ふたりの女王 メアリーとエリザベスの作品情報・感想・評価・動画配信

ふたりの女王 メアリーとエリザベス2018年製作の映画)

Mary, Queen of Scots

上映日:2019年03月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」に投稿された感想・評価

Fyohko

Fyohkoの感想・評価

3.0
.
.
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
.
.
エリザベス1世縛りの3本目
.
.
フランス帰りの未亡人
メアリー・スチュアート

隣国イングランドの女王
エリザベス1世
.
.
互いに王位継承権を巡って
人生を翻弄される話
.
.
.
離婚が許されな
ローマカトリック教会から
破門され
イングランド国教会を作り
.
6回の結婚を繰り返した
世紀のクズ王
ヘンリー8世の
腹違いの娘達
.
.
女性関係以外では
なかなかの手腕を振るった
ヘンリー8世だが
.
置き土産が酷過ぎた
.
.
父親が残した
敗戦処理をしながら
.
女王としての
威厳を保つため
.
下臣の男達の重圧を跳ね退け
.
女性としての幸せに
疑心暗鬼になりながら
.
己の信念を全うしていく
.
.
現代の
働く女性にとっては
.
非常に励みになる作品かもだけど
.
.
.
.
歴史映画としては
なんとも物足りなさを感じる
.
.
ただし、先に観た
『エリザベス ゴールデン・エイジ』と
全く同じシーンがあるので
.
監督による
解釈や、表現の違いは
楽しめるかも
.
.
.
.
.
#休日映画鑑賞
#エリザベス1世縛り
#virginqueen
#ふたりの女王
#メアリーとエリザベス
#歴史好き
#cotenradio
おかゆ

おかゆの感想・評価

3.2
マーゴット・ロビーとシアーシャ・ローナンという私の好きな女優お2人👑
でもほぼシアーシャローナン演じるメアリーがメインだったな。
ヘンリーとロバートの違いが髪の短さくらいでしか区別付かなくて混乱。
この時代の裏切りとか謀反とかもうハラハラしちゃう。ヘンリーの辛い選択とかもう。
自分のためなのか体裁のためなのか。


大好きなマーゴット・ロビー様のお顔が天然痘のせいで…😞目を背けてしまったよ。
(集合体恐怖症にはきつい…)


2021 おうち映画 No.79
ナナコ

ナナコの感想・評価

2.5
内容はメアリーに焦点を合わせているのに、どうして邦画のタイトルをこう変えてしまったんだろう。

王位継承権しか見えていない男に翻弄されているメアリーは、自由に恋愛できない時代と身分のせいで哀れだった。
始めはゆっくり進んでいくのに、終わり三分の一が早く進みすぎて雑に感じた。
でも、現代にこんなに中世の世界観を出せるのがすごい。
この時代に他民族とかゲイがいて驚いた。


メアリーとエリザベスの対照が白と黒の対照に照らし合わされた場面が綺麗だった。あと、ダーンリーの顔が綺麗だった。

中田敦彦のYouTube大学:https://youtu.be/7dSVR_zuJJs
はる

はるの感想・評価

4.0
原題では"Mary Queen of scots"なので
主役はメアリー・スチュアート👑

人物(ふたりの女王)に
焦点を当てていたので見やすい🏰

男性の裏切りや陰謀に対して
かなりイライラ殺意を感じた⚔️笑
メアリーに対しての描かれ方も
"エリザベス"の作品とは
かなり違うので見どころの一つ🤍


◽️メアリー・スチュアート
  ▷▷ スコットランド女王

シアーシャ・ローナン最高だった❕
エリザベスに反してメアリーは
結婚や離婚、出産までも経験し
見た目の美貌はもちろん
心も美しく力強く気高く
どんな時でも立派な真の女王を
見事に演じ切っていた🏹

実際のメアリーも色白で
フランスの王妃時代は
フランスの白百合と呼ばれ
美貌を武器に沢山の男性を
虜にしていたそう🤍

シアーシャは制作が始まる5年前から
メアリーの事やエリザベスや
宮廷の事を学んできたらしい。
2人が顔を合わせる重要なシーンは
お互いにリハーサルでも
1度も顔を合わせず
本番に備えると言う徹底ぶり❕
そんなリアルさがしっかりと
表現されていたと思うし
とても印象的なシーンだった。


