ゴースト・ドッグの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ゴースト・ドッグ」に投稿された感想・評価

Semb

Sembの感想・評価

3.5
僕にとってジム・ジャームッシュはとりとめもない断片的な出来事が惑わせて、なぜか心にスッと入ってくる映画をつくる大切な監督だ。

本作はマフィアと暗殺者という対立構造をゆるく(重要)描きつつも、仁義を貫いて生き抜くかっこよさを素直に伝えてくれる映画だと感じた。

主演のフォレスト・ウィテカーって「グッドモーニング・ベトナム」を観てからもういい人にしか見えなくて、今作もやはりいい人だった。

687本目。
Pepe

Pepeの感想・評価

3.6
撮り方と音楽がすごい良かった
登場人物の設定などが絶妙
ジムジャームッシュの作品の中ではクールな印象の映画だった
SunnyBug

SunnyBugの感想・評価

2.5
これは悩ましい。侍と忍者とごっちゃごちゃ。私も両方の違いなんてよく分かっていませんが。。。相変わらずの音楽のセンスはさすがです。
ジャームッシュ作品では観やすい方だった。まぁ、忍者とか身近な題材が散りばめられていたからかもしれないが。
殺し屋なのに、平和の象徴を飼っているとこがイイじゃないか。
xyz

xyzの感想・評価

3.3
ジャームッシュはたまに厨二病になるんだよな。デビュー作の「パーマネント・バケーション」からして厨二病感満載だったし、「リミッツ・オブ・コントロール」もそのきらいがあった。「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」なんて厨二病+説教だったし。
この「ゴースト・ドッグ」も炸裂してるじゃないですか!ジャームッシュの厨二病節が!
けれど厨二病ジャームッシュでも「リミッツ〜」や「オンリー〜」には痺れたのに、この「ゴースト〜」はダメだった。鼻についた。なんでだろ?
理由はと言うと・・・
⚫︎武士道かぶれの外国人に引く。(やや差別ぎみだな)
⚫︎いちいち『葉隠』を引用するのがウザい。
⚫︎『羅生門』まで持ち出して押し付けがましい。
⚫︎Fウィテカーがヒットマン役なのに動きにキレがなくて、サイレンサー付きピストルを日本刀みたいに振り回すのが厨二過ぎる。
⚫︎要するに、Fウィテカーが武士道かぶれのヒットマン役なのに、あの体型だからマッチしないのだ。
いい役者だと思うのだが、これはミスキャストと言わざるを得ないぞ。
「オンリー・ラバーズ〜」はトム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンだから痺れたのだと改めて思った。
アイスクリーム屋役のイザック・ド・バンコレと逆の配役のほうが良かったんじゃないか?
もしかしたら「ゴースト〜」のミスキャストから、「リミッツ・オブ・コントロール」で殺し屋にイザックをキャスティングしたとか?
んー、いずれにしても日本刀振り回すのなら藤岡弘に師事すべし!?
BON

BONの感想・評価

3.7
妙に既視感あると思ってたら小さい頃母親と一緒に観たな
ウータンクランのRZAが音楽を担当していてHIP HOPさが全開に出てる
鳩使いすごくてめっちゃ武士
言葉通じさないチグハグ感がジャームッシュっぽい
フォレストウィテカーはほんと色んな役柄演じて多彩だなあ
武士道に影響された殺し屋というキャラクターがアランドロンのサムライに通ずるとこがあり魅力的だった。フォレストウィテカーのクールな演技も素晴らしい。
殺しの烙印へのオマージュ等日本文化からの影響が多く見られて興味深い。
アクションシーンは派手さは無いがスタイリッシュで魅力的だった。
ジャームッシュ独特のオフビートな感じもあって面白い。
日本人である自分にも武士道はよくわからない
精神的な概念だし解釈は様々で良いと思うけど、
恩人に尽くすのは、家来になる?とゆー事ではないでしょ?
ただ、西洋人の理解には共通項があるらしく、ドロンの「サムライ」に通じる、とゆーか同じラストを迎える
ドロンは籠の鳥が唯一話相手だった孤独な殺し屋
本作の主人公も伝書鳩が唯一の身内
フランス語しか喋らない親友の存在も含め、
武士道云々とゆーより、本作はドロンの「サムライ」をリスペクトした作品
フォレスト・ウィテカーは上手い役者ですが、時折オーバーアクトすぎて鬱陶しい時もあるのに、本作では終始抑えたクールな演技に徹していて好感度急上昇
さすがですね
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.8
葉隠、羅生門。義理人情。忠。
黒人と武士道。ラップ、黒い犬。
伝書鳩。
女の子、フランス語を話すアイスクリーム屋。インディアン。
白人の女性。本の交換。
おっさんマフィアズとアニメ。
気になる要素がたっっぷり。何かを皮肉ってることは分かった。
atom

atomの感想・評価

5.0
「葉隠れ」に心酔する殺し屋とアイスクリーム売りは毎日、ひとりは英語ひとりはフランス語で世間話を交わす。ある日は、スペイン語しか喋らない年寄りと三人で、舟について語り合う。年寄りがアパートの上で舟を作っているのをふたりが見つけて。