映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物…

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に投稿された感想・評価

非常に微妙。
もったいないといえばもったいない。
いっそのび太の映画にしても良かったんじゃないかと思う。大人数を動かす技量はなかったのでは。プロモーションは非常によかったので期待が上がってしまったところはある。
飛行機暇すぎて久々にドラえもんを観た。
この歳になって見ても面白かった。
hiiton

hiitonの感想・評価

2.5
うーん…
良かったけど記憶には残らないな。
全体的にマイルドすぎるというか。
oratnin

oratninの感想・評価

3.0
春先に劇場で付き添い鑑賞。
前年の新・日本誕生の出来が良すぎて、少し霞んでしまった印象。

監督がジブリ出身の方とかで、そのエッセンス(?)を見て取れた。

ただ、近年観たオリジナル作品の中では一番「Fスピリッツ」を感じることができた。
伏線の張り方や、知恵で戦うなど。あとポスターのグラフィックが良い。

来年の宝島は、藤子プロ創立30周年作品としてかなり気合が入っていそうなので楽しみ。
TeoDAce

TeoDAceの感想・評価

3.3
久々にドラえもん観てみました。
良かったと思います!が、やはり少し物足りない感が…こんなもんなんかな?
ヒョーガ人はスゴいや!
LH

LHの感想・評価

3.7
話題になったヒョーゴノスケさんのイメージボードで気になっていたので観賞。
ポスターから気合い入ってるなあと思っていましたが中身もイメージそのままで気合い入ってますね。

劇的でド派手なストーリーではなかったですが、印象的な劇伴の効果で「氷」「時間」「歴史」といったギミックを用いた、わくわくのアドベンチャー感がかなり増します。
その中でころころ変わるキャラクターたちの表情が生き生きしていて愛らしかった。

画面全体の色合いがどこかくすんでいて、昔ながらのドラえもんを彷彿とさせつつ、雰囲気があってとても良かったです。
ドラえもんの押入れ背景がお気に入り。

久々に観ましたが映画ドラえもん、侮りがたし。
良作だとは思うけど少し感動が薄いかな。
昔のドラえもん映画にはやはり敵わないかな。。。
大きいボス敵みたいなやつは安っぽかった、絵や動きを作りこんでほしかった。構図やテンポは例年より良かったと思う
ju

juの感想・評価

-
エンディングを武田鉄矢にしてもらいたいw

なんかジブリっぽく天空の城ラピュタみたい
ドラえもんシリーズはもう「安定」の面白さ。
まぁ展開も落ちもいつも通りだけど飽きずに見ちゃう流れ。
今回の話はウまくタイムリープを使ってて伏線も綺麗で子供にわかりやすく家族みんなで楽しめる作品なんじゃないかなって思う。
劇中所々で20代前半の人があって思うような懐かしいドラえもんの主題歌が使われてたりするからそこもちょっと注目点かもしれないです
>|