• Filmarksトップ
  • 映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の感想・レビュー

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:101分
    監督
    高橋敦史
    脚本
    高橋敦史
    原作
    藤子・F・不二雄
    キャスト
    水田わさび
    大原めぐみ
    かかずゆみ
    木村昴
    関智一
    千秋
    あらすじ
    真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

    「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に投稿された感想・レビュー

    Silve
    Silveの感想・レビュー
    1日
    4.0
    ドラえもんはいつまで経ってもドラえもんで安心した。
    chii
    chiiの感想・レビュー
    4日
    3.3
    ドラえもんとのび太の絆を要所要所で感じた。
    エンドロールでパオパオの声優にびっくりしたのが1番印象に残ってる。
    神立
    神立の感想・レビュー
    5日
    3.5
    わくわくドキドキ、これぞドラえもん映画という感じ。
    アルパチーノ
    アルパチーノの感想・レビュー
    5日
    3.5
    スケール感大の子供騙しではない大作!

    幼稚園年長組の子どもと二人で映画鑑賞。

    時空を超えたり、南極まで行ったり、展開が早くて、子どもは理解できたのかどうか。

    氷細工ゴテや取り寄せバッグなど、一見大したことなさそうな小物グッズが、ここぞという場面で活躍するのが面白い。

    映画だからか、映像と音楽が素晴らしかった。
    平井堅のエンドロールソングが感動した。
    映画村長
    映画村長の感想・レビュー
    2017/05/17
    3.8
    古き良きドラえもん映画再び、といった感じ。
    観ていてワクワクドキドキ、そして普通に勉強になる。藤子・F・不二雄のSF(少し不思議)の意志を確実に継承している。
    ふと「死」を思わせるところがあったり、エンドロールの切なさだったり、ハッとさせられるシーンがあるのも見事。

    ラピュタやもののけ姫を思わせる雰囲気もあり、わさびドラの映画では『秘密道具ミュージアム』に次ぐ名作だと思う。
    しの
    しのの感想・レビュー
    2017/05/17
    3.7
    異色作。壮大なビジュアル、脚本のギミック、少ない登場人物でシンプルながらも美しいラスト。これ、「ドラえもん」の名を借りた別の何かだ。ちょっと技巧派すぎてドラえもん映画の本質的な部分が薄味だが、大人でもかなり面白い。複数回観たくなる。

    ドラえもん映画といえばコレ!みたいな要素をおそらく意図的にパワーアップさせまくっていて楽しい。例えばひみつ道具とか、子供達にとって勉強になる知識とか。

    しかし、ドラえもん映画の一番の核と言っても良い、「のび太たちが日常から離れ異世界に赴くが、再び帰ってきたときに何かを持ち帰っている」という柱に関しては、今回はゲストキャラとの別れもかなりアッサリで、スパッと美しく締める方向性。ここがまさに今作の「技巧派」さを象徴していた。

    その反面、去年の『新日本誕生』はエンドロールの背景まで惜しみなく使ってその「持ち帰り」を様々な部分で強調しており、また終盤の盛り上がりとテーマの盛り上がりが一致している作りなどもまさに往年のドラえもん映画という感じで本当に「優等生」だった。本作とはかなり対照的な作風と言える。

    本作は、観た直後は「すげぇ! これメチャメチャ語れるぞ!」という感触だったし実際語れるのだが、口から出てくるのは「ここが従来のドラえもん映画とは違う」「ここの表現がかなり凝ってる」みたいなメタ視点のものばかりで、肝心の内容については「楽しかった」で終了する。むしろ内容については「惜しい! あと一歩で屈指の名作だったのに」みたいな愚痴が多くなる。しかし、そんな「攻め過ぎてる感」も含めて私は本作が好きだ。

    惜しいのは特にブリザーガ関連。今回のボスは結構特殊で、ある意味自然現象である点や、人類誕生の直接原因であることからも、単純に「悪」とは言えない。そこをもう少し掘り下げて欲しかったが、あっさり倒してしまったのが残念。

    とはいえ、今年のドラえもん映画にはかなり意義があると思う。というのは

    ・オリジナルでも十分なクオリティで戦っていけることが示された。
    ・「ドラえもん映画とはかくあるべし」のような意識から離れ、今後も様々に挑戦した自由な作品が観られる可能性が生まれた。

    ということが言えるからだ。これだけで私はかなり嬉しい。
    フクク
    フククの感想・レビュー
    2017/05/17
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    ドラえもんの映画にしては話の内容がとてもあっさり。
    でも最後のあたり、ニセモノのドラえもんをみんなが信じる中、声を出せないボロボロの本物のドラえもんを信じるのび太に涙がちょちょぎれた。

    もう少し短い時間にたくさん何か起こるといいかなと思った。新しいドラえもんの映画シリーズ、好きだけどもあっさり目が多いのでどうしても昔のドラえもんの映画のことを考えてしまう!でも見せ方とかは新しいドラえもんの方が好き!来年も見ます!
    SaayaMiho
    SaayaMihoの感想・レビュー
    2017/05/17
    2.1
    脇と渋谷で。
    コピーが割とよくて惹かれたけど
    自分の心が汚くなったのか
    純粋に映画の質が落ちたのか
    分からないけれど面白くなかった。
    あさみ
    あさみの感想・レビュー
    2017/05/16
    3.0
    ちびちゃんたちと観賞。
    >|