タンゴ・レッスンの作品情報・感想・評価

タンゴ・レッスン1997年製作の映画)

THE TANGO LESSON

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.5

あらすじ

映画監督サリー・ポッターは新作映画の脚本にとりかかっていた。気分転換にパリの街に出たサリーは偶然タンゴの舞台を見る。そこでサリーはアルゼンチンが生んだ有名なダンサー、パブロ・ベロンとの運命的な出会いをする。その魅力に心奪われたサリーは、たった一度だがパブロから受けた“タンゴ・レッスン”が忘れられず、自らブエノスアイレスへ赴きレッスンを重ねる。すっかり上達して再びパブロの前に姿を現したサリーに、彼…

映画監督サリー・ポッターは新作映画の脚本にとりかかっていた。気分転換にパリの街に出たサリーは偶然タンゴの舞台を見る。そこでサリーはアルゼンチンが生んだ有名なダンサー、パブロ・ベロンとの運命的な出会いをする。その魅力に心奪われたサリーは、たった一度だがパブロから受けた“タンゴ・レッスン”が忘れられず、自らブエノスアイレスへ赴きレッスンを重ねる。すっかり上達して再びパブロの前に姿を現したサリーに、彼は本格的なレッスンを始めパートナーとしてステージで踊ることを提案する。ますます“タンゴ・レッスン”にのめり込んでいくサリー。レッスンを積みながら、微妙になっていく 2 人の関係に境界線を引こうとするパブロ。あくまでもプロとしての踊りを求めるパブロに対して、サリーはただの恋する女だった。そして晴れ舞台で 2 人の衝突は爆発する。しかし、その後はサリーが映画監督として 2 人の愛の軌跡を昇華させる番であった…。

「タンゴ・レッスン」に投稿された感想・評価

何度も何度も見てる映画。
何度も重ねて見る度に新しい発見がある。

昔、アルゼンチン人の友達がいて、彼はユダヤ系人種だった。
彼が当時 時折り垣間見せた寂しげな表情を

この映画を見る度に思い出してしまう。

私のような、幸せボケな日本に生まれ育ち、
移民の郷愁どころか「田舎」というものさえ持っていない私などには
まったく計り知れない深い闇がそこにあるのだろうと思う。
タンゴの踊りは存分に堪能出来るからダンス映画としてのレベルは高いが面白みはない。
良く言えば深く美しい映画。
悪く言えば監督自身がタンゴを踊りたかっただけの映画。
まあどちらにしても良いムードの映画。
Scriabin

Scriabinの感想・評価

4.0
ピアソラ最高!でも、そろそろブエノスアイレスの春でタンゴする映画を見たいよ…
里彩

里彩の感想・評価

3.5
パブロがタンゴに対してすごく熱い想いがある。そしてタンゴやソロを踊るときすごくのびのびとしている。
そこがすごく良かった!!
haru

haruの感想・評価

4.0
監督・脚本・主演までこなす、サリー・ポッターだらけの大人の恋愛映画。

タイトル通り、タンゴのレッスンを通じて惹かれ合う二人なのですが、ハマるかハマらないかの二択です。本作はサリー・ポッターの自伝らしきもので、自ら本人役でスクリーンに登場しちゃってるんですが、そこが受け入れられるか否かかと。どんだけ自分好きなのさ!ってなっちゃったら、最後までシラケます。個人的に二人の複雑な関係は言葉で言わずとも、ダンスで伝えてくれても良かったな、むしろセリフいらなかったななんて思いましたが、パブロ・ヴェロンのタップダンスが最高にかっこよかったので、大変満足です。
Shusei

Shuseiの感想・評価

4.2
タンゴが好きなので最後まで楽しく見れました。が、主人公のタンゴの上達が早すぎる。笑
htnk

htnkの感想・評価

2.9
タンゴが美しい映画。

ダンスのシーンはカッコ良かったけれど、ストーリーが頭に入ってこなかった。。。
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
どのレッスンにも好きなシーンやセリフがあった。
書き出すとキリがないので割愛しますが、ずーっとセックスしているようなエッロい映画だったー。
タンゴかっこいいです!!

仕事を尊敬するから好きという気持ちと、男と女として好きな気持ちが入り乱れる。
結局2人は…そうじゃん。
J

Jの感想・評価

2.9
タンゴ踊りたくなった。
男女の恋愛のゴタゴタがありがちな内容。
ダンスはセックス💃だと父が言っていたのを思い出す。
>|