軽蔑の作品情報・感想・評価

「軽蔑」に投稿された感想・評価

女はあれこれ理由付けてたけど根源的にはただ独りになりたかったなってみたかっただけ…?
男は分かっていながらもそれを結局は誤った方法で認めてしまった
このズレが愛してる愛してない問題になり得るのか…?実は最初から愛なんて無かったんじゃない…?夫婦関係がまだ浅いように感じられた、若いし部屋が云々とか言ってるし
女の言動を理解できるけど共感は全くできない
と色々考えを巡らされたが正直自分の偏った見方がこの映画の見方を曲解させてる気がする
愛そのものは不確かなもの、愛しているという証拠しかない 現段階ではその考えが自分の中では一番強い🥺ロマンなくてごめんね🥺

書いててて気づいたけどこの映画愛自体はあまり関係ないかも…

色彩構図ブリジッドバルドーの美しさは言わずもがな〜
712

712の感想・評価

4.1
ブリジットバルドーの演技を見たら誰もがみんな憧れてた60'sを納得する
色気と女性らしさと美しさ、、

海に浮かぶシーンとか外で裸で寝てるシーンとかBBだからこそ美しく映る、

夫婦の倦怠期、うまくいってない時期だからこそ些細な事でお互い頭にくる
ほかの女性のお尻を触ったり、他の男の車に乗せたり、そういうところが積もって軽蔑するに走って、、

夫婦関係難しい、ゴダール作品真剣に見てないと難しい
MAMI

MAMIの感想・評価

3.8
ブリジットバルドーがめちゃめちゃに可愛い。なぜなら顔がお洒落すぎる。なぜならウエストがキュって締まってるのにお尻はツンと上がっている。脚のラインの美。
ビビットな色遣いが勉強になる。色の置き方がナルホドとうならせる。結局やはり赤色はとっても映画の中でアクセントになるカラーですね、すごい印象的に残ってる。
邦画ももっとここまで芸術的で色の構図を楽しんだものをだれかこっそり作って阿佐ヶ谷とかで上映してほしい。
Punch

Punchの感想・評価

4.2
見てて時々なにかよく分からないけどすごいものを見ているように感じるけれど、それを具体的に思考できないしそもそもゴダールの名に惑わされているだけなのかもわからない。ただなんか良い。
tk281

tk281の感想・評価

3.5
BBうつくしい〜
結局何に対しての軽蔑だったんだ??って観終わってから思ったけど、思い返してみると軽蔑されるような行為を何個もしてたね
女心は難しい
ゴト

ゴトの感想・評価

3.7
映画の歴史はゴダール以前、ゴダール以降に分けられるなんて話を聞いたことがある。だから本格的に映画を観始めた頃はゴダール=一番すごい人なんて思って色々観ていたが、政治色強かったり、メタ要素が強かったりで娯楽として観るにはちょっと厳しいその内容は、今思うとカネ返せと言いたくなる作品もあった気がする。
映画は娯楽か芸術か、なんてことをバカみたいに考えていた頃が懐かしい。

軽蔑はそこまで難解ではないが、男女のすれ違いをセリフ、役者動き、カメラワーク、構図を駆使して細かに表現してるので、気を付けていないと重要な部分を見落としそうになる。フリッツ・ラングがフリッツ・ラングでしかも中々いいことをいいタイミングで言ってくれるし、何よりBBの肢体の美しいこと。

ゴダールに関する書籍の一つでも読んでいればもっと作品を理解出来たかもしれないと思うところが勿体なかったかな。
Mison

Misonの感想・評価

2.5
コロコロ変わる女心をわかりやすく描いているところが、個人的に好きでした。
雪

雪の感想・評価

4.0
男女の噛み合わなさが切ない映画だけど個人的にはかなり好きです
タ

タの感想・評価

3.2
劇中の悲しい挿入歌がとても印象的。
その後の結末を暗示させる。
少しのことで気持ちがすれ違ってしまった夫婦(経験あります…)
男と女はいつも難しい💧

しかしブリジットバルドー綺麗だな✨
やっぱこの人は最高ですね
序盤は女は女であるみたいな話だと思ってたけどまた全然違う面白さが見れた
そして、映像が本当に最高
>|