ひと月の夏の作品情報・感想・評価

ひと月の夏1987年製作の映画)

A MONTH IN THE COUNTRY

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.8

「ひと月の夏」に投稿された感想・評価

miumiu

miumiuの感想・評価

3.8
コリン祭り中。コリンお誕生日(おめでとうございます!)の本日はこちらを鑑賞。
コリン・ファース初主演作でケネス・ブラナー共演。コリンは第一次大戦の心の傷を引きずりつつ、ヨークシャー地方に渡ってきて教会に住み込み、壁画修復を行う元兵士の青年。ケネス・ブラナーは同じく元兵士、ひとり野にテントを張り何やら発掘作業をしている男の役。
町の人と交流しながら、ひと夏かけてそれぞれの仕事を完成させる。その心の変化を繊細に描く作品です。

事件らしい事件はなく、物語は起伏に乏しい。時々地元の人(特に子どもたち)に振り回されて困る場面があり、かわいい(笑)
確か26~27歳くらいの頃の作品のはずだけど、コリンがめちゃ若い!同い年のケネス・ブラナーと並んでも、肌つるつるで色白。そりゃ口髭で老けさせる必要があるわ。
終始笑顔(というより愛想をふりまくニヤニヤ顔)のケネス・ブラナーが一転して戦争の思い出を語る場面(名演です!)、
コリンの、戦争の傷がだいぶ癒えたかと思うとちょっとした出来事でまた引き戻される演技など、みどころはやはり2人の演技かなあ。どちらかのファンなら楽しめると思います。(二人とも素敵です!)
超地味で、一瞬コリン・ファースとはわからないぐらい若い。ケネス・ブラナーさんも出ています。

壁画職人の一夏の話です。寂しい感じ、切ない感じ満載ですが、こんな作品にも出ていたんだなと思うと、めっけもの感あります。
るき

るきの感想・評価

4.5
評判通りの穏やかで優しい映画でした。コリンも風景も美し過ぎるよ...。ダウントン・アビーのカーソンさん(ジム・カーター)も出てる!
haccabee

haccabeeの感想・評価

4.0
静かな田舎での穏やかな夏、のはずが狭い田舎町は窮屈だ。教会を修復する主人公、発掘に執念を燃やす退役軍人。牧師夫妻。登場人物は何かしらの苦悩を抱えている。静かで陽の光がとても美しい映画だった。映画を観たあとで原作を読んだ。
A

Aの感想・評価

3.0
2015.7.10(Fri)
Another Countryを見ようと思ってたんだけど、タイトルちゃんと覚えてなかったから間違えてA Month in the Country借りてしまった。
でも間違えて借りてきてよかったと思えた。全体的には穏やかで静かで透き通ってるんだけど、寂しさとか儚なさもあって、それが映画全体をさらに美しくしてるなぁと思った。大きな出来事がなくて淡々と進んでく印象だけど、観終わって振り返ると小さな出来事一つひとつが少しずつバーキンの傷を癒してたんだなぁっていうのがよくわかる。それがリアルだし、たぶんそうやって俯瞰的に見た方がこの映画の良さに気づくと思った。でもラストはああいう形をとるならもう少し違う演出の方が良かったかなって気もした。それにしてもやっぱり若いコリンファースすごくかっこよくて、ヒゲさえも似合ってた。あとバーキンと子供たちが並んでるときの凸凹具合も可愛くて自分も癒された。
Yukari

Yukariの感想・評価

4.0
寡黙で淡々としているようだが後からじわじわきてまた観たくなる作品。
鳥のさえずりとか陽が射しこむ森とか…癒し度も抜群。