ふたりの女王 メアリーとエリザベスの作品情報・感想・評価・動画配信

ふたりの女王 メアリーとエリザベス2018年製作の映画)

Mary, Queen of Scots

上映日:2019年03月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」に投稿された感想・評価

soto

sotoの感想・評価

3.4
この邦題はあかんよ。
「天下人 明智光秀」って原題を外国で
「2人の天下人 明智光秀と織田信長」
って変えちゃダメだってのと一緒。
流石にシアーシャとマーゴの演技だけ楽しむには耐久レースだった。権力争いに関してわからない事が多すぎる。ただメアリーの女としてのしたたかさは見ていてかなり面白かった。
omu

omuの感想・評価

3.5
原題に忠実にすべき。短気は損気だな!!個人的世界一かっこいい顔のJack Lowdenが相変わらず美しかったのがなにより。ちと残念すぎる役ではあったけど。
Miju

Mijuの感想・評価

-
美術演出が素晴らしい。
趣味のペーパークラフトがあんなに美しくて辛いことある?
eric

ericの感想・評価

2.5
「ブーリン家の姉妹」を観てから観てほしい映画。

衣装とメイクが素晴らしい。

メアリーのしたたかさと可愛げのなさ。
エリザベスのどっしり感。イイね。
M

Mの感想・評価

3.7
時代背景や歴史を学んでいた方がより楽しめたかもしれないが、無知なままでも、ストーリーとして楽しめた。起こった事実だけではなく、その背景にある人々の想いや考えが映し出されていて、わかりやすかった。
a

aの感想・評価

3.8
変な時間に寝て起きてしまったので、
前々から見ようと思っていた本作を。

完全シアーシャローナン見たさで見たけど、まさかエリザベス役がマーゴットロビーとは思わず。
2人とも表情がめちゃくちゃ素敵。
さすがメアリースチュアートとエリザベス1世を描くとあって、周りを固める役者陣も実力派。

あの時代に女性が女性として生きることの難しさ、治世者として女性が権力を集めることの難しさ。
カトリックとプロテスタントの相克。
エリザベスが臣下の前を歩くシーンが、衣装的にもエリザベスの孤独さをすごく感じさせる。

ただ、時代考証はいささか疑問。
あの時代に黒人やアジア人が女王の護衛につけたのか、カトリックが男色にあんなに寛容であったのか、うーん。
まぁ、現代にも繋がる女性の孤独さや生きずらさを描きたかったのだと思うのですが、やはりそれでも歴史を踏襲することは重要かなと。
それを含めて時代だから。
主演の2人が素晴らしかっただけに、製作陣の思惑がちょっと渦巻いてるなという感じで残念。
描きたいのは現代ですって言われたら、もう仕方ないんだけど、、、
(以前、「美女と野獣」でもそういう表現はあったけど、でもあれはきちんと世界観がそこで形成されているから成り立っているのであって、史実を曲げる必要があるかはちょっと分からない)

実際は、メアリーがエリザベスの庇護に入る時、対面したということはなかったらしいけど、あのシーンは演出としては優秀なのではないかと思った。
美術と演技力、カメラワークも面白い。
エリザベスを初めて見た時のメアリーの表情が秀逸。
これだけでも見たかいがあった。

マーゴットロビーは厩のシーンが好きです。
新しく生まれた子馬を見て、自身も夢を想像するシーン。
悲しくて、でも仕方なくて、美しくて儚いなと。
光が印象的。

今回もダラダラ書いたけど、ま結論やっぱり、23歳でメアリースチュアートをやってしまうシアーシャローナンはやっぱりすごいなぁって、もう何も言えないっす。
「ストーリーオブマイライフ」も見たけど、やっぱり一個一個のお芝居が細かく大胆なのに緻密で豊か。
謎ですね、天才ですかね。笑

イギリスの気品とプライド。
イギリスを描いた作品っていつもどこか影を感じるのは何故だろう。
宗教的に入り混じってるから?
とりあえず、めちゃくちゃ勉強になった映画でした。

アメリカイギリス版のポスターの”Bow to no one”がこの映画の全てですね。
koke

kokeの感想・評価

4.0
シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー、ふたりの女王を演じた、今輝くふたりの名演技は恐れ入りました。ストーリーオブマイライフを観た直後だから、余計にシアーシャの演技力が素晴らしいものだと感じ入れました。女王らしく芯を持ち、男性と対等な関係を維持しながらも女性らしさを追求していったメアリー・ステュアートと女性らしさを捨て恋も封印し、自分はもはや男であると称して君臨したエリザベス。ふたりの相反する生き方は、どちらも国を想ってのこと、そこにウソはないにも関わらず、家臣の男性陣のホントにしょうもない権利争いに巻き込まれ、悲劇に巻き込まれていくさまはなんともやりきれない気持ちになりました。メアリーとエリザベス、各々の立場からの悲哀に満ちた表情は深く感情移入出来るものがあり、それは彼女達の演技力そのものであると感じています。イギリスの歴史物映画をさらに観たくなりました。

このレビューはネタバレを含みます

ヘアスタイリング賞!馬に乗るシアーシャ!ジェンマ・チャン!良い!!!!イギリス史の知識ないけどなんとかついていけた。エリザベスの影のシーン絶対いらん..ウエー
andmoree

andmoreeの感想・評価

3.0
権力は人を愚かにするし国王は孤独だな。本人がどうってより臣下の信頼度に左右された感じ。
Marume

Marumeの感想・評価

3.8
スコットランドの大自然と衣装が美しい。
男性社会の中で女王として強くあり続けようとする姿はたくましくも切なくなる。陰謀、策略、殺人、王位継承争いに巻き込まれ、女王としての悲哀を知る唯一の仲間でもあった2人。
歴史背景をもっと勉強してから、改めて観たいと思う。
>|