宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」の作品情報・感想・評価

宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」2012年製作の映画)

上映日:2012年10月13日

製作国:

上映時間:100分

3.7

「宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」」に投稿された感想・評価

PIXY

PIXYの感想・評価

3.5
第三章は敵味方の人間ドラマ主体、オルタとアナライザーも悲しいが、シュルツたち二等ガミラス人も悲しいな、ガミラスにもこんな人間模様があるとは思ってなかった。
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

4.0
オルタのくだりはジーンと来ました。
看護師さんのオッパイ大きすぎでしょ!
コスチュームがボディコン過ぎて、ついつい目が行ってしまうワタシはオッパイ星人なのでしょう、きっと…。
藍沢

藍沢の感想・評価

4.0
今作ではどれも悲しい話だったが、中でもシュルツの迎える最期に思わず泣いてしまった。
ヤマトクルー達が絶対正義ではなく、ヤマトが滅ぼしたガミラス人の乗った船には悪い人間だけが乗っていたわけではない。
その立場でしか生きられなかった人間も、まとめて葬ってしまったのだ。

『ブレードランナー』的な、ロボットにも心はあるのか?本当に冷たい心を持っているのは人間なのではないか?という着目点も好きだったな。
戦闘シーンで終わらないところがこのシリーズの素晴らしいところ。

個人的にとても好きな話だった。
沖田艦長の「数えたくないなぁ…いや数えてはならんのだ。人の命は数じゃない…」と第9話『時計仕掛けの虜囚』が特に好き。
temmacho

temmachoの感想・評価

4.0
『総統も相当冗談がお好きで…』

シリーズ第三章。
今回は「地球との最後の通信」「二等ガミラス臣民・シュルツの最期」「一人ぼっちのアナライザー」「宇宙の墓場」と物悲しい四つのお話。
それに合わせてか、エンディングテーマは「真っ赤なスカーフ」になりました。
やっぱりヤマトはこうでなくちゃね!

今作は戦闘シーンが少なかった分、第四章ではあの【宇宙の狼・ドメル将軍】登場。
白色彗星帝国も出るそうなので、期待十分ですね。
光よりも速く移動したから、昔の地球の姿が見えることに感動
地球の人たちが話してることが、今と変わってなくて笑った

アシモフっぽい話もあり
peplum

peplumの感想・評価

3.8
『時計仕掛けの虜囚』アナライザーとオルタの交流がほっこり。SFの中でも寂寥をそそる方の回が出色。たしか脚本が今敏常連の村井さだゆきで画角とかちょいちょい今敏みがあった。
滝和也

滝和也の感想・評価

3.3
ガーレ!ガミロン!
ガーレ!デスラー!

ジーク!ハイル!ハイル!ヒ○ラー!
と同じ意味。アベルト・デスラー総統の演説がガミラス語で聞けます。まあモデルがあの方ですので上手いんでしょう。ここで流れるガミラス国歌が耳について離れなくなりました。山寺宏一は上手い!伊武雅刀にまけてない。

さてヤマトは太陽系を抜け銀河を航行中。地球と交信できる限界点。家族と話すもの、話せないもの、いいドラマでしたが、このシナリオは旧作の勝ち。ホームシックになる人はいないようです。確かにライトスタッフたるヤマト乗員ならそうかもですが、旧作でその描写があり、印象的です。

冒頭の演説から、デスラーが作戦立案し、ヤマトは恒星に突っ込み、波動砲で辛くも脱出。これも上手くリメイクされてます。やはりデスラーですね、この話は。ガミラスには下品な人間はいらないのセリフもリメイクされてます。

さて次話は?これ記憶にない。敵のロボット兵とアナライザーの交流を描く話。アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?Aiは心を持つのか。違和感のある話ですが、先のお話の前振りになってます。

第4話ですが、ガミラス人と初めての交流が描かれます。旧シナリオに似た話はあるのですが、上手くまとまってます。捕虜は女性になってますが…。
そもそも旧作には女性は森雪のみ。無理ありました。増やして当然かな。

旧作の無理や矛盾を上手く説明しながら、シナリオが構成されていくのが上手なリメイク。上手い!

ただ艦隊戦がないので熱くなるところが、ない。主砲の一発でも撃ってくれー。因みにこの巻 真っ赤なスカーフがエンディングテーマ。いいなあ佐々木功。
slow

slowの感想・評価

4.3
"さよなら、地球…
俺たちは必ず帰ってくる…!
帰ってくるぞー!!"

ーーーーーーーーーーーーーーー
やばい!神回といえる
エピソード揃いで心が泣く(/´△`\)!

地球との"最後の交信"となる回で
限られた時間の会話に
様々な思いを込める船員たち…

中には家族がすでに他界し、
交信しない者同士で絆を深める者も…

一番じんと来たのが
地球にいる弟と最後の交信時,
帰宅した母の声が聞こえ,
「母さん!?母さんっ!!」と
思わず叫んでしまう島!
一瞬だけ母の顔が映り、
母と一言のみの会話で通信切れとなる…

これ『インターステラー』で見たやつだわ…泣
SFモノでのホームシックは拷問(T^T)!
沖縄を離れて独り暮しする身にもきつい!泣

次の回では敵との頭脳戦を交えた
ハラハラする戦闘に加え、
第9話では『ブレードランナー』的な
ヤマトのロボと敵ロボットとの友情劇が‼
そこで行われる船員との会話もイイ。

「まさかアレに心があるとでも?笑」
「…私には,きみに心があるのかさえ、
 分からない…」

さすがに神回もこれまでだろ…
と思いきや!
次元の狭間に敵戦艦と共に閉じ込められ,
敵と味方が協力して脱出しようとする!
その会話も心に響く(T^T)!

「我々に打つ手はあるんですか!」
「ある!"信じること"だ!」

敵にもイイ人はいて、
そのなかには残酷な人もいる。
ヤマトの船員が,散った敵の残骸に向けて
全員で静かに敬礼するシーンは感動…‼

取り残された敵キャラも仲間に加わり、
ますます面白くなってきたヤマト!

最終章まで、あと4章…

「人類滅亡まで、あと"300と23日"…」
森雪一人なのはおかしかったけど、女性キャラ増やしすぎな気もする、、、(笑)
>|