ドラえもん のび太の海底鬼岩城の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の海底鬼岩城1983年製作の映画)

上映日:1983年03月12日

製作国:

上映時間:95分

3.6

あらすじ

「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」に投稿された感想・評価

あか

あかの感想・評価

3.0
海底探検までが長かった。ちゃんと夏休みの宿題を終わらせてから旅行に行く描写が必要だったのかな。
自己犠牲のバギーちゃんには涙が出てきた。
百

百の感想・評価

3.6
恐ろしすぎるバミューダトライアングルとバギーちゃんの自己犠牲をすごい覚えてた🚗ムー、アトランティス、ポセイドン、マリアナ海溝これで覚えられてた説…!
ドラえもんてちゃんとSFでちゃんとボケるからすごいな💮
N

Nの感想・評価

-
好きなシーン
①海底人にジャイアンとスネ夫のことを「凶暴性とうそつき性」と言われて、ドラえもんが「ちょ…ちょっと乱暴なんだけど、ほんとはいい子なの」優しくてほっこりする
②スモールライト一発で出てきて嬉しそうにするドラえもん見て、温かい目になった
③金魚鉢に入れてみました!
相変わらずエンディングが渋い!
ラストがTV版みたいなあっさりさ。

しずかちゃんの海中でかます小ボケと、バギーちゃんのデレ、そして海底で帽子の中に隠れて歩くときの両肘と肩を水平にした歩きが見所笑

バギーちゃんのオイル漏れサイコーです!
ドラえもんにわかなので見ていこう~期間。
海底人、ちゃんと話できるけど
「人間はすぐ戦争を起こすから悪いやつ」
とか意外とそういうところを指摘する映画でした。
車(バギーちゃん?)の記録を(ジャイアンとスネ夫がどうなってたか)しずかちゃんに見せたことで大事な話を女の子にするのか!なんてのび太すら怒ってたけどそもそもあの寝る前に車が話したそうだってしずかちゃんが言ってあげてたのにドラえもんすらも取り合わなかったやん!!!
あなたたちが話し聞かんかったからやろ!って思った!

地底人スマートやったね!
miki

mikiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

エルの声がどう聞いてもおばさんの声で萎えた。

核兵器とか海を大切にとか、けっこう啓蒙的な内容。
ドラえもん最近見てるけど、子供に見せるにふさわしいなって大人になって改めて思うわ、、

2022年84本目
ヒロシ(以下ヒ):さてさて今回は歴代ドラえもん映画で課長が最も好きな、そして歴代ドラえもん映画の中で「最も興行収入が低い」作品、『のび太の海底鬼岩城』です!(笑)

課長(以下課):いかにも「見る目がない」みたいに言うなー!、、、、まあ過去3作から監督が交代して、あまりにも今までとテイストが違ったため拒否反応を起こされた本作だが、逆にこの作品以降にドラえもんを体験した奴等は前3作が「子供向け」に思えるという、ドラえもん映画の中でもある意味マイルストーンになった作品だ

ヒ:監督は「ミスタードラえもん映画」こと芝山努さんですが、初監督した本作は課長が言った通りその作風の違いから不人気で、危うく降板させられそうになりますが、次回作『のび太の魔界大冒険』が大ヒットしたため続投が決まり、その後、『のび太のワンニャン時空伝』まで22作連続で監督を務めました

課:1年に1本だからきっちり22年間毎年ドラえもん映画を監督し続けたってのは凄いよな!そしてそのレジェンドの記念すべきスタートが本作だ

ヒ:テイストは芝山監督が参加してた1978年の『ルパンvs複製人間』に似てて、結構「怖い」んですよねー

課:24時間以内に「テキオー灯」を浴びないと窒息するどころか水圧でペシャンコになってしまう10000メートル以上の深海での冒険、そしてそこに待ち構える「自動報復装置」と、核の終末戦争による世界の終わり、など科学的、世相的なテーマを思いっきりぶっ込んでくる上に、「マモー」だからな、そりゃ子供は怖がるよな

ヒ:芝山監督の初期の頃は『魔界大冒険』や、『鉄人兵団』など残酷描写やホラー描写が多くて、そこが背伸びしたい課長みたいな生意気な小学生には受けたのかもですね(笑)

課:ほっとけ!しかし40年前の作品だが、テーマといい、世界観といい、作画といい、オッサンになった今見ても十分に面白い作品だと思うけどなー。評価はされなかったが児童映画だったドラえもんにちょっぴり大人の風を吹かせた最初の作品、芝山監督の「初めてのドラえもん」をぜひ体験してほしいな!

ストーリー 4
キャラクター5
世界観   5
演出・映像 4
音楽    3
あれ?4泊してない?度99
といぷ

といぷの感想・評価

3.0
優しい世界でいいんだけど、さすがにちょっといかんせん古すぎた。。
いろいろ古い感じが気になってしまったので、もうちょっと新しいやつを見よう。
chiachan

chiachanの感想・評価

3.7
バミューダトライアングルは子供のころ夢中になってたから刺さった。進化論、ムー、アトランティス……盛りだくさんだし、核の脅威まで描かれていて今までの作品より知識の厚みがすごい。
れもん

れもんの感想・評価

3.5
1983年公開の『ドラえもん』の映画シリーズ4作目。

初めて観たけど、アトランティス連邦の設定やバギーのキャラクターがなかなか良くて、1〜3作目よりも面白く感じた。

【2022.07.27.鑑賞】
【2022.07.28.レビュー投稿】
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品