ドラえもん のび太の南海大冒険の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の南海大冒険1998年製作の映画)

製作国:

上映時間:91分

3.5

「ドラえもん のび太の南海大冒険」に投稿された感想・評価

ルフィの正体が最後の最後に分かったり、リヴァイアサンの扱いなどは映画として結構、成り立っている。
きりん

きりんの感想・評価

3.0
映画ドラえもん第19作『のび太の南海大冒険』
ひみつ道具「宝さがし地図」で宝島を見つけ海へと冒険に出発するも時空に歪みが生じて17世紀のカリブ海にタイムワープする話𓂃𓊝𓄹𓄺 ‎
出木杉🙅🏻 しずかちゃん入浴シーン🙅🏻‍♀️

色々あって辿り着いた宝島(トモス島)では未来人が改造生物兵器を造っており途中で出会った海賊共々戦いに巻き込まれる展開に。

今回はジャイアンが頼もしくて男前。まさかあのボエ~の歌声が褒められ活躍することになるとは🤣
四次元ポケットを途中で無くしてしまうためひみつ道具がほとんど登場せず縛りプレイ。ちょっと地味に感じる。またいつもは必ず挿入されるみんなでの食事シーンがないため残念だった。
海賊ジャックの友達でもあるピンクイルカのルフィンの正体には驚かされたけど😳ただあまり目新しさがなくて引っかからなかったなぁ。

サウンドプロデュースが大江千里でテーマ曲は吉川ひなのが歌ってたけど…うん下手くそ💦ジャイアンは一人でいいぞ!武田鉄矢カムバーック😭

藤子・F・不二雄先生が亡くなられて最初の作品だけどもしやクオリティ下がってる!?
バリ

バリの感想・評価

3.5
カリブ海、宝の地図、海賊、これらのワードに胸がときめく人は見た方がいい。
ただの海洋冒険ロマンかと思いきや驚く仕掛けもあって最後まで楽しめる。
志麻凛

志麻凛の感想・評価

3.6
ジャイアンの歌声に耐える女の子
恐るべし


【感想】
ドラえもん映画レビュー4作目
“南海大冒険”

入りが、最近の「宝島」っぽかったな
もしかすると、宝島はこの「南海大冒険」を意識して作られたのかな?


ドラえもんの道具の“キューピッドのや”を使った?海賊、それがドラえもんのダイヤモンド以上に硬い頭に刺さり、その海賊に、道具の効果によって好意を抱く

そのシーンでめっちゃ笑ってしまった
そして、そのシーン周辺で
ドラえもんの石頭っぷりが見れて良かった

それを含めた、ドラえもんの映画の恒例行事、ドラえもんの四次元ポケット事情

今回は、異空間に入る時に四次元ポケットから滝のような噴水のような水が出てきて、飛ばされた先で沢山のひみつ道具が流れてしまう
残ったひみつ道具は、たった7つ

そのひみつ道具を駆使して立ち向かうシーンが圧巻だった

また、のび太も良いところが出ていた
・誰にも負けないくらいの銃の腕前
・あやとりで司ったもの

そんな所が上手く、さりげなく表現出来ていました


ピンクのイルカの“ルフィン”がとても可愛かった。マスコットとして欲しいくらい

ジャイアンの歌声が平気な女の子
尊敬します
エンドロールの下手な歌のせいで昭和じゃないのに昭和感がすごい。

ドラえもんの映画にしては物語の導入部分が雑な気がする。

日本誕生でのび太この映画のヴィランと似たような事してたよな。
第19作

歌が少し違う。

宝探しに行くまでのテンポが凄まじく速い。気持ちのワクワクが凄い!
そしてアイツは何だ!から始まる急展開。

どんな道具も使い方次第で大活躍だね!

タイムパトロールの楽観さはある意味物語を作る上では必要な事かもしれない笑
キャッシュという存在はいると思う。

藤子・F・不二雄さん脚本でないと、本質的なものが感じられないのは俺だけかな?
鯖

鯖の感想・評価

3.0
大人になっても笑いどころがしっかり笑えるように作ってあるのすごい
K

Kの感想・評価

3.7
ひなのちゃん!!
オープニングであれっ?って思ったら
ホットミルクはこの主題歌だったのか!!
上手いとか下手とか別として
懐かしい思い出点

ドラえもんで英語って新鮮
ピンクのイルカ可愛かった
ジャイアンと女の子お似合いだったな
リバイアサンはリバイアさん??
てずっと気になった
いるか

いるかの感想・評価

5.0
海賊なりたいな離島行きたいなと思ってしまうほど素敵な大冒険でした。
>|

似ている作品