人類資金の作品情報・感想・評価

「人類資金」に投稿された感想・評価

Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

1.5
・16/02/16:WOWOW【初鑑賞】
Insop

Insopの感想・評価

2.0
原作は福井晴敏の小説。

旧日本軍が終戦間際に日銀から掠め取り隠したと言われる「M資金」とそれにより世界を変えようというお話。

なんか展開がめちゃくちゃ下手くそです。

話と話の流れが説明不足かつ唐突すぎるせいで、なんかよくわからないうちに話が進みます。

なんでPDAなのか、
なんでカペラ共和国に肩入れするのか、
正直サッパリわかりませんし、
登場人物達の行動の動機もふわふわし過ぎてて全く共感できません。

キャストは決して悪くないし、多分原作は面白いんだろうことを考えると、悪いのは監督なんだろうなぁとか思ってしまいますね。

色々ともったいない作品。
初)原作未読。きっと原作も面白くないでしょうね~現在の金融の仕組みに警鐘を鳴らしているんでしょうけど…スケール感出すためにあちゃこちゃ舞台が変わり解りづらいお話が余計に解りづらい内容になっていました_| ̄|○|||風呂敷拡げすぎて監督も途中で面倒臭くなったんじゃないかなぁ_| ̄|○|||
riekon

riekonの感想・評価

2.0
もう全然面白くなかった…もっとスリリングのある作品かと思ってたから退屈でしょうがないよ。
長いしね。
途中から倍速で観ました。
演説もなぁ。
ギャロが出演してたね。なんだか勿体無い。
ストーリーがいまひとつ。豪華なキャストがもったいない。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

1.0
観月ありさと香取慎吾が画面に入ってくると急に嘘っぽくなる。ご本人には悪いけれど観月ありさと香取慎吾にしか見えないので仕方ない。あともう一歩で面白くなるだろうにという気持ち悪さが続き、お金かかってるだろうに報われてない残念感、舞台設定と映画の空気感とでスケールに差がありすぎてなんだかずっとちぐはぐだった。
「M資金っていう徳川埋蔵金みたいなモノの謎を追う話」って勝手に期待して観たら、全く違う内容だった。エンターテイメントとしてではなく、社会派ドキュメンタリーとして制作するジャンルかと。
事前に低評価として認識しながら観た分には
思ったより全体的には悪くなかった…

M資金という国家レベルの秘密資金を巡り詐欺師やスパイが世界を飛び回り暗躍する

…という表現はさすがにオーバーかもしへないけど
筋を追っていけばまぁまぁ見れる作品ではあるのだけれど
映画作品としてはよりは張り切って海外ロケや外人起用したスペシャルドラマといった感じかなと

個人的になんだかなと思ったのは
アクション含め、スパイらしく拳銃を向けて緊迫したシーンであったり
格闘したり追いかけるシーンがあったり
最終的に重要人物が重要な場所に向かうのを暗殺者らしきものが妨害に近づいたところを護衛らしきスパイらしき人々が阻止するというシーンだったり
その全てが、白々しいというか生ぬるいというかもっとちゃんとやれやとしか思えない力が抜けるシーンの数々がちょっとって感じ
邦画のこういう気の抜けたカッコつけなんちゃってアクション本当に寒い
pier

pierの感想・評価

3.2
この手の社会派は受けないと思います。
でも森山未來の演説シーンはさすがに上手いなと感じました。
YUCHI

YUCHIの感想・評価

2.2
結局なんだったのかと言う感想。
きっと見方を変えれば楽しめるのかなと。
>|