映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物…

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が氷に埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に投稿された感想・評価

みな

みなの感想・評価

-
クトゥルフ神話好きの姉が興奮しながら観てた。『狂気の山脈にて』を読めってめっちゃ言われる
10万年前、南極にてパオパオに乗った少女と老人が何かをしていた。少女が抜き取った剣はリングとなり水の中へ沈んだ。

10万年後の東京、のび太とドラえもんは暑さでくたばっていた。ドラミちゃんから氷難の相が出てるとドラえもんは言われるが気にもせず南太平洋に浮かぶ巨大な氷山のある所へ行ってしまう。

カーラ(釘宮理恵)ヒョーガヒョーガ星人の女の子。

ヒャッコイ博士(浪川大輔)カーラと遺跡調査をしている。

モフスケ、ユカタン(遠藤綾、東山奈央)パオパオと言うゾウのような生き物。モフスケはモフモフしているからとのび太が名付けた。

オクトゴン(サバンナ八木真澄)タコの石像。

ヤミテム(サバンナ高橋茂雄)ペンギンの石像。

ブリザーガ(平原綾香)古代人が残した動く最強の石像。

他声出演 浅田舞、織田信成他。

氷山→氷河や陸氷が海に押し出され、その先端が分離して形成される巨大な氷塊。

極夜→南北の極圏で、一日中太陽の昇らない状態が続く現象。南極で5月末から、北極では11月末から、それぞれ約1か月半続く。

スノーボールアース→地球全体が赤道付近も含め完全に氷床や海氷に覆われた状態である。

カンブリア大爆発→古生代カンブリア紀、およそ5億4200万年前から5億3000万年前の間に突如として今日見られる動物の「門」が出そろった現象である。

予告で氷漬けにされてるドラえもんを見て何故か面白そうだなと引き込まれた。オープニングで物語を入れ込む作りはドラえもん映画にしては珍しく感じた。wiki見て思ったけどキャッチコピーが多すぎて驚いた。

世界観は氷の世界で、氷で色々な事をしたりもするのがメインだけど遺跡とか出てくるあたりインディジョーンズ的なのやラピュタなんかも浮かぶ。今作はドラえもんの秘密道具がかなり多かったのも楽しいしタイムマシーンじゃない所も新しい。初っ端から氷で作られる夢のような世界観も素敵。

星空、オーロラ、氷の中の空気、氷の透明感、雪蛍は映像的にも美しかった。

パオパオのモフスケ、ユカタンがめちゃくちゃ可愛い!てか名前が可愛いよ!。浅田舞や織田信成は沢山出てくるパオパオの声をやってたって事かな?全然わからなかった。パオパオダンスにも癒された。

氷漬けにされてたドラえもんや所々にある過去との繋がりを感じた時点でドラえもんらしいSFを感じられ先が気になりどうなる?どうなんの?ってワクワクしました。

ドラえもんのあのシーンは、助けてくれたからとかじゃなくて、もう少しのび太じゃなきゃわかんない何かみたいので盛り上げて欲しかった感じもしたけど理由がいらずなんとなくってのがいいのかな…。とりあえずのび太は映画だと優しさだけじゃなくてカッコいいよ。

靴を履く時のシワ、タケコプターを付けた時の効果音も何か新しい感じがした。

終わり方も自分達がした事が輝かしい未来に繋がった感じがして良かったな。

エンディング 平井堅 「僕の心をつくってよ」Mステで織田信成と浅田舞が歌に合わせて踊ってたのを思い出しました。
のび太とドラえもんの友情に感動。ドラえもん可愛い。
ストーリーは微妙。ワクワク感があまりなかった。
Yosy

Yosyの感想・評価

5.0
くぎゅうかわいい
BGMがすばらしい
exoroy

exoroyの感想・評価

3.4
「ドラ映画、オリジナルに名作無し。」派の自分ですが、コレは割と良かった。

話の中で何回か専門用語などの解説があり、面食らった人もいるみたいですが、そこが良かったんですね。逆にこれをやらないからオリジナル作品はワクワクが足りなかった気がする。
確かに小さい子には伝わらないかもしれませんが、なんとなく説得力みたいなものだけでも感じられたらそれでいいんだと思います。

ひみつ道具が沢山出てくるのもワクワクしましたね。お小遣いに余裕があったのか、次から次へといろんな道具が出てきます。
ファンが思ってたのと違うものが出てくることも。
「ここでテキオー灯登場かーー!?……防寒着だと?」みたいな。

終盤には畳み掛けるように伏線回収があり、これがまたアツい。膝を打ちまくり!

