ブルジョワジーの秘かな愉しみの作品情報・感想・評価

「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」に投稿された感想・評価

ミク

ミクの感想・評価

4.0
初ルイス・ブニュエル。初めは???の連続だったけど、あ、これ笑う所か。と気がついてからはどっぷり世界観に浸れたように思う。

覚醒してる状態で夢を見てるかのような意味不明な感覚に陥る不思議体験が楽しい。現実は交錯してるのか良く分からず、全てが非現実的な事の連続で足元フラフラしてる。意識が朦朧としてる中、うなされる事多々あるので、なぜか共感できる場面もあったり。

ブルジョワの強欲っぷりな行動に嘲笑い、満たされずに歩き続ける彼らに同情の念を寄せる。

繰り返し観てもっと色々と発見したい!と思わせてくれる作品!面白い!
シニカルで笑えないブラックコメディ。それこそよっぽどブルジョワジーで時間が有り余ってる人でなければ、勧めない。
ち

ちの感想・評価

4.3
強引な物語展開に、映画という現実の中への各登場人物たちの夢の組み込み。ブルジョア、教会、軍隊の欲求の阻害とそれによって生まれる皮肉。停滞の只中にある彼らは名の知れぬ道を歩むがその行き着く先はどこなのか。硬直から開放され広がりつづける謎の可能性。
ベタなギャグも洒落て見えるシニカルな不条理コメディ。笑えはしないが面白い。
Tyga

Tygaの感想・評価

3.5
夢オチに次ぐ夢オチ。
非生産的なことをして、プライドばかり高くなると悪夢ばかり見るということか。
結局「食」と「性」しか楽しみがない。

刑務所での電話のシーン。
ルイス・ブニュエル、フランス時代の作品。

ブルジョワとおぼしき数組の夫婦が、食事をしょうとすると中々ありつけなかったり、変な悪夢にうなされて眠れなかったり、SEXしょうとすると邪魔が入ったりと、とにかく人間の欲求を阻害され翻弄される人々の姿を描く、ブラックコメディ。

夢と現実がごちゃ混ぜになって分かりにくし、笑いもシニカルなものが多くて微妙だけど、真面目におちょくってる感じは楽しめたかな?^_^

人間、一皮むけば、ブルジョワだろうがプロレタリアだろうが同じってこと。
やはり、この監督の人を見る目は冷酷で鋭いとは思いました。
ドリフみたい
時間を間違える
レストランで葬式
コーヒーのないカフェ
momo

momoの感想・評価

5.0

笑いのセンスが洗練されすぎている
もうなんか、ずっと、え?みたいな

そしてもはや意図がわからないズームインはほんとうに最高
イズミ

イズミの感想・評価

3.5
ブニュエルのファンなので中古で売られているのを見つけ衝動買いした
もはや癒し。
夢のようにツッコミどころ満載で時々ほんとに笑うんだけど、全く笑わせようとしていないことからやっぱりシュルレアリスムで夢だなぁと思った。音楽も一切流れないし(人は寝てる間に耳だけは機能する)

というかブニュエルを夢だと思って観ない人はどんな気持ちなんだろう、普通にアンジャッシュのネタみたいな印象になりそう

いつかガチガチのフロイト式の解説が読みたいなと思いつつ自分でも整理してみたい…
とりあえず、都合の良い理屈が通りそうな時に車やノイズが入ってる?ような気がした
Hitomi

Hitomiの感想・評価

2.0
非生産的な日々を繰り返すブルジョワの様子を淡々と。
何かをしようとすれば、何か若しくは誰かが邪魔をする。

わたしは面白いと思った!

っていうか…フランス語会話基礎の勉強に役立つと思う!!
>|