと面白く観れたかな…と少し後悔。
    イトーケンジロー
    イトーケンジローの感想・レビュー
    3日
    4.0
    新シリーズの劇ドラちゃんと見たのコレが初めてだったけど、今の劇ドラって作画こんなに良かったのかと愕然した。
    あと一番最初にハッとさせられたのはドラえもんの色!作中の季節の設定が夏ってのもあるからか、ドラえもんの青色が少し緑みがかかってる青色で、旧シリーズのブラウン管のテレビで見ていたドラえもんの色にすごく近くて、『あああ。俺の知ってるドラえもんだ。。』ってなんか込み上げてきてしまった。。たまたまなのか狙ってなのかは知らないけど、勝手に感慨深くなってしまった。

    新シリーズ劇ドラってのび太の髪がサラッサラッになびくのとドラえもんの歯茎だけだと思ってたけど舐めてた。
    あと新シリーズは敵が全然怖くなくて割とヌルい感じに一件落着なイメージだったけど、なかなか敵も良かった!
    今度から劇ドラちゃんとチェックしてこうと思う。
    L
    Lの感想・レビュー
    3日
    -
    記録
    mashirrro
    mashirrroの感想・レビュー
    4日
    2.3
    映画を観たというよりは、テレビのスペシャル放送を観たような印象。
    少し期待しすぎだったかもしれないです。

    昔からのドラえもん映画に必ずある、ジャイアンの男前シーンだったり、スネ夫がやらかしつつ前に進んだり、そういった友情を感じさせるものが一切なかった。
    あいつらは敵!という対象がなかったせいかもしれませんが、そこをドラえもん映画の楽しみのひとつにしている者としては、少し物足りなく残念に感じました。
    >|