ドラえもん のび太の宇宙漂流記の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の宇宙漂流記1999年製作の映画)

上映日:1999年03月06日

製作国:

上映時間:93分

3.4

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』に投稿された感想・評価

なゆ

なゆの感想・評価

4.0
ドラえもん一派の仲良しなシーンが多くて冒険の中でも余裕があるように感じて流石20周年作品!20年冒険している格の違いを感じました。どこでもドアのくだりがとても好きです。
chianti06

chianti06の感想・評価

3.3
1999年話題だったノストラダムスの予言にでてくる破壊の王の名が敵に使われており、当時恐怖心を煽るには最高の演出。
しかしながら、他の作品と比べて退屈に感じてしまうのは、ドラえもん映画お決まりのひみつ道具を使ってのび太達が楽しむ場面が少ない点にあると思う。
INA

INAの感想・評価

3.4
トラウマシーンがずっと気になっててそれ目当てだったけど一本丸々夢中になれた。
例のシーンはしっかり衝撃的。
toolbox

toolboxの感想・評価

3.5
子供のときは考えなかったが、子供だけで宇宙へ行くなんて、のび太ってなかなかの勇気の持ち主だと思う。

宇宙船や惑星、未知の生物などダークな雰囲気で良かった。
Yuki

Yukiの感想・評価

-
映画館に観に行ったのが懐かしく思い鑑賞。面白かった!ドキドキしたし、ビックリもさせられた。SPEEDのエンディングも良かった!
こーき

こーきの感想・評価

3.5
SF好きな人が作ったんだろうなぁと感じる。星や宇宙船、ブラックホールなどの描写が綺麗。
runcry

runcryの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

オープニング前の「ドラえもーん!」をジャイアンとスネ夫が言ったことにテンションが上がり、20年を振り返るエンドロールにしみじみとした。

“ほのぼのドタバタ”というさじ加減で安心して観られるし、のび太が閃いた、ひらりマントをMAX拡大させるためのアイデアなどは新鮮でワクワク。

ただ、シリアス系のドラえもん映画が好みだと少し物足りないかも。オリジナルキャラとの別れもあっさりしているし。
まさき

まさきの感想・評価

3.4
スターウォーズどら〜
小学生ながら宇宙に行くことに抵抗がないのが凄い。
針

針の感想・評価

3.8
ドラえもんのスターウォーズ・オマージュ第二作。といっても『リトル』のほうはまぁオマージュだけどこっちはモロパロ・レベル。でも楽しかったですね。
公開が世紀末ということで、パルパティーンならぬアンゴルモアが出てきます。
ドラえもんTV20周年記念らしい。

しずかちゃんは信じる心がいつまでもあるなぁ。

宇宙人に裏切られても、
「絶対味方になってくれると思ってた」
って。

これが宇宙人と人間じゃなくて、
人間と家畜なら
食物連鎖じゃん…
てなる気もするんだけどね。

2022年映画550本目
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品