ドラえもん のび太の南海大冒険の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の南海大冒険1998年製作の映画)

上映日:1998年03月07日

製作国:

上映時間:91分

3.5

「ドラえもん のび太の南海大冒険」に投稿された感想・評価

toolbox

toolboxの感想・評価

2.5
『おしり印のきびだんご』には笑った。下剤で良いじゃん。曲は酷かった。
Kakeru

Kakeruの感想・評価

3.9
観たことがあるなと思ったのがピンク色のイルカでしたがとても重要な役割を果たしていました。
いつもより仲間想いのジャイアンや、いつもより勇気のあるのび太、道具が少なくてもなんとかしようとするドラえもん達、見所がいくつかあって普通に楽しめた印象でした。
りさ

りさの感想・評価

3.5
合体動物、見た目は可愛い。なんか実際ありそうな話。感動要素は少なめだったけど、のび太頑張ってた。
まさき

まさきの感想・評価

3.5
初めて見たかも?
面白かった。
ドラえもん一族with愉快な海賊たち
ザ、夏休みって感じ。
OP曲も歌ってるのあれ?って思って、
ED曲に至っては誰これーーー!
なんかかわいいエモいw
吉川ひなのってかんわいいよねぇぇぇ

ただ内容は
「前のドラえもんで見た」
と全部思ってしまうんだよね。

夏休みの宿題から始まり
恐竜が出てきたり。

あまりひねりがなかったかなぁ。

にしてもED曲の選曲についてどんな時代でどんなことが起こったのか知りたい。
主題歌が好きすぎるので観た
無駄なく面白いし、子供がちゃんと楽しめるようにできていて素晴らしかった
今みたいな泣かせるシーンはいらなくて、ただ子供たちが友達の為に必死に行動する姿にこそ胸は打たれる。
わしも歳かのう
漏れ

漏れの感想・評価

-
全編ゆるーい笑いとぬくーい友情でまんべんなく満たされた史上最高のぬるま湯映画。
いつにも増してみんな暖かく心優しく素直な勇気を発揮する。
藤子F不二雄没後一発目の、「今まで見てきた大山ドラの感じ」保守派最右翼みたいな映画。
子どものときに見たときは一発目で既にマンネリやないかいって感じでけっこうがっかりしたけど、一方で『ドラえもん』とはそもそもぬるま湯が本質。

ラストシーンから察するにスタッフ的に「新しい船出」みたいな思いは込められてそう。
吉川ひなの「ホットミルク」は最高。
そんなことよりジャックの声がマッハ文朱っていうのがすごい。
れもん

れもんの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

1998年公開の『ドラえもん』の映画シリーズ19作目。
藤子・F・不二雄の没後最初の作品。
偶然にも、のび太の誕生日に鑑賞。

これは傑作。
公開当時、配給収入シリーズ歴代最高額を叩き出したのも納得の出来。
オープニングとエンディングの吉川ひなのの歌以外は良かったと思う。笑

おなじみのドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫がそれぞれ活躍するのも良いし、仲間となるゲストキャラクターも、強くて頼りになるキャプテン・キッド、可愛くて男勝りなベティ、幼いながら逞しいジャック、知性のあるイルカのルフィンなど、魅力的なキャラクターばかりで良かった。
キャプテン・キッドたちは海賊じゃなくて普通の船乗りという設定でも良かったんじゃないの?なんて思いながら観ていたけど、なるほど公開前年の1997年にあの『ONE PIECE』の連載が開始したらしく、その人気にあやかってあえての海賊だったのかもしれない。

ジャイアンが船から放り出されたのび太の手を掴んだり、その手が離れてしまってのび太の名前を叫んだり、その後でのび太の手を離してしまったことを後悔していたり、ベティの手を掴んだ時に今度こそは離さないと気合いを入れる一連の流れにはグッときた。
のび太は歳下のジャックの前では良いところを見せようと頑張るし、しずかとスネ夫はひみつ道具を上手く使って敵を倒すし、今作ではみんながまんべんなく活躍するんだけど、やっぱり一番活躍していたのはジャイアンかな。
こうやって思い返すと、肝心の主人公・ドラえもんはあまり活躍していなかったかもしれない。

今作では生物兵器として合成動物=キメラを生み出すキャッシュやドクタークロンに厳しいドラえもんだったけど、10作目『のび太の日本誕生』ではペットとしてキメラを生み出したのび太に甘かったことを私は覚えているからな。
合成動物は未来で元の動物に戻してあげられると言うタイムパトロールも、リバイアサンは伝説動物になるだろうとかいう謎の論理で放置するのは職務放棄すぎる。
しかし、その程度のツッコミはあるものの、18作目『のび太のねじ巻き都市冒険記』でのドラえもんたちのモラル・ハザードを目撃した私にとってはどれも些細な問題。

というわけで、繰り返しにはなるけど、オープニングとエンディングの吉川ひなのの歌以外は良かったと思う。笑
親子で劇場に観に行ってエンディングであのセリフが流れてきたらお互いどうしていいかわからなくなりそう。笑

【2022.08.07.鑑賞】
【2022.08.07.レビュー投稿】
いの

いのの感想・評価

3.5
宝探しの船旅になるかと思ったらサバイバルや敵の正体など予想外の展開で楽しめた
ジャックが可愛い。
すごく良い気持ちで終わりを迎えたのに歌酷すぎて泣き崩れたくなった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品