気狂いピエロの作品情報・感想・評価・動画配信

気狂いピエロ1965年製作の映画)

Pierrot le Fou

上映日:1967年07月07日

製作国:

上映時間:109分

3.8

あらすじ

みんなの反応
  • 色彩が綺麗で、表現方法がすごいペガパンクで活力に溢れている
  • ゴダール監督の自己表現がどドンと表現されている
  • アンナ・カリーナの美しさが際立っている
  • 作品は前衛的な芸術性だけでなく、しっかり楽しめる映画
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『気狂いピエロ』に投稿された感想・評価

mtn

mtnの感想・評価

-
水色のバスローブのアンナカリーナかわいすぎる
車ごと海に突っ込んだ時の虹きれいだった
記録用

記録用の感想・評価

3.1

自分用備忘録

ゴダールが好きっていうとふむふむ映画通だな。みたいな空気があった時に観た。
観た後はこれは良いものだと言わないといけないと思いいい作品だーと言っていたが実はあんまり良さがわかっていな…

>>続きを読む
NR

NRの感想・評価

2.8

やっと観たけど…「勝手にしやがれ」といい
自分の口には合わなかった。

全編のカラフルさと乗り継いだ車、
そして、何の躊躇いもなく終わる最後は好み。
「ウィークエンド」も期待できないか…。

Sフラ…

>>続きを読む
RenV

RenVの感想・評価

4.5
男と女。
映画とは何なのか、そこを描くゴダールやっぱ大好き。

難しい事や、何かを仄めかすように見えて
結局は男と女という分かりやすさのゴダール

めちゃくちゃ決まってるシーンと、なんじゃこりゃが入り混じった「映画って何だ?」と思わせられる
映画も視聴者も、ひた…

>>続きを読む

ゴダールの代表作のひとつと言われている1965年の作品。でも、私が10代の頃に『勝手にしやがれ』との二本立てで観た時は、あまりよく分からなかったものでした。
だけど、一昨年久しぶりに見てみた時は、紛…

>>続きを読む

ストーリーはもうこれギャグだろって思った。奔放で魅力的な女の子に振り回される様子をこれでもかとカラフルな映像で、🌈
引用の多い映画らしいけどこの映画自体を引用している映画やサブカルチャーが現代には沢…

>>続きを読む
三成

三成の感想・評価

-
青い海に赤のワンピース最高だな 
色の感じだーいすき
この夏の計画を立てた^ ^
ゴダール超越しすぎ

逃避行、ふたりは何から逃げてたのか?
「君は複雑だ」
「単純よ」
「振り回される」
「あなた 彼 私 単純なことよ」
男と女の愛の物語だった

ゴダール作品が難しく感じてしまうのは、会話のノリとか、言い回しが日本語と少し合わないんじゃないかと思ってしまうから。詩の引用やポエム的なセリフがあまりに文学的だと噛み砕くには字幕だと時間が足りないし…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事