旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランスの作品情報・感想・評価・動画配信

『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』に投稿された感想・評価

フランスの写真家・映画作家、レイモン・ドゥパルドンのドキュメンタリー。

自身と妻クロディーヌ・ヌーガレが監督したとのことで、「セルフポートレート的な作品」という紹介もありました。

映画としてはなんとなくのんびりした時間が過ぎていくような感覚で、せわしない日常のなかでは見続けるのが難しく、数回に分けて視聴。

写真も映像も撮る人のドキュメンタリーって初めて見たかもしれません。

レイモンにとって写真は旅そのものらしく。世界のいろんな場所で撮られた写真や映像が見られます。写真集買ってみよう。
Maki

Makiの感想・評価

3.3
この人は本当に色々な国の様々な人々を撮ってきたんだなぁ、ということがよくわかる映画だった。
現在と過去の映像のギャップよ…😅
レトロなカメラでシャッターチャンスを狙う現在と、彼が撮った映像。
ソ連占領下のチェコ、ベネズエラ内線、アフリカの独裁者、反政府組織に拉致された考古学者…

結構強烈でした😣
「フランス」といいながらフランスじゃない場所の映像がたくさん出てくる
でも別の場所をとることがフランスを撮る時の撮り方に影響してくると
たしかにそういうものかもしれない
ドゥパルドンの政治的立場が映像の中に染み渡っているかんじ

露光時間が1秒だから人がいなくなるまで待たなきゃいけない、
写真を撮る作業はある意味エクササイズ、
スマホとかで簡単にそこそこの写真は撮れるけど、「これだ」というものを撮るのってかなり難しいよねというのをおもった
K

Kの感想・評価

-
にんげん
いろいろな映像や写真があったけどそこで起こっていることは事実

音楽がびみょかった
いろんな映像の詰め合わせ

よくわからなかった。

もっといろんな国の絶景とかが観られるのかと思いきや、社会問題系が多め。

ドキュメンタリーだからストーリーがあるわけでもなく退屈だった、、、
hiroko

hirokoの感想・評価

3.0
戦争によって高給取りな男の態度にモヤモヤ。命の重さとか、どーでもいい人なんだろうな。
何十年分の映像がまとまってた。
写真家のドキュメンタリーではなく、写真家が撮った世界各地の映像ドキュメンタリー。ドキュメンタリーなのに創作映画っぽく見えるのは画角の綺麗さと英語だから棒読みとかに聞こえないからのと、戦争やパトカーの中など非日常の映像多いからかも。話はそんなにだけどとにかく画が良かった
ROSA

ROSAの感想・評価

-
流れるシャンソン モノクロのパリを行き交う人々
これ絶対好きな映画じゃん!と思っていたら・・・

1963 ベネズエラ内戦
1966 中央アフリカ共和国独立記念祭ではのちに独裁者となるボカサ
1967 ヨルダン川国境地帯の銃撃戦
1969 "プラハの春"の1年後 ソ連軍占領下のチェコ
  ・


報道写真家としてのレイモンが記録した世界が映し出されます

過去の映像と穏やかな今を行ったり来たり

今現在のレイモンが愛おしそうに写真に収めるフランスの風景が素敵

"夕暮れにはいつも感じるよ"
"一抹の寂しさを"
"自分はここで何を?と"

静かなその眼差しには何が映っているのでしょうか
わかるよ、俺もときに実物よりも良い写真を撮る事を恐れてるから
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7

写真と旅、タバコとコーヒーのような、
クラッシックな組み合わせ。
写真を撮りに旅にでるのもいいし、旅の記録として写真を撮るのもいい。 
>|

あなたにおすすめの記事