宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」の作品情報・感想・評価・動画配信

宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」2012年製作の映画)

上映日:2012年10月13日

製作国:

上映時間:100分

3.7

『宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」』に投稿された感想・評価

Sankawa7

Sankawa7の感想・評価

3.5

少し中だるみ。

森雪が最近一年しか記憶のない謎の存在となっていてビックリ。
また、様々な女性キャラが増えていて華やかになっている。

ガミラスの被征服民差別は酷い、
肌が青くないものは二等市民とか…

>>続きを読む

シュルツ大佐とかヴァルス艦長とかザルツ人がいい軍人すぎるのに不幸属性が止まらんのよ
これ以降ガミラス側に感情移入しちゃってもう…ほんと……ガミラス語しか話せんようなる

観測員9号をもじったコテハン…

>>続きを読む

オルタの回は心が潰れそう
その心はどこからきているの

敵にも色々な考えのやつがいるってわかってしまうと、これは私たちの地球上での戦争と一緒

通じることが出来るのに憎しみ殺し合う

真赤なスカーフ…

>>続きを読む

38年ぶりの完全リメイク新作テレビシリーズの劇場公開版。

第3章では7〜10話を収録。
時空の狭間脱出までを描いている。


旧作の劇場シリーズを制覇してからのリメイク版を観たが、
お、お、お、お…

>>続きを読む
PIXY

PIXYの感想・評価

3.5
第三章は敵味方の人間ドラマ主体、オルタとアナライザーも悲しいが、シュルツたち二等ガミラス人も悲しいな、ガミラスにもこんな人間模様があるとは思ってなかった。
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

4.0
オルタのくだりはジーンと来ました。
看護師さんのオッパイ大きすぎでしょ!
コスチュームがボディコン過ぎて、ついつい目が行ってしまうワタシはオッパイ星人なのでしょう、きっと…。
藍住

藍住の感想・評価

4.0

今作ではどれも悲しい話だったが、中でもシュルツの迎える最期に思わず泣いてしまった。
ヤマトクルー達が絶対正義ではなく、ヤマトが滅ぼしたガミラス人の乗った船には悪い人間だけが乗っていたわけではない。

>>続きを読む
temmacho

temmachoの感想・評価

4.0

『総統も相当冗談がお好きで…』

シリーズ第三章。
今回は「地球との最後の通信」「二等ガミラス臣民・シュルツの最期」「一人ぼっちのアナライザー」「宇宙の墓場」と物悲しい四つのお話。
それに合わせてか…

>>続きを読む
丸木

丸木の感想・評価

3.8
光よりも速く移動したから、昔の地球の姿が見えることに感動
地球の人たちが話してることが、今と変わってなくて笑った

アシモフっぽい話もあり
peplum

peplumの感想・評価

3.8
『時計仕掛けの虜囚』アナライザーとオルタの交流がほっこり。SFの中でも寂寥をそそる方の回が出色。たしか脚本が今敏常連の村井さだゆきで画角とかちょいちょい今敏みがあった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品