◽️エリザベス1世 
   ▷▷ イングランド女王

マーゴット・ロビー美しかった❕
前回マーゴットを見たのが
"ウルフ・オブ・ウォールストリート"
の印象だったのでエリザベスで
大丈夫かな、とか不安だったけど
しっかりエリザベスだったし
女王を演じきっていて
改めて凄いな、と実感した❕

今作は白塗りの由縁も描かれていて
心情的な部分が凄くわかりやすかった❕



見た順番🪧

ブーリン家の姉妹
  ↓
エリザベス
  ↓
エリザベス ゴールデンエイジ
  ↓
ふたりの女王 メアリーとエリザベス

この順番で見たのと
歴史を学び直してから見たので
理解しやすかった🤍


過去に沢山の争いをして
学んでいるのにも関わらず
人間は争いを繰り返しているのが
とても怖い⚔️
あくび

あくびの感想・評価

3.9
女王って切ないね。マーゴットロビーが美貌を隠してエリザベス役をやったのは凄いな。
るるる

るるるの感想・評価

3.3
男の人が誰が誰かわからなくなった、、

リッチオかわいそう、人が駒のように扱われてる感

そんな世界でエリザベス女王はすごかったんだなーこんな風に気持ちを分かり合える人がいたんだろうか、いたとしたらほんとにメアリーみたいな同じ立場の人じゃないと難しいだろうなー
gdgdmk

gdgdmkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

記録_20210603

原題の通りメアリーが主役のお話。
演出上のエリザベス女王の使い方がなんかもったいなかった。
あなたを殺したくはないのだけれど

権力をめぐって
混ざり合う
2人の人生

真っ赤なドレスで
さようなら

王冠はわたしのもの
こもり

こもりの感想・評価

2.5
16世紀半ばのイギリス(スコットランドとイングランド)を舞台にした歴史ドラマ 評伝原作
・ 長編大作ドラマを作れるだろう濃〜〜い内容(果てしのない権力闘争〜謀略に次ぐ謀略〜男に王位を奪われないための作戦..)が124分にキュッッと凝縮されてる
・名前爵位続柄特徴などをメモりながらみたが、圧倒的知識不足&顔覚えるのが苦手なのでなかなか難しかった
・グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国の歴史は血みどろ、女王が女王で居続けるのはたいへん、血統主義は根本的に女性蔑視的なのはなんとなくわかった
・16世紀イギリスの歴史がある程度頭に入っていてかつ現代的視点強めな映画(人種混ぜこぜ配役、女=差別に抗う罪なき者 寛容的、男=差別をする加害者 狭量、LGBTQに理解を示すべし)にグッとくる人向けの映画
・いいとこ
謀略&謀略の世界、衣装お城調度品(歴史を感じられる🏰)、コレッリみたいな音楽
映像綺麗 要予習映画(ふたりの女王の姻族関係、即位前中後の宗教的政治的事件、イングランド周辺の地図をさらってから見た方が楽しめそう) 🍷 🐎🐂 英仏ゲール語 天然痘 カツラ バイオリン マンドリン 評伝(評論をまじえた伝記) 代父母(だいふぼ キリスト教の伝統的教派において洗礼式に立会い、神に対する契約の証人となる役割 後見人、親族の結束を強める意味合いを持つ) クイリング(細長い紙を巻いて渦巻き型のモチーフを作り、モチーフ同士を張り合わせて装飾図案を作る手芸) 甲冑着たシアーシャローナンみれる
メアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)(フランス育ちのカトリック教徒→結婚→死別→異母兄の統治するスコットランドへ転居、スコットランドとイングランドの王位継承権を持つ) エリザベス(マーゴット・ロビー)(庶子であるため子供を産んでも後継として認められない、イングランドの女王) ジェームズ👶
ケイトブランシェットのエリザベスと同様で、ある程度歴史を調べてからでないと話に置いてけぼりだと思う。

二人の女王とあるけど、ほぼメアリーの話が中心。
まあ、悪女としてのメアリーを、この映画で変えたかったんだろうなと。

シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーは体当たりの演技だった
>|