ドラえもん のび太の魔界大冒険の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の魔界大冒険1984年製作の映画)

上映日:1984年03月17日

製作国:

上映時間:98分

3.7

『ドラえもん のび太の魔界大冒険』に投稿された感想・評価

慣れ親しんだ90sドラえもんと比べると微妙にのび太の服装が違ってたりする80sドラえもん劇場版。今回は魔法が使える今で言う異世界が舞台。

その異世界は化学が迷信とされているのがユニークでゲッサンスカイラインという日産スカイラインみたいな名前の魔法の絨毯が登場(笑)。個人的には世界観にあまり魅力を感じず、期待したホラー要素もちょっと大人しめでそこまで嵌らなかったのですが冒頭の「ジャイアンな一番苦手なもの」でジャイアンの母ちゃんが登場する所とかジャイアンがシャウトして人魚達が逃げる辺りは面白く、石像の上手い伏線、「おわり」というフェイントそしてのび太のあらゆる疑問に答えてくれる出来杉君の存在と注目する点が幾つも有ったのも事実でした。ヒロインの美夜子も魅力的だったと思います。
これ劇場版ドラえもんの中でも群を抜いて好き。小さい頃にみた時は夜中の石像がこわくてずっと頭から離れなかった。「もしも魔法が使える世界になったら」誰もが考えるとても普遍的で特別な物語。

このレビューはネタバレを含みます

メジャーサがキモすぎるし怖すぎるし泣きそうになる。なんじゃあれは。こどものときに見たら泣いてる。
新作のやつとの温度差が激しい。

感想としては新と結構違うんだなって思った。
出来杉くんとのび太が話すところがよかった。のび太が最初から魔法に興味を抱いていて、そこから深く知ろうと出来杉の元を訪れて自分から知る姿勢がいい。
これは新にも欲しかったかも。

あと、魔界って城だけじゃないんだ!って思ったのが一番大きい。
魔界にも草原や動物が棲む森があるんだって。
新にはこういうエピソードないから新鮮だった。

で、美夜子さんの「あなた魔法が使える~」シーンでぐっとくる。格好よすぎるよ、美夜子さん。
旧も新も美夜子さんが好きだと思いました。

最後ののび太くんと話してるところもよかった。
なほ

なほの感想・評価

3.6
今のところ、この魔界大冒険が1番好きかな〜!!


むかしのドラえもん、パンチきいてて面白い🤜🤛
N

Nの感想・評価

-
好きなシーン
① オープニングのB級映画感
②魔法の世界に行ったのび太、猛練習して唯一できる魔法がスカートめくり、、
③ドラえもんとの喧嘩がかわいい
④美夜子さんのところに「来ちゃった」
⑤ドラ「ほんやくコンニャク」
のび「それを早く思い出せって」
⑥魔法の帽子がただの飾り(気分を盛り上げるため)だけど、魔界では「なんか役に立ったみたい!」

ドラえもんの世界線だから見れたけど、ハイエナもメデューサも怖いです要注意
瑞稀

瑞稀の感想・評価

4.2
伏線や画期的な道具の応用の仕方があったりなど結構手の込んだドラえもん映画
魔界のハイエナが普通にトラウマになるレベルで怖い
航

航の感想・評価

4.5
冒頭に石になったのび太とドラえもんが出てくることの謎、悪魔との戦いなど、公開当時、怖かったなぁ。大長編ドラえもんコミックスでも好きな漫画です。この映画の公開直前に、エンディングテーマを歌う、デビューすぐの小泉今日子も参加していた、この映画を紹介する特番を観たことを思い出しました。

2022年83本目
初見だったんすけど流石に古いかな。何の下積みもなく今初見で見て何かあるか、っていうと特にないかな。
ポケモンフラッシュよろしく明滅する映像やら背景映像の昔の特撮みたいな感じとか変なとこでループする流れる背景とかちょいちょい時代を感じた。
改めて大長編ドラえもんを見てると、ドラえもんってドラえもんがある程度抜けてるからこそ話動いてるとこある気もするな。ドラちゃんが手持ちのひみつ道具をピンキリで理解しきって的確に運用し出したら話終わっちゃいかねないよな……。
Chisato

Chisatoの感想・評価

3.7
劇場版第5弾!

もしもボックスを使って
魔法が使える世界に。
しかしお母さんに捨てられてしまって
わぁーーーーってなる。

ドラえもんとのび太が
ケンカしながら
仲直りするシーンがほっこり。

ドラえもんが
雰囲気でかぶってた帽子が
結果みんなを助けた。
(再)ジャイ母巨大化,魔書,石像,魔法チョークのび太のバカ,不老長寿丸,魔法の絨毯スカイライン,空中ビー玉遊び,惑星輪っか上ピクニック,剣猫,魔王,嘘エンディング
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品