ラルゴ・ウィンチの作品情報・感想・評価

「ラルゴ・ウィンチ」に投稿された感想・評価

こちらが一作目。人気漫画の映画化。なかなか面白いよ。

 2作目にあたる「ラルゴウィンチ 裏切りと陰謀」(2010年)のみ劇場公開され1作目にあたる本作(2008年)は日本未公開。

その上DVDリリース順序が2作目が先で、その後1作目だったため、2作目を先に観ちゃったという人けっこういたような。私もそう。

お話が繋がってるのでこれから観る方はこちらを先に観たほうがいいかも。

「アントニー・ジマー」のジェローム・サル監督のなかなかオモロなアクションサスペンス(!?)。原作はフランスのベストセラーコミックとのこと。

世界を股にかける大企業ウィンチコーポレーションの陰謀渦巻くドラマにアクションがイイ感じに入ってる。

主人公のラルゴウィンチはウィンチのトップであるネリオリンチの息子。

本作ではラルゴの生い立ちからウィンチ社のゴタゴタまでけっこういろいろ盛り込んでるけど、テンポよく複雑すぎないため最後まで面白い。

また、ラルゴの生い立ちにちょっとした事情が絡んでたこともあり、後の大企業の後継ぎ争いに一波乱起きるという設定も真新しさはないものの、面白い。

本作ではクリスティン・スコット・トーマスが
ヤリ手の執行役員として登場。シャープな顔立ちに、あの髪型、語り口、もう、似合いすぎ。
彼女の存在も終盤の展開に絡んでくるので目が離せない。

2作目ではシャロンストーンがこれまたキーを握る役で登場。

2作とも、ちょっと荒削りな感じがするものの楽しめた。

ただ、主人公ラルゴのあの身体能力は一体どこで培ったものなのか!?ってのが疑問😅
いくらあの体型と言えど、生まれ持った能力とは思えないほどのバリバリのフィジカルアクションを披露。

トメル・シスレーやるなー!!!
endo

endoの感想・評価

3.0
予想よりもずっと面白かった。

登場人物の関係性の変化も良い


ナオミが美しすぎる。
車をを渡した後の表情なんか本当に美しすぎてもっと見ていたかった。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

3.0
後継者争いでの陰謀。ドラマチックなサスペンスとアクション少々。
がらし

がらしの感想・評価

3.4
莫大な遺産を残して何者かに殺された会長の遺産を巡って、後継者争いをする映画。

アクション、ストーリー共に中途半端な感じで可もなく不可もなくな映画です。
フランス映画のお洒落な感じは皆無でした。
ながら見をするにはもってこいの映画です。
地味に2作目もある映画なので、そちらもながら見をしたいと思います。
ザン

ザンの感想・評価

3.2
派手なアクションとどろどろの人間関係。ラストで対決の場となったどこかの屋上はリッチな感じだった。フランスのNEWアクション・スターなのか。
刺繍屋

刺繍屋の感想・評価

3.2
まぁそれなりに面白かったです。

ただ、アクションにサスペンスと欲張ってしまったせいか、どちらも中途半端になってしまっているような感じでした。
ふみや

ふみやの感想・評価

3.0
香港だーとか思って見てたけど、なんだかんだ見入ってしまった。
とてつもなく微妙(^-^;

出会ってすぐHしちゃうのが意味わからんと思ったが、まぁそれも一応ストーリーに絡んでたw

冒頭の社長殺害も、ものすごいやり方で殺しているので、初っ端から嫌な予感はしたよw

敵役の人がビシッとしてなんともカッコいい。最後のアクションは見応えあったけど、まぁストーリーがとても陳腐です。。
残念。

なので続編は見なくていいや。
テンポが良すぎて、感情移入できず。
そして、内容も覚えきれず。
暗殺された社長の後継者争い映画

刑務所にゴキブリ出てくるシーン嫌だった(笑)
>|