自由と壁とヒップホップの作品情報・感想・評価

自由と壁とヒップホップ2008年製作の映画)

SLINGSHOT HIP HOP

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:94分

3.7

「自由と壁とヒップホップ」に投稿された感想・評価

naokazama

naokazamaの感想・評価

3.6
授業で鑑賞しました
ヒップホップがテーマの1つということもあってか、飽きのこないドキュメンタリーでした。

パレスチナで起こっている悲惨な銃撃戦の隣では、青年が勝利を信じてラップで必死にもがいている姿。歌には強い力があると改めて感じさせられました。
yuum

yuumの感想・評価

3.8
自分の国なのに知らない場所が沢山ある。同志たちと交流したいのに西岸に行けない。ガザから出られない。たかが20数キロの距離なのに検問で7〜8時間足止めをくらい、結局通されない。

"ラップによってかろうじて僕たちは息をしている" 土地を、国を奪われる無気力感、爆撃される怒り、友を殺される悲しみを それら全ての精神的ダメージを歌と言葉に昇華して癒す行為は限りなく純粋だと思う。
tonton

tontonの感想・評価

3.5
パレスチナ人ラッパーのドキュメンタリーなんだけど、決して「音楽は素晴らしい」 「音楽で世界は変えれる。」的な事にはならず。
度々インサートされる「イスラエル軍からの弾圧に対し投石しかできないパレスチナ人」という映像。ミサイルを撃たれても・戦車にも・軍事ヘリにも石を投げるだけ。
彼らの楽曲はこの石と同じ様に描かれていた。
そのままでは届かないし、ダメージも与えられない。
だったらどうする?
ヒップホップは音楽ではない。同じ土俵、与えられた同じ情報をどれだけCOOLに見せれるか、むしろ「お笑い」などに近いのではないか。
「文化系のためのヒップホップ入門」という本に書かれたそんな言葉をおもいだした。
彼らは石を投げれる事・石を投げても良い事・石の投げ方を多くの自国民に伝え、尚且つこの映像で世界中に石を投げている事を伝えた。
そんな彼らの活動そのものがヒップホップ的なんだと気づきました。
悲惨さには負けない彼らの楽曲はかっこよかったです。
Gotoshima

Gotoshimaの感想・評価

3.9
今もなお続くパレスチナの問題。考えさせられるドキュメンタリー。内容は重い。けど、音楽の役割の1つを認識させてくれるアツい内容でもある。
りな

りなの感想・評価

3.9
作り事でない真実が胸を打つっていうのはこういうことだと思った。終始涙がでた。
もちろんドキュメンタリー映画が作り事でないとはいいきれないけど、これこそがドキュメンタリー映画だと思った。

ガザはほんとうに信じられない事態が起きている。もちろん歴史の繰り返しの中にあって、どっちがどうとかもはや言えるレベルではないんだと思うけど。

負の連鎖。麻薬の売人になるよりはいいけど、言葉での抵抗や結束は相手が一番恐れていることだと思う。だけど生きるために必要で希望で一生懸命でそれだけが救いなのもわかる。平和が欲しいだけなことも。人々の希望になっていることも。
色々な欲に惑わされず、やりたいことをやる。それだけが主体的に生きる道なんだと思う。結果なんて関係ない。

民族って、ルーツって、もう辞めないかな。
争いの止め方、日常でも難しいし、考えさせられる。そして私たちにできることはなんだろうか。
K2

K2の感想・評価

-
言語がわかるともう少し韻とか言い回しの工夫がわかって楽しめたかも。

初めて英語のヒップホップに出会ってそこから英語勉強し始めた彼らもそんな感じだったのかな。
授業で鑑賞

でてきたラッパーの人たちかっこよかった

パレスチナの実情みたいなのが少し知れた…
Mutsumi

Mutsumiの感想・評価

3.5
授業で鑑賞。

彼らの方が辛いはずなのに、普通に生活してる日本人よりも人生を楽しんでるように見えた。
KAzKI

KAzKIの感想・評価

3.9
パレスチナラッパーの起源は黒人のそれと同じである。



悪くない悪くない
授業で鑑賞。

政治問題は苦手だし、実際出て来る若者たちもそれぞれ政治が絡んだ色んな問題抱えて見てて辛い部分が多かった。
けどラップで伝えてこう、どうにかしてこうとする姿はめちゃくちゃDOPEだった!
ヒップホップのディスるみたいなのあるけど本来はこういう世界に対抗するってとこから生まれたはずだから、本気のディスるはマジでかっけえと思った
>|