旅立ちの時の作品情報・感想・評価・動画配信

「旅立ちの時」に投稿された感想・評価

kaichi

kaichiの感想・評価

4.5
"自分の人生を生きるんだ"

"他人に左右されるな"

リヴァー・フェニックスの
自分の未来と家族との間で、切なく揺れ動く哀しげな表情が、たまらんかったです。

このレビューはネタバレを含みます

母親がこの作品キッカケでリバーフェニックスファンになったと聞いたのを思い出して鑑賞。
自分達の正義のためにとった行動でも、れっきとした犯罪だし結果的に子供たちにも普通に暮らすことさえできない生活を強いてしまっているという、毒親からどうやって旅立つのかという話。リバーフェニックス出演作はほんとうにどの役柄も、彼の生涯と重ねてしまって辛い😭
justgeorge

justgeorgeの感想・評価

5.0
This is the best movie I’ve ever seen.
koto

kotoの感想・評価

5.0
この映画のリヴァフェニがいちばんすきで何回も観てる。
私的感涙映画ナンバーワンです。
物語の背景とリヴァフェニの儚い眼差しが堪らない‪ ; ;
Fire and Rain、史上最高に涙したと言えるシーンがこの映画の中にあります。
itsuki

itsukiの感想・評価

3.5
ののちゃんのオススメで久しぶりにリバーフェニックス。

子供の頃、リバーフェニックスがカッコよくて仕方なかった。
すべてはスタンドバイミーのせいだ。

大人になった今もやっぱりカッコよくてとても眩しい。

子供の頃、マーサプリンプトンの魅力に気がつけなかった。
それはグーニーズのアンディのせいだ。

大人になった今はわかる。
マーサの魅力がとても眩しい。


そんなおふたりと、
青春の眩しくて悩ましい葛藤や、家族愛。

ちょっと影のあるダニー。
天真爛漫なローナ。
リバーフェニックスとマーサプリンプトンにピッタリ。
それに80年代の映画の雰囲気がどことなくあったかくて、引き込まれちゃうには充分だった。

わかりあえるってステキね。


おわり。






















おまけ。

リバーフェニックスに憧れていた若きわたしは、後輩の携帯に登録されている自分のアドレスを勝手に修正し、登録名を
【リバーフェニックス】
とした。
これでオレもリバーフェニックスだ。
と、うっとりして自己満足に浸っていた。

それから何年かして、
そんなことなど遠く忘れた頃にその後輩に用事があって電話するととてもよそよそしい。
『オレだよ!どうした?元気か?』
『すいません。どちら様ですか?てか、リバーフェニックスって誰ですか?』


蘇りしリバーフェニックス。
不死鳥は永遠なのだ。
キリン

キリンの感想・評価

3.2
リヴァーフェニックス最高。最初のピアノの時が一番最高。それ以降割とリズムが悪かったと個人的に思う。あと、登場人物、誰一人として私の人生に重ならなかったのが原因で割と低めの点。でもリヴァーフェニックスが最高だったから低すぎない点。
あとこれは普通に虐待。
kanekone

kanekoneの感想・評価

4.0
特殊な設定を活かしつつ普遍的な青春映画な作品。リバー・フェニックスの魅了がすごい。彼女とのシーンが良い。湿っぽくならないラストが好き。
Muta

Mutaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

終始、R.フェニックスの人生と重ねて観てしまった。
BGMがほぼなく、ピアノや歌のシーンと明確に分けられていることは、主人公が人生の分岐点に立っていることを表しているように感じた。
ラストは脚本家さえも同情してしまったのかと思うほどの急展開だったが、もしもR.フェニックスも本作のようになっていたらと作品自体よりも俳優への私情があふれんばかりだった。特殊な家庭という共通点があった彼だからこそ出せた悲壮感、切なさだったのだろう。まさにR.フェニックスの為の映画だったのでは

余談だが、漫画BANANA FISCH の元ネタと見受けられるシーンにもファンとしは注目
ruhi

ruhiの感想・評価

4.4
ダニーの中盤のローナとの掛け合いにすごい悲しくなる。ローナの普通の、ごく一般的な家族の話の聞いて劣等感を物凄く抱いただろうけど、それを羨ましがるんじゃなくてただ聞いてるだけで、幼い頃からずっとこの生活をしてきてそれはこれからも変わることはないって感じているダニーの悲しげな雰囲気にやられる。
BGMも落ち着いてるピアノの曲が多くて希望がないって言うか何にも変えられないんだなって虚しくなる。そのピアノをダニーに弾かせるのもまた虚しい。
全体的に良い言葉が多すぎるけど個人的にローナの言葉にグッとくる場面が多かった。
弟幸せになって欲しいな。
ダニー役をリヴァーにした制作陣流石。合いすぎてる。
REI

REIの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シドニールメット監督
音楽の授業でシンセ流れた瞬間にあ、80年代かこれ…だった、そりゃそうかリヴァーがこの年齢だものね…とにかく彼が眩しい。
「家族はいつか別れるわ、どうして他人の重荷まで引きずってるの?」「自分の人生を生きるんだ、他人に左右されるな」
>|

あなたにおすすめの記事