ふがいない僕は空を見たの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ふがいない僕は空を見た」に投稿された感想・評価

IKA

IKAの感想・評価

3.5
前半は良かったけど、
前半部分の田畑智子目線と永山えいと目線の話は凄くよかった。
後半からの窪田くん目線の話が、いらなかったその分長く感じたし、この映画に窪田くんの貧困エピソードはいらなかった気がする。
それがなくて、その分短くなったら凄くよかったと思う☆
オムニバス形式を採っている本作。時系列がバラバラで分かりづらかったのと、少しばかり冗長に感じられました。2時間以内にまとめられたと思う。

腕や腹部がツルツルなのに対して脚の毛がボーボーな永山絢斗には思わずクスリ。
そして田畑智子がガッカリおっぱいにはホロリ…。ぽっちゃりなイメージがあったので胸も大きいのかと思いきや…。しかも干しぶどう付きだし。でもかわいいからモーマンタイです。
窪田正孝さん目当て。

うーーーん、しんどい〜
でも見てしまう〜でもセックスシーンばっか頭残るのどうなんか
あと、オムニバス的に作ってる感はあるとはいえ、何度も時間を戻ったり進んだりするのがわかりづらくて、観てる側にちょっと求め過ぎでは?っていう気持ちにはなったかも

さいとう母の凛とした姿はとてもよかった
原作を読んでしまっているので、あのヒリヒリとした感じを思い出しながら観ました。詳細は忘れてるしまってるので(これいつも)原作と違う!嫌だ!とかいうのはそんなになかったですが、ひとりひとりの閉塞感や苦悩なんかはやはり映像のほうが伝わりにくいかな。原作に忠実にするために包み隠さず描写したのかもしれないけど、文章よりも映像のほうが、より、過激なセックスのシーンに意識を奪われがちになるのが、もったいない気がした。タナダユキさんが監督なので
直接的なシーンがなくともうまく表現できたのではないかと少しがっかり。性と生についてジリジリする感じがもう少しほしかった。いつも原作と映画は別物として見ているつもりなのだけど、映像ならではの良さ(?)はエロいシーンだけ、あとはこじんまりまとめました感があったような。
mayuko

mayukoの感想・評価

-
小説で良くて映画になって良かったってなったのあんまり無いな…終わり方は好きだった
天狗

天狗の感想・評価

2.9
団地=貧困の画き方がとても乱暴でリアリティーも感じられなかった。大阪の市営住宅なんて生活保護受けた人のベンツがゴロゴロとまってまっせ。

助産婦さんの世界などは非常にリアルだったので残念。

なんだろう、コスプレの世界は全く不案内なのですが、なんとなくあのとかげ部屋が有名?な「マジカルガール」を思い出した。

田畑の現実逃避セックスシーンばかり話題になってて観るの劣後してました。
変化球投げようとして、大暴投した映画!

百万円と苦虫女の監督。

名作作って世間にちやほやされて、
勘違いしたんだろうな。。

しかし、
名作映画を作った監督も、
これほどの駄作をつくる!
映画は難しい世界やね!

ある意味
勇気をもらいました!

スタッフや俳優が
こんな変態クズ内容を
真剣にやってるから、見ててつらい!
原作がすごく印象的だったので

the ・窪美澄って感じからは映画ではまろやかになった感じ
窪田正孝演じる福田に心がじんとなった

観終わったらいろいろ頭の中で考えてしまう……そんな作品
R01.09.27鑑賞
数日前に田畑智子さんと旦那様と子供さんとのスリーショットをインスタで見かけたので、あぁ~そういえば聞いたことある題名って感じで観た。
えぇ~っと、ご自宅で観られる方。音量に注意して家族が寝てから観た方が良いかと思われます。冒頭から焦ったわ。田畑さん喘ぐ喘ぐ…だよねR18指定だもの。
話は、いろんな人たちの生きていく上での苦しみを描いていて、同じ時間を田畑さん側から永山さんからとそれぞれの視点で描いてます。一人のエピソードが終わるごとになんか書いてるけど…覚えちゃいない。
窪田正孝さんがよかったなぁ。いっちゃん可哀想な人かもしれん。でもきっとこんな人おるんやろうなぁ。貧困から抜け出したいのにどうすることも出来ない葛藤。永山くんにイラつくのも良くわかる。うんうん。
ラストはそれでも希望をもって生きていくしかないんですよって感じかな。
あやね

あやねの感想・評価

3.6
色々な意味でえげつない作品
冒頭10分でやばいと思ったけど
後半も違う意味でやばかった
命について色々な角度から見せてくるから考えさせられる
ちょっと鬱になった
>|