ドラえもん のび太の太陽王伝説の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の太陽王伝説2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.5

「ドラえもん のび太の太陽王伝説」に投稿された感想・評価

84g

84gの感想・評価

2.8
 緒方恵美無双。といいつつ、ふたり居るんだが。
 「王子と乞食」モノをドラえもんでやっている作品。

 藤子F先生が亡くなってからの映画であり、シナリオを書いていない。
 そのため、

・SFではなく魔術的な能力が登場。
 これまではギガゾンビなど魔術に見えても科学だった。
 敵に魔術師を据えているのも前例がなかった。

・マヤナ国というマヤ文明の換骨奪胎した世界観。
 完全に架空な惑星(動物惑星)、独自解釈(ムー大陸)などは有ってもSF的バックボーンのない架空文明は作らなかった。
 異世界か、過去であるか不明瞭。

 つまるところ、『ファンタジー寄りであり、SFが主ではない』のだ。
 竜の騎士は恐竜大絶滅、鉄人兵団はディストピア・フランケンシュタインコンプレックスモノなど、
 藤子FドラではSF入門としての側面が明確に見えていたが、それがない。

 言うなれば、『脱・藤子F』というドラえもん映画作品。
 SFや風刺ではなく、子供を楽しませる大冒険、というファクターに重きを置いたドラえもん。
 改めて見直すと、後の大長編シリーズにおける藤子Fという父親の手を離れた自立的な作品。

 シナリオとしてはやや雑だし、オリキャラの見せ場の作り方もシンプルすぎる気もする。
 敵キャラの魅力も弱いと云わざるをえないだろう。だが、ここから続くのだ。
なん

なんの感想・評価

3.7
何度か映画館で観てたらしい
曲だけめちゃめちゃ覚えてた
いい話
この映画何故か小さい頃にたくさん観ていた記憶が…

本気でほんやくコンニャク?が欲しいと思った。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.8
めちゃくちゃ面白い。昭和後期ドラえもん映画では群を抜いて素晴らしい。

タイムとりもちのエラーで中南米の古代都市に行くメンバー。マヤ文明風の世界観だが具体的な設定では無い。

そこでティオという、のび太そっくりの王子様に出会い、のび太と入れ替わりをして生活をしてみる。
いわゆる「王子と乞食」の入れ替わりパターン。
王子のティオの横暴さに比較して、のび太の優しさ。この比較がよく出来てる。
王子の方が腕っ節が強いが、のび太の方の優しさパワーが上回っていて人間力が高い。
のび太の方がコミュ力が高く、それに対して王子が学ぶ、という展開。

やっぱり、戦う力より優しさ力の方が強いというのが上手く表現されているのが素晴らしい。

王国を狙う魔法使いと戦うが、その頃にはティオとのび太に確固たる友情が出来上がってる。
成長劇と友情劇のしっかりした物語は見事。

オープニングのウィーン少年合唱団のドラえもんの歌まで見応えあるわ。

このレビューはネタバレを含みます

定期的にレビューしている旧作ドラえもん。
今回は太陽王伝説。

自分とよくにた王様と入れ替わる、って設定は鬼のようにあるけれど、元祖って何なんだろう。

本作もそんなベタな話である。
正直トップクラスに印象が薄く、最近見返すまでラスボスがギガゾンビだと思っていた。

ギーガー。

のび太、王子双方に成長があったのは、ベタだがいい。

そんな所か。
嫌いでないけど、ドラえもんにはもっも好きな話が沢山ある。
だーま

だーまの感想・評価

4.0
小さい頃から何回も見て
大人になってからも鑑賞。

この頃のドラえもん映画は
家にビデオがあったので
めちゃくちゃ懐かしいです。

ところで、魔女が出る物語って大概、
「永遠の命を」とか言ってますが、
ずっと生き続けて何が楽しいのか
分かりません。

永遠に生きて不幸もその分感じるなら
考えるだけでゾッとします
あと、親や友達も永遠に生きれるなら良いですが
自分だけ不老不死でもね…って感じです。

昔そんな事考えてなかったのに
今じゃこんなに捻くれました。
この

このの感想・評価

3.9
ドラ映画ってほぼハズレなし。安定の面白さ。安定のジャイアンかっこよさ。
小さい頃雰囲気怖かったイメージ
今見てみるとストーリーしっかりしてて面白いし曲がいい!

2017年47本目
全体的に非常によくまとまっています
悪の組織を友情の力で倒す、王道で好感が持てます
主な登場人物それぞれに見せ場がしっかりあるのもよかったです
子供向け映画としては理想的な仕上がりではないでしょうか

あえて言えば、深いテーマを忍ばせてくれていれば大人でも十二分に楽しめるのかなと
これは故・藤子先生の専売特許みたいなものなので難しいとは思いますが…
映感

映感の感想・評価

5.0
昔映画で見たときもおもしろかったし
しんみりする映画だった
エンディングの曲がいいのがミソ
>|