映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物…

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に投稿された感想・評価

ぞうみたいな羽のはえた生き物が出てくる。
金の指輪を落としたことから始まる。
森ゴリ

森ゴリの感想・評価

3.0
シンプルでわかりやすいストーリー。
デイダラボッチ子供には怖すぎない??笑

タイムスリップ&南極&探検&古代遺跡の要素がいい感じに詰め込まれてた!!
とくに遺跡探検のときの音楽が好き。

でも特に泣ける場面はなし!
越冬

越冬の感想・評価

-
子供向けすぎてイマイチ?昔のドラえもん映画の方が面白かったなあ…と懐古厨みたいなことを思ってしまった。
APR

APRの感想・評価

3.5
SF(すこしふしぎ)映画

整合性とか矛盾とかどうでも良い。
子ども向けの映画として作られて
楽しめるってことが大事
Mio

Mioの感想・評価

3.3
なんとなく、ナウシカの巨神兵、ラピュタのロボット兵などを彷彿とさせた
10万年前の痕跡を発見してその時代に戻り、「ああ、あれは僕らが残した痕跡だったのか」となるいつものパターン。
遡る年数はでかいが、基本的にそれだけ。わりと地味な話ではある。

展開の規模はわりと抑えめでドラマ重視なのかと思いきや、心情ドラマもシンプル。劇場版ドラえもんはいつも新キャラとの親交を深める話が多いイメージだけど、実は今回は「のび太とドラえもん」の物語でした。
でもそこに焦点を絞った割り切り方はむしろ良かったかな。ドラえもんがのび太をかばうシーンなど。

作画もエフェクトやアクションで派手に見せるというよりは登場人物の運動を丁寧に描いていて好感が持てる。それだけでこの作品のコンセプトが見えるよう。

ただ、地味な話のくせに無駄に設定が複雑すぎる。
ヒョーガヒョーガ星の少女たちが、凍らされてしまった故郷を戻すために地球へやってきて、特別な力をもったリングを探す……ってそんなややこしい話にする必要あるのか。
この設定自体が「新キャラの少女」をのび太らと接触させるためにしか機能してない。
てか最後のリングのくだりがあまりにも雑すぎてそりゃねえわってキレますよね。

望遠鏡のオチは秀逸。後味は綺麗、お後がよろしいようで。
chaooon

chaooonの感想・評価

3.7
新旧ドラえもんの中でも、なかなかのスペクタクル大作。映像も最新のアニメのキレイさで、見応えたっぷり。
が、しかし、どこかで見たような雰囲気、キャラクターや音楽を感じたのは私だけ?
どことなくロードオブザリング、どことなくジブリ…いや、まんまジブリ?
まぁ全てにおいてオリジナリティを発揮するのって難しいんでしょうね〜

のび太とドラえもんの絆は素敵◎
パオパオがかわいい。
コエカタマリで戦うジャイアンが凄くカッコイイ。
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.5
配役:★★★★☆ 4.0
演出:★★★☆☆ 3.5
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★★☆☆ 3.0

新ドラえもん12作目
近年の新ドラえもんは大分面白くなってきたなと感じた一作
旧ドラにない南極が舞台なのも評価
氷の造形や氷山の成り立ちに序盤からワクワクして観れた
物語が悪くなかった分、少々残念だったのはキャラ
パオパオのデザインを見て、懐かしくて嬉しいと思うか、使い回し(宇宙開拓史)でガッカリに思うか…残念ながら自分は後者
ブリザーガについてはもう、歌まで入ってしまっては…
地球から丁度10万光年、最後の望遠鏡の演出は良かった

先に宝島を観ているので、劇場版ドラえもん完走
全く観たことがなかった新ドラえもんに触れられたのが収穫
毎年の楽しみが1つ増えて良かった
ozako

ozakoの感想・評価

3.0
2018/05
ドラえもん大長編37作目(2-12)
悪くはなかった。声優さんやキャラクターが昔と変わっていても、しばらくしたら慣れた。冒険の部分がかなり端折られていたので残念。こういう展開って安心する。
miomio

miomioの感想・評価

2.8
作画が可愛くて、前半は面白いのですが、目的もはっきりせず、感情の行き交いも見えず、テンポも悪く、盛り上がりもなく、、。
>|