ドラえもん のび太の宇宙漂流記の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の宇宙漂流記1999年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

3.4

「ドラえもん のび太の宇宙漂流記」に投稿された感想・評価

チィ

チィの感想・評価

-
ドラえもん達が宇宙に行ってしまって、色々地球を救ったりする話。
相変わらずのシリーズ。
しずかちゃんのお風呂が不思議だったのと
ブラックホールをこの映画で知った記憶
佳子

佳子の感想・評価

3.5
ドラ映画20作品目20歳。

大学2年生。大学のそばに外国人留学生の為の寮ができた。広い部屋に整った設備。なのに家賃は月2万と激安で、結構な倍率の日本人学生枠のくじに当たったときは嬉しかったな。隣の部屋はニュージーランドからの留学生。鴨川の流れとともに色んな国際交流が楽しかった。旅行業取り扱い主任者の資格とったりもしてましたね。合格したのに就職氷河期で全ての旅行業者試験に落ち、その資格結局役にたちませんでしたけどね😂

1999年の作品で、悪役がノストラダムスの大予言に絡めて設定されてるところが、なかなか面白い。
物語の初めスネ夫が宇宙旅行のチケット買ってもらった自慢してる。「行けるのは21世紀になってから」って言ってるんですが、つい最近ついに民間人の宇宙旅行本当に実現しましたね。スネ夫が話してた遠い未来に私たちはいるんだなぁ(T ^ T)
脇役に野沢雅子つかわれてて、びっくり。
やっぱりドラちゃんは国民的アニメ💕
エンディング曲はSPEED!
これもいまやノスタルジーです。
2021-144
Eucharis

Eucharisの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

初めて観ました。




まさかの「どらえもーん」がジャイアンとスネ夫くんだった(笑)

のび太くんがスネ夫くんと張り合ってる…。
そうか。。スネ夫くんものび太くん(ドラえもん)を意識してるから自慢話をするのか!?

そして、またママに道具を捨てられるパターン(笑)

タケコプターつける効果音があった(笑)

パラレル西遊記でゲームの世界のモンスターが外に勝手に出てきたように、今回もゲームの中の宇宙戦闘機を現実世界に出してきた!?




だめだ、、どんどん理屈っぽい記録に(;・∀・)



1999年だからアンゴルモアなのか。

でも、、

「モアって何だったの?」
「多分、みんなの心の中に潜む悪な塊かなぁ。」




…ん?

いやいや、スライムみたいな生き物で、実態ちゃんとあって、ドラえもん、今さっき固めたやん!?(笑)
Yuta

Yutaの感想・評価

3.4
ドラえもんやのび太たちが、宇宙人の侵略から地球を守る為に繰り広げる大冒険を描いたジュブナイル・アニメーションのシリーズ第20作。監督は「ドラえもん のび太の南海大冒険」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太の南海大冒険」の岸間信明が脚本を執筆。撮影を「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」の梅田俊之が担当している。声の出演は、「ザ★ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?」の大山のぶ代と「のび太の結婚前夜」の小原乃梨子ら。映画テレビ20周年記念作品。
gin

ginの感想・評価

2.5
ドラえもんシリーズ第20作
未来のスペースゲームで遊んでいたが宇宙人に拐われ冒険することになる
昔の印象が冒頭に詰まっているせいでそこまでがピーク
宇宙物はドラえもんシリーズにそれなりにあるが平凡といった感じ
記念すべき20作目とあって、エンディングの歴代映画の1枚絵はかなり感動的。ただし、本編は記念作のわりに平々凡々な内容。
せの

せのの感想・評価

3.0
シリーズ史上最も印象が薄い作品。

宇宙戦争的ゲームに入ったままジャイスネが宇宙人に攫われる、というワクワクスタート。からの尻すぼみ。
話の内容よりもキャラデザにはすごい安心感というか、温かみを感じました。

しかし異星で見せられる家族の幻覚は怖かった。これ子供には酷でしょ

藤子F不二雄没後しばらく大長編は暗黒期に入るイメージですが、これはその象徴のように感じますね
きりん

きりんの感想・評価

3.7
映画ドラえもん第20作『のび太の宇宙漂流記』
本当の宇宙を舞台にしたゲームで遊んでる最中にジャイアンとスネ夫が迷子に。そのゲームを謎の宇宙人が持ち去ってしまい行方を探す話。
ドラえもん映画TV20周年記念作品。
出木杉🙅🏻 しずかちゃん入浴シーン🙆‍♀️

いつもはのび太のドラえもーーんの叫びで始まる物語が今回はジャイアンとスネ夫。
宇宙へと2人を探す際に出会った宇宙少年騎士団を名乗る謎の宇宙人と冒険をする展開に。

ゲームを探すのが探偵のようで面白い🕵️🏻‍♂️
どこでもドア🚪が機能しないほど離れた宇宙空間であり過去一スケールでかかった🛸ちなみにワープ無しで地球に辿り着くには1億年以上かかるので想像絶します😳

宇宙少年騎士団の存在意義が環境破壊により死の星へと変わり果てた事によるもので我々への警告となるメッセージ性があるのもいい✨

ひみつ道具の使い方がアイデアいっぱいでのび太の頭が冴えてるのが笑いを誘います🤣

また敵がノストラダムスの大予言に登場する恐怖の大王アンゴルモアであり公開も1999年と言うのがニヤリとさせられた😈

主題歌を歌うのは当時人気だったSPEED。吉川ひなのだったら激おこでしたが良かった🎶

全ての過去作を振り返るエンドロールは見応えあり!芝山努監督の直筆だそうです✨ここだけなら☆5
今回はかなり面白かった。宇宙へ飛び出して冒険するのは過去何度かあったがどれも面白いなぁ🚀🌏
バリ

バリの感想・評価

3.3
ゲームの中に閉じ込められたジャイアンととスネ夫がゲームごと宇宙船に連れ去られてしまった。ジャイアンとスネ夫を救けるため宇宙をまたにかける大冒険が始まる。

オープニングがジャイアンとスネ夫から始まるのがちょっと面白い。
舞台だったり敵の設定だったり影響された作品がわかりやすいな。ホラーっぽいシーンが多くて怖かった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品