ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:81分

ジャンル:

3.3

「ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)」に投稿された感想・評価

何故かわかんないけど最後のみんなお母さんを恋しがるシーンからラストまでで号泣してしまった
ペットロボットに嫉妬するドラえもん笑

バトルロイヤルもある🤼‍♂️
 ドラえもんが一瞬だけ
 マイティ ソ- バトルロイヤルのハルクに見えた👍🏻
 闘技場で顔面いっぱいの兜をかぶってるとこがね(๑˃́ꇴ˂̀๑)

クライマックスは良いシーン(*´꒳`*)
ママ〜😭


p.s.
主題歌
『いっしょに歩こう』
作詞・作曲:BANANA(下町兄弟)
唄 :KONISHIKI

歌が、唄に戻ってる!!
KONISHIKIは唄うんだね💡
いもほりロボットのいもほりごんすけ、どっかで見たことある。
どのロボットもかわいい。
ドラえもんが絶体絶命の時にのび太に言ったことがシンプルに泣けた。
母と子の絆がテーマかな?
y

yの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ロボットの心の問題は今だって難しい問題だけれど、虹の国みたいな世界になれたら1番幸せなだなぁ。
終盤ロケットのシーンはぽろぽろ泣いちゃいました。衝突して死んでしまいそうなのに息子のポコやジャンヌを思うロボットのマリアに、真っ先にのび太の宿題や遅刻にジャイアンたちとの関係を心配するドラえもんがもう..(泣)

子供がお母さんに甘えていて、お母さんも子供も嬉しそうにしているのを見るのは良いですね( ´◡` ).*ドラちゃんも子供にしちゃうのび太ママは最高♡
mo

moの感想・評価

3.5
この映画の入場者特典のおもちゃ、まだ覚えてる。

5歳の時に公開されて母親と一緒に観たきりだったが、WOWOWで放送されてたので15年ぶりに鑑賞。
ドラえもん映画ではこの映画の記憶が一番はっきりしてて、ロケットのシーンも完璧に覚えてた。きっと幼いなりに心打たれ、感動し、映画館で涙を堪えていたんだと思う。
Piccolo

Piccoloの感想・評価

3.8
ドラえもんは道具じゃない。友達だ。

ここ数作品、少し微妙な作品が多かったのですが、この作品はなかなか良かったと思います。が上映時間がかなり短いです。
段々、上映時間が短くなっていくドラ映画。
この作品は81分とドラ映画で一番短い作品です。(今のところ)
せめて90分はほしいですね。

この作品が最後のセル画制作作品みたいですね。
次作からデジタルになるみたいです。
未だに、アニメのデジタルの良さがよくわかりません。
自分は、セル画の方が味があって好きなんですが・・・。
あの、ピカピカツルツルの絵柄がダメ。

作品のテーマはロボットと人間の友情。
このテーマはブリキの迷宮でも描かれていました。
ブリキは人間が楽をしたいからロボットに便り、便りすぎたため衰弱していった人間をロボットが支配する話でした。
今作は、完全にロボットを道具として人間が扱っています。
そして、ロボットと友情についてブリキと違った視点で描かれています。
こちらはどちらかというと友情がテーマになってます。

そして、雲の王国以来、ドラえもんがまた男気を魅せてくれます。
カッコいいぜ。ドラさん。

さて、お待ちかねのゲスト声優、ED。
今回、EDと挿入歌2曲です。
EDはKONISHIKI。
挿入歌はKONISHIKI with 新山千春。
?????。何、この組み合わせ。笑
この二人は声優としても参加してますが、どちらも良かったです。
良かったらダメなんだよ。はっ早く悪口が言いたいのに。

映画の終わり方もすごく良かったですね。
ドラえもんも涙、涙です。

よかったね。ドラちゃん。

wowow
ゆ

ゆの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

20180415

ドラちゃんがロボ同士の戦い(名前忘れてしまいました💦)に出るシーンはつい夢中に。戦いのあとにちょっとズルしちゃったって自分から素直に言うドラちゃんに忘れてた何かを思い出さされた気分、、、
ゴン助、こんなところにも出てたんだなあ

ドラえもんは友達。のび太のドラちゃんに対する愛にグッときました。あと死亡フラグのシーンはわかってても涙が( ; _ ; )
家族への愛の深さにもジーンとくるものがあります( ; _ ; )
Sattsy

Sattsyの感想・評価

3.0
大山ドラえもんの映画を観ています。
ゆるキャラたくさん、音楽の力もあって泣きそうになりました。
ロボットは友達だ。
chaooon

chaooonの感想・評価

3.2
子供の時に見てないドラえもん映画。

心を持つロボットと人間の共存。
分かりやすく作られていてるけど、良くも悪くも良くある話な印象。
テーマがロボットだからか、物語の導入が鉄人兵団と被る部分がある。

終盤のロケットのシーンやボスとの対決?みたいなとこは結構盛り上がって感動的。
最後は時々冴えだすのび太が活躍するか!と思いきや相変わらずののび太ぶり!でもそこが良かった。そうだよ、のび太はこういう感じだよ。でもちゃっかり敵はやっつけちゃう感じ。私は好きな展開でした!

家に帰ってもう終わりだね、ってとこで気を抜いたときのラストののび太ママの一言!不意打ち!1番感動しちゃったー!
鑑賞回数:〜5
物語:★★★☆☆ 3.0
配役:★★★☆☆ 3.5
演出:★★★★☆ 4.0
映像:★★★☆☆ 3.0
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★★★★ 5.0

ドラえもん23作目
ドラえもん映画で5指に入る泣ける作品
心を持ったロボット達と人間が共存する王国での話で、ドラえもんメイン回
物語は正直凡庸だけど、他作品より心に重きを置いて描かれていて胸に響く
闘技場でジャンヌに進言するのび太、最後のママの台詞はドラえもん嬉しかっただろうなぁ
ロケットのシーンは号泣モノ
国を裏から操る最後のボスだけは、倒され方も正体の出し方ももっと上手く描いて欲しかった
DVD購入済み
>|