映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に投稿された感想・評価

ながら見しようと思ったら大人でも結構設定が複雑だった(;o;)

あの未来って感じの世界観がどのシリーズも観てていい。

ジブリっぽいとこある。
こもり

こもりの感想・評価

4.0
のび太くん他が南極でオーパーツを発見→その謎を解明すべく10万年前の世界に行くファンタジックアドベンチャー
ドラえもん映画っていつも冒険してるのに何で今作はわざわざ大冒険と題してるのか?そう!それはいつにも増して大大大大冒険してるから!!!"大人が見ても面白い"の究極を行くようなロマン溢れる大冒険で最高に面白かった。冒頭の南極でかき氷食べようとするとこから夢があるし 南極遊園地、スノーボールアース、カンブリア大爆発、謎の文明都市(マヤやインカみたいな装飾)、ジブリっぽい怪物等々 終始わくわくが止まらない!すき!クトゥルフ神話の狂気山脈について勉強してからまた見たい。
のび太「名前なんて言えなくたってドラえもんはドラえもんだよ」
ポスターかわいい!作画(氷の描写)がきれい!ゲスト声優(織田信成さん浅田舞さん)全然違和感ない!静香ちゃんの衣装ぷりちー(緑タイツ×ピンクコート)!占い師ドラミちゃんかわゆい!ロマン大爆発!すき!ありがとう!

このレビューはネタバレを含みます

2019/1/13
Netflix/自宅/1人
のぶ代派だが
ドラえもんはやっぱり良いね。
敵らしい敵がいない。
コピーライトの一文イメージが強すぎて劇中の友情が薄く見えてしまった…と、24歳がまじめにコメントしてる時点でナンセンスか笑
ドラえもんにしては珍しく、人間ドラマよりストーリーの内容を重視した作品でした。

結構話が込み入っているので、短時間の間に整理すべき情報が多くなってて、小学生以下の子にはちょっと難しいかもと思いました。

舞台背景をあまり掘り下げないのと、徹底した登場人物削減を引き換えに、タイムスリップ物の気持ちいい伏線回収を手に入れた!って言う感じです。

ですんで、今回のゲストのヒャッコイ博士とカーラとドラえもん達との関係性も他人以上になりきれず、劇場版ドラえもんシリーズお約束のお別れのシーンでグッと来ちゃうシーンも、『もうココには来れない』と言う様な後ろ髪を引かれる切なさも無いので期待を裏切られた感もちょっと有ります。

なので、一度見たらもうそれで十分。繰り返し見たくなる様な映画では無かったかなと思いました。
TAO

TAOの感想・評価

2.8
最近のドラえもんは作画が素晴らしい

子供が理解できるのか?と思うほどの時間軸の設定だが大人が見ても十分面白いので家族で是非観たい作品。

とにかく可愛い
初めてドラえもんの映画を観ました。

登場人物が少なくて、物語の人間関係がわかりやすかった。また、善と悪がはっきりとわかりやすくて、すごくシンプルに楽しめた。

ストーリーとしてはテンポが良すぎるぐらいに展開が早かった。もう一捻りぐらいあっても良いかも、と思った。
(子供向けだからそういうものなのかな)

しかし、謎が多く残るところもありました。
10万年前の南極にあった街はなんだったのか。
遺跡のロボットはなぜドラえもんに化けることができたのか。
地球は結局氷漬けになったけど、ブリザーガとの関係はあったの?なかったの?
いろいろともう少し踏み込んだところも知りたかった。

良かったけど、もう少しほしくて足りない感が残ってしまった。
YoArai

YoAraiの感想・評価

2.8
インフルエンザで休んでいる身としては、寒そうすぎて若干体調悪化した。
Johnasan

Johnasanの感想・評価

1.0
ただただ酷い。

ジブリをパクったような感じの作品で、なにを伝えたいのか内容も薄く、子供向けという言葉で逃げている印象。

まぁ相変わらずの突っ込みどころ満載なんだけど、一番謎なのがパオパオは10万年冬眠していたのに、一緒にいたドラえもんは10万年冬眠していないっていう矛盾。こーゆータイムトラベルモノは矛盾が生じやすいけど、今作は呆れるほど矛盾だらけ。

タイムパラドックスなんて気にしたら負けというご都合主義(笑)

ただコンセプトは良いのに、いかんせんディテール部分や内容が伴わなくて残念。
1. 2019/1/6 (動画配信サービス|AbemaTV)
>|