この胸のときめきをの作品情報・感想・評価

この胸のときめきを1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:102分

3.8

「この胸のときめきを」に投稿された感想・評価

堊

堊の感想・評価

4.2
凄すぎる。岡村靖幸『peach time(修学旅行mix)』。
修学旅行アメグラ映画がちゃんと作られていたなんて………
スタンドバイミーをバックに修学旅行の夜にみんなで夜道を走るシーンとかプレスリーがかかって宿の前での告白タイムとか誰しもが一度は考えたベッタベタのベッタベタがクソ真面目に映される感動。嵐山でちゃんと撮影しまくりなのも凄い。
バンド演奏もヤクザも時代劇も盛り沢山でお子様ランチのような楽しさもありながら超丁寧にバスの集合で始まりバスガイドにさよならと言って終わる潔さ。修学旅行のために留年するやつが出てきて爆笑したがここまで楽しいのならそれも仕方ないのかも。。
冒頭でてくるクレーン大好き長回しブチギレ監督は相米慎二なのだろうか。

パンのおばちゃんこと松下由樹がビックリするくらい可愛すぎる。哀川潤も若すぎて普通にかっこいい。時間は残酷、、
田中邦衛に寺島進に渡部篤郎、あべ静江に宇崎竜童、そして羽生善治夫人の畠田理恵……本当に豪華だし全員愛おしくなるぐらい全員のキャラクターが素晴らしい。


プロム映画に対抗してもっと修学旅行映画作られてもいいんじゃない???
全編オールディーズ。

舞台は京都。

地元の高校3年生と仙台と博多から来た修学旅行生が絡んで展開。

寺島進わかっ!

修学旅行って他校とやっぱケンカすんのかな・・・メンチきったとかでw

青春映画だな。
なんかすんげえほっこりした。オールディーズの楽曲をしつこいほど流しまくるのが良いし、オチもいい。この頃の邦画もっと観たい。エロいおばさんこと松下由樹が若い頃はかなり美少女だったことが分かる貴重な映画でもある。
巨峰

巨峰の感想・評価

4.2
まだおばさんじゃなかったころの松下由樹の魅力大爆発した作品。
黒髪のスタイルいい少女だったんですねー

長倉大介・保坂尚希らの男性陣も好演。
オールディズの懐かしさと輝かしさに負けない群像劇です。
xoxo

xoxoの感想・評価

3.5
ケントス映画。修学旅行に行く前に見るといいかもね。
香坂みゆきの「ボーイハント」が最高。
フィフティーズ好きにお勧め。