ドラえもん のび太の宇宙漂流記の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラえもん のび太の宇宙漂流記1999年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.3

「ドラえもん のび太の宇宙漂流記」に投稿された感想・評価

kanino

kaninoの感想・評価

3.5
子供の頃1番好きだったドラえもん映画👌
久々に見ても面白い(’-’*)♪
taka

takaの感想・評価

5.0
今作は文句なしに最高だった!映像と音楽共に「映画的」な演出に磨きが掛かっている!
冒頭の宇宙戦争ゲームの映像の迫力とオーケストラサウンドで一気に映画の世界に引き込まれた。オープニングロールのクオリティも高い。メカニックデザインが凄すぎて驚いたけど、漂流船繋がりでマクロスのスタッフが関わっており納得した。
お座敷宇宙船でのび太の部屋が無重力になる日常SF感はドラえもんの面白さの真骨頂といったところ。
ラストで小惑星に衝突しようとする漂流船を超巨大にしたひらりマントで避けるシーンはドラえもんならではのセンスオブワンダーで感動した!
今作は見所が本当に多くて全く飽きない。
・硫黄嵐内での船の修理。
・チャルメラとビッグライトを組み合わせたオーケストラサウンド攻撃。
・しずかちゃんの無重力入浴。
・眩惑の星の恐怖。
・宇宙船の墓場の鉱石生命体の襲撃。
・銀河漂流船団母船・ガイアのロマン溢れる都市デザイン。
・宇宙少年騎士団vs独立軍によるスペースドッグファイト。
・スターウォーズを彷彿とさせられる父と息子の絆。
・エンディングロールの20周年プレート。
Kiwamu

Kiwamuの感想・評価

1.6
世紀末の21世紀にかける夢というかロマンがありますよね。

宇宙って。本当子供好きですよね。
SPEEDの主題歌ばかり印象に残っていましたがスパイやら宇宙開拓やらてんこ盛りでした。
ユ

ユの感想・評価

-
しずかちゃんの入浴シーンが好きすぎていまでもあのシャワーに入るのが夢

トラウマシーンは変わらず

スピードの曲さいこうだな

64/2020
第20弾。スネちゃまが誕生日に宇宙旅行を買ってもらう自慢話ヤバすぎるだろ。タイトルコールのドラえも〜ん!が珍しくジャイアンとスネ夫である。のび太ママがその2人が入ったプラモの箱を捨てる安定のカオスぶり。おならを推進力にするのび太も必見だ。
naokit

naokitの感想・評価

3.1
さすが20周年作品だけあってか、トラブルの連続…これでもかと盛り沢山な展開です。
今作は数ある宇宙モノの1つですが、最終的にアンゴルモアなんてキャラが出てくるのも、1999年の公開だからか…ノストラダムスとは時代ですね。

かなり駆け足な進行ながらもピンチを切り抜ける友だちパワーは健在ですが、特筆すべきは今作ののび太が冴えまくっている事…冷静にドラえもんへアドバイスする様はまるで別人のようで、何故か一抹の寂しさを感じてしまうのです。^_^;

そして、たまに見かけるシーンなのですが、自分の失敗に我を忘れ“壊れてお詫びいたします〜”とハンマーで自分を叩こうとするドラえもんを久しぶりに大山のぶ代の声で堪能しました…やはり風情がありますな〜。
かとう

かとうの感想・評価

3.5
生まれ年のドラ映画をみた、ドラえもんがかわいすぎる、今よりスネ夫とジャイアンがマイルド
kazuo

kazuoの感想・評価

3.2
珍しくのび太の頭が冴えてた回。後、主題歌の「季節がいく時」が良かったっす。
【★★★★☆ 素晴らしい】
惑星設定や生物の造形が良かった。
みんな操られていたとすると、一番悪い子はあの子では?
最初のシーンからワクワクさせてくるので、展開に飽きない。
ジャイアンスネ夫の「ドラえも〜ん」からのオープニングアニメーションは結構良い。
キモい木の星のホラーっぽさは今見ても怖いくて、のび太が冴えるシーンなんかも印象深かった。覚えてるな。
フレイヤとかスゲーいいキャラなのにさっさと改心しちゃって凄く退屈だ。
設定も、キャラ、メカデザインも言ったら色んなとこから持ってきた焼き増しで刺さるものがなかった。
ただ20thアニバーサリーなエンドロールはとても良い。スピードの曲はこれ、刺さらないな。。世代じゃないからか?
>|

似ている作品