さらば、わが愛 覇王別姫の作品情報・感想・評価

さらば、わが愛 覇王別姫1993年製作の映画)

霸王别姬/Farewell My Concubine

製作国:

上映時間:172分

ジャンル:

4.1

「さらば、わが愛 覇王別姫」に投稿された感想・評価

まさに総合芸術。個人的なアジア映画史上最高傑作。京劇の舞台シーンも素晴らしい。約3時間すべてが完ぺき。※時代に翻弄される人々。※芸術家の苦悩と狂気。※複雑な三角関係。ラストは衝撃的。気合いを入れて見る映画。
犬

犬の感想・評価

4.6
これを観た次の日に京劇を観に行った
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.4
 「そういえばまだ見てなかったなこれ」第20弾。これ高校の先生が大好きだったんだけどあーなるほどね。項羽と劉邦と虞美人の話が絡んでるのね。ってそれよりもをいなんだよ、ちゃんと普通の映画も撮れるじゃんチェン・カイコー!!ふざけんなよって感じ(←何様)だってさ、『プロミス』『キリングミーソフトリー』『空海』の3本はほんとふざけて撮ってるとしか思えなかったんだもの。最初の子供の頃のエピソードは省略して、回想シーンとかでもってきた方がもっとしゅっとして綺麗にまとまった作品になったのではないかと。何なら文化大革命のあたりだけでも十分1本の映画になったと思うし。『ラストエンペラー』ほどじゃないけどやや冗長。芸術家ならではの業というか「こいつ・・イカれてる!!」エピソードがもう少し欲しかったのなぁ。コンリーを挟んだ三角関係を想像してただけにあんまり「男同士の絆」とやらが感じられなかったのもちと残念だった。

このレビューはネタバレを含みます

チェン・カイコー監督の新作を見逃してしまったので久しぶりの鑑賞です。
3時間くらいあるのすっかり忘れてた。

途中、京劇は歌、台詞、所作、外連の総合芸術だから地味な衣装や背景では芸が死んでしまうと主人公が劇団員に話すシーンがありましたが、ここでは度重なる抑圧でだんだん衰弱していく文化とそれでも娯楽を求めてしまう人間たちの複雑で滑稽な姿が描がかれています。

日中戦争や文化大革命という歴史が中国のエンターテイメントにどんな影響を与えていったのか、垣間見ることができますが、嵐の中大海に出た小舟のような状況からはじまって一人の役者が最期まで情熱を燃やし尽くしていく様はあまりに苛烈で。

青いライトの中、主人公が魅せる艶やかな笑みは見てるこちら側も思わず微笑んでしまうような、なんとも言えない余韻と静寂をいつまでも残します
ぎん

ぎんの感想・評価

4.0
伝統って極端なものだから魅力的なんだなぁと。極端になればなるほど毛嫌いするし、愛も深まる。レスリーチャンが本当に美しい!子役の子も!
今は亡きレスリー・チャンがいい!
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

4.0
コン・リーが好きなので見てみた。まあすごくいい映画でした。レスリーチャンが素晴らしいね!色っぽい!3時間近くある長い映画なのにあっという間に終わってしまった!やっぱりチェン・カイコーの色好きだなー。
京劇作品『覇王別姫』をめぐる歴史転変と栄光と失脚。

血を舐めながらものし上がってゆく少年時代から、舞台のうえで強烈なスポットライトを浴びるようになる青年時代。
絢爛な衣裳と化粧に目を奪われるが、文化も二人の関係も、戦争と文化大革命に引き裂かれてゆく。
あまりにも重い悲劇。憎しみと怒りの言葉が尽くされる瞬間にこそ、裏腹の愛が積み重ねられてきた時間について思う。泣いてしまうよ。

印象的だったのは、人物とカメラの間に「水槽」とか「炎」を挟んで撮る映像がたびたび見られたこと。そこに何が託されていたんだろう?

まだ観てない人に一つ言いたいことがあるとすれば、
11年ぶりに再会し共演することになったという冒頭の場面、その二人の思いについて、決して忘れずにこの激動の3時間を目撃してほしい。
>|