日蓮の作品情報・感想・評価

『日蓮』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

うちのじーちゃんがここの信者だったらしい。優しいじーちゃんだったけど宗教の話になるとイマイチ乗れなかったのでルーツを知るって意味も込めて視聴。

宗教系はどうも色んな思想がチラつくからノイズになるん…

>>続きを読む
半兵衛

半兵衛の感想・評価

1.8

日蓮の一代記をダイジェストで見せられるが、物語が単調でなおかつ日蓮をひたすら聖人として褒め称えているのでただただ退屈。熱心な日蓮信者だった永田雅一の山師気質を味わう映画。

主役の錦之介をはじめ画面…

>>続きを読む

うーん松竹映画だなと思っていたら製作者は永田雅一!やられた、また日蓮宗の方々を動員して一旗挙げようという映画。全盛期の松坂慶子が観れるのが嬉しいくらい。蒙古大襲来のシーンを流用。名匠中村登晩年の作品…

>>続きを読む
僧侶の生涯を描いた映画の中では私の中では最高峰!
批判も多い日蓮だからこそここまで面白い映画ができたんじゃないのか?

萬屋錦之介が大袈裟すぎる。😅

いろんな宗派の中で自分の名前をつけているのは日蓮宗だけ。
それだけ独善的な宗派です。
自分だけしか認めない姿勢は私にはわかりません。

芥川也寸志の音楽だけが耳に残る…

>>続きを読む
床ずれ

床ずれの感想・評価

4.0
この3連休、日蓮流罪の地、佐渡島へ行く途中の車内で鑑賞。ちょうど春の嵐が吹き荒んでおり、日蓮になったつもりになれてよかった。
芥川也寸志の音楽が本当にかっこいい。サウンドトラック売ってないかな。

旧大映の永田雅一製作で松竹配給の異色作。監督は松竹の名匠中村登。日蓮への迫害生涯をスペクタルシーンを含んで演出。熱演ではあるが萬屋錦之助の過剰な演技のため、大味の映画になってしまったのは残念。歴史の…

>>続きを読む
宗教のことは良く分からなかったけど、豪華キャストにつられて鑑賞。
錦之介の父親が田村高廣だったり、幼馴染みの年上の女の子が松坂慶子だったり、ちょっと無理があると思う。

最晩年のアラカンも出演。
torakkichi

torakkichiの感想・評価

3.1

映画が古くてところどころ違和感あったけど(萬屋錦之助が田村高廣・岸田今日子に「父上!母上!」とか、どんな年齢設定ねんと)、それにしても熱量が凄かったので良かったと思う。

日蓮てやっぱり弾圧に屈しな…

>>続きを読む

2020年鑑賞no.2

帰省し、日蓮さん大好きな父から勧められての鑑賞。
生まれ年の作品なので親和性を感じる。

でも、信仰心のない人間なので、これを史実と言われてもピンとこなかった。

ひとこと…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事