R1002013年製作の映画)

上映日:2013年10月05日

製作国:

上映時間:100分

2.3

「R100」に投稿された感想・評価

ReN

ReNの感想・評価

2.1
Blu-rayにて鑑賞。

松本人志って映画的センスは何かとあるはずが妙に違う方向へ走ってしまいがち。
鞭を打ち付けられているシーンでは芸能界で生きている苦難の表現なのだろうか?
何かとさまざまな感性が揺さぶられる作品だが、つまらないっていう映画を製作するのが人志ワールドなのだろうか…。
期待せず見たのに、がっかりさせられた。
面白くないのはほぼわかってたのに。
松本人志は映画としてのセンスは無いんだなぁと思った。
映画というより世にも奇妙な物語みたい。
しかもオチが最悪。
わざとやってんのかなぁ。
面白くないけど、

だけどしんぼるもそうだったように監督の根底の気持ちが、好きです。

R100もしんぼるもラストに込めた気持ちが好きです。
ただ単純におもろくない。R100という意味はわかったような…
ARiES

ARiESの感想・評価

-

意味不明な世界感と

全く理解出来ず.........不快感
早送りして、終わらせました

2度と見ない映画です😊
troy

troyの感想・評価

3.1
「ちょっと中途半端かなあ」最初の作品、「大日本人」あたりは突き抜けてたし、突き放していてよかったのに…。やるならとことんやって欲しい。媚びたり、予防線張っちゃだめよ…。評価とか気にしないで好きなもの作るのか、商業的にいくのか、ハッキリした方がいいです。ちゃんと作るなら作ればいいし、「ちゃんと作らない」という作風にしたいなら、それをやり切った方がカッコイイです。という風に感じてしまった映画。つまらなくはなかったんですけど、おもしろいとも言えず…中途半端で消化不良
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
時々、挿入される“揺れてる?”って台詞が気になりましたね…SとMが行き過ぎてる様な猟奇的な犯罪が増え、不安定な日本を意味してるのかなんて考えるのは深読みしすぎか。

個人的にはいかにものある女芸人の登場で興醒め…特にキャストや映像美へのこだわりが出色だっただけに、もったいない。

しかし、Mの究極はある意味確かにあそこに行き着くのかも(笑)
つまんねえ映画だなあ・・・と思った人。
まんまと策略にはまりましたね!
これは松本監督が「クソ映画」を狙って撮った映画に
違いないと思います。
だからつまんねえと思ったら
そりゃもう製作サイドの思うつぼですよ。

ストーリーのくそっぷりに反比例するように撮られた映像美。
ストーリーのくそさ加減が映像美を際立たせ、
映像美がストーリーのくそさを浮き彫りにした
計算高い作品だと思われます。

いや言うてどこまで監督が狙ってるのかは分かりませんが。
まあよくも悪くも”松っちゃん”なりの
エンターテイメントなのではないでしょうか。
サメ映画やセガール。
数多のクソを観てきたオイラでも観たこと忘れてた映画。

片桐はいりには銀魂のキャサリン役やってほしい。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

-
まっちゃんは浜ちゃんのツッコミがないとだめなのよ。それだけの話よ。まっちゃん責めんといて。
>|