ここからは不満です。

専門用語等の解説、やったこと自体は褒めますが、ちょっと多いし長いしあんまりスマートじゃない。露骨に映画の尺を圧迫してます。中盤辺りの大冒険がダイジェストになってます。
移動シーンがダイジェストになるのはよくありますけど、今回のは謎の大蛇と戦ってたりなんかしてめちゃくちゃ気になる(笑)

更に、新キャラクターと出会ってのび太たちが知る、「今どういう状況に置かれててこれから何を目的に行動し、何と戦うのか」みたいな、ストーリー上において重要なことも同じようなノリの説明ゼリフでいっぺんに語っちゃうのが味気ないし、まさに今作が「分かりづらい」と言われる要因になってます。

そして一番言いたいのは、今作に限ったことじゃないですが演出が物足りない。劇場版らしさってもんをもっともっと出して欲しいです。恐怖感とか。

どうでもいいけど、スネ夫の一人称が「ぼくちゃん」で統一されてるのが結構な違和感…!観てないですが、今のテレビ版もそうなのかな?

あと今回入浴シーンカットしましたよね!?そういう展開がある上で隠してましたよね!?
これはよくないなあ…入浴シーンと言えばドラ映画の重要なシークエンスでありファクターでありエレメンツですよ!文化教育のためにもこういうことは止めて頂きたい!

最後に一つ。
信成どこやねーーん!!!?
梓真

梓真の感想・評価

-
カチコチ。劇中での時間の使い方(過去や未来を行き来する)は面白かった。前半ちょっと描写が細かすぎて逆にもっと細かく見たいところが飛ばし飛ばしな構成のように思えた。
TSUTAYAで借りたDVDで鑑賞。

【あらすじ】
暑さに耐えかねたのび太達は巨大氷山に遊びに行き謎のリングを見つける。リングを調べると10万年前の物と分かり、のび太達は持ち主を探すために南極を目指す。

最近多かった露骨な感動物では無く、ワクワクできる楽しい冒険譚だったので大変面白かった。伏線回収がしっかりしていて素晴らしい。
劇場版のドラえもんと言えば肝心な所でポンコツな印象が強いが、今回は結構頼もしい。色んな道具で助けてくれるし、のび太達と一緒になって遊んでくれる。教育係と言うよりも頼れる親友のように感じた。
テンポ良く話が進むので楽しいのだが、高校地学で習う「全球凍結説」やナウシカのような古代文明の負の遺産の話が詰め込まれているので、説明に時間を割くことが多くなり途中の冒険シーンが割愛されていたのが残念だった。
そして一番驚いたことに、この作品には明確にクトゥルフ神話がオマージュされている。この映画の題名は正しくは『ドラえもん のび太の狂気の山脈』だろう。以下は映画のキャラが何をオマージュしているかについて簡単に説明する(多少ネタバレ有り)。

(クトゥルフ神話との関連)
ヒョーガヒョーガ星人=古のもの
パオパオ=ショゴス
大タコの石像=クトゥルー
変身するペンギン=ニャルラトテップ
氷の石像=ショゴス(又はイタクァ)

こうして考えるとメジャーな旧支配者達を使役させるヒョーガヒョーガ星人は「ミ=ゴ」や「イスの偉大なる種族」と戦わなかったが、圧倒的な力を持つ平行世界の「古のもの」であることがわかる。パオパオ(ショゴス)とも良好な関係を築いている温厚な種族だが、技術への過信により衰退してしまう。しかし彼らは失敗から学び、希望を繋ぐことが出来た。
“何であれ、彼らは人間だったのだ”
象

象の感想・評価

2.5
すごくわかりづらいストーリー。カーラって子、全然活躍しないな。
isa

isaの感想・評価

4.0
ここ数年のドラ映画は「さぁここで泣いてください!」という演出が見え見えで興醒めすることが多かったが、今年のドラえもんは一味違っていた!
初期を思わせるような冒険譚とワクワクさせてくれる秘密道具、子供にも分かりやすい伏線が張ってあって「これぞドラえもん!」という出来栄え。
さすがに泣けはしなかったけどとてもいいアニメ映画を観れたという満足感があった。
tk

tkの感想・評価

3.4
大人になってみると泣けないもんだな。
キャッチコピーが絶妙。
のび太くんはやはり頭がいい。
>|