ジョン・ラーベ 南京のシンドラーの作品情報・感想・評価

「ジョン・ラーベ 南京のシンドラー」に投稿された感想・評価

Shizka

Shizkaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

うーん、感動するお話のような気もするけれど、あんまり感動しない。なんでだろう?

ひとつはあまりにも「シンドラーのリスト」に似通っているところだろう。従業員のいるところを特区にするのがまったく同じすぎる。二番煎じとはこのこと。

さて二番目は特区を隠れ蓑に大勢の兵隊を匿っていたこと。戦争なんだから生きるか死ぬかの瀬戸際でフェアプレイなんて言ってられないけれど、なんとなくスッキリしないね。

三番目は彼の功績である。えっと、何かしたんだっけ? 自分の工場を特区にした、資材を投げ打った、あとは、、、 必死に頑張っているような気もするけれど、具体的に何してたんだかわからなかった。

さて最後に、日本軍謎の行動。占領だけすれば良かったのでは?と思わなくもないがなにか理由があったのだろうか。撃ち殺すくらいなら逃せばいいのに。

総評として、シンドラーのリストよりもドラマ化に失敗している。

日本兵は酷いことするよなと思った。一斉射撃とか首切りコンテストとか尋常じゃない。戦争ならではの狂気。ここはしっかりと描かれていて効果的だった。

日本側も同盟国の顔は立てなくてはならないが、上官の命令は絶対、まして天皇の親族ならばほぼ勅と一緒。

その辺の板挟みのジレンマや、中国人の虐殺される側の心理とか、ドイツ本国とラーベの摂政とか、なんかもうちょっと見せ方があったのではないだろうか。

史実や手記をベースにしているから故、それに引っ張られている故に、自由にお話が作られていないな、と感じる。
とん

とんの感想・評価

-
南京虐殺は日中共同研究で結論がすでに出てる
虐殺の事実は疑いようもなく、犠牲者数は混乱もあり数万から十数万だろうと見積もられている
中国の三十万は軍の混乱や間接的な犠牲者も入れているだろう
まあ、そもそも日本がそこまで侵略しなければ発生しない犠牲だったけどね
というか数は大事か?
虐殺があった事実はとっくの昔に日本も含めて結論づいてるんだから
この日記も研究対象の一つだったでしょう
近代史で日本の蛮行を一ミリもやらない義務教育
片やドイツは完全にナチスを教え込み、蛮行を若い世代に伝えている
大本営の隠蔽は今の日本にもあるんだな
全体主義日本がこれを上映しないのもある意味国民による検閲、ひいては正しい世界史を教えない国による間接的な検閲だろう
フィリピンで終戦を知りつつ敢えて投降せず、敵意のない地元の民間人を30人殺し、120人ぐらい怪我させた小野田少尉がいたね
現地人を土民と見下し、平気で殺害する風潮は軍部に当たり前にあったんだろうな
帰国後のインタビューでも差別用語を使って誇らしげに語ってたけど

もう一度いうが虐殺は日本含めた正式な共同調査で犠牲者数に幅はあるものの蛮行自体はあると結論づけている
犠牲者数がどうとかいう論点ずらしの歴史修正主義者は人として終わってる
この作品はそういう人間には何も響かないだろうな
残念
やっと見れた。まずドイツ人監督がこの作品を作ったことには大義を感じる。一方で配給会社さえ現れない日本は歴史と向き合えない腐った保守的風潮を露呈。まあ歴史修正主義系のネトウヨさん達が見たら発狂必至の内容だろう。そんな中で香川照之初め旧日本軍を演じる日本人役者達からはそれなりの覚悟みたいなものは感じ取れたのは救いだった。

ただ日本軍の愚行にハーケンクロイツやナチ式敬礼で諌めるシーンは狂気としか言いようがないね。
asukichi

asukichiの感想・評価

3.6
内容がデリケートな為か、上映映画館・日数にかなり制限があるなかでの観賞でした。でも映画館は満席、立ち見も出るほど…。このような作品こそ観て、個々に考えることが必要なのでは?と思いました。
爆撃機が飛んでくるシーンが圧巻だった。劇場で、しかも割とスピーカーの近くで観たせいもあると思うけど怖かった。こんな怖いこともうやめようよ、と思った。
朝香宮の「南京に我が軍の優位を見せつける!」との台詞が、戦争の示威性を代表しているように思う。【どっちが大きい?】を問う論理のなかで生きてきたし、それに突き動かされることも多いけれど、できるだけヘルシーに生きたいものだ。
ぼくは目黒の庭園美術館が大好きでよく行くんだけれど、wikiで調べたときちょっとは出てきたはずなのに深く考えなかった。勉強しなければ。
加害のリアリティを知らない私たち
加害の重みを内面化できない私たち
支配、暴力、虐殺、修正、抹消、冒涜、差別、史実、責任、歴史、国家
数年越しで観たかった作品。
「映画を通して中国や日中関係を見つめ直す」という主旨で日芸生たちが企画した今年の日芸映画祭《中国を知る》

前説の話だと日本では上映権が終了していたので、ドイツの配給会社に交渉して今回の上映まで漕ぎ着けたんだとか。公開当時日本ではどこの配給会社も手を挙げず、一部の団体が自主的に上映していただけのレアな作品というだけあって、今日はほぼ満席だった。

ストーリーは「南京のシンドラー」と呼ばれたシーメンス社の中国駐在員、ジョン・ラーべの実在した日記をもとに南京事件を再現。日本軍から南京市民を守るため奔走したジョン・ラーべとその仲間たちの姿が描かれている。

実際の記録映像も流れるけど、劇伴が多くて割とドラマ仕立てといった感じ。日本軍が行った蛮行の描写は今まで読んできた本の内容と変わらない。いや寧ろ抑え気味かも。同じ南京事件を描いた『南京!南京!』は全体的に悲哀が感じられたのに対して、この作品はタイトル通りジョン・ラーべの英雄伝といった印象が強い。

今日(12月13日)は奇しくも中国の国民記念日である南京大虐殺犠牲者国家追悼日。敢えてだとは思うけど、この日に上映を組んだユーロスペースの勇断に拍手👏
拝一刀

拝一刀の感想・評価

4.5
2020/12/13
渋谷ユーロスペースにて鑑賞。

ろくでもない「反日プロパガンダ映画」だろうと勝手に思い込み、斜に構えて見始めたものの、なんのことはない。メリハリのついた上質な娯楽作品だった。

この映画を見終わった今、「軍隊にとって最も都合の悪いことは、真実がバレて自らの蛮行が人々に知られてしまうこと」だと改めて気付いた。

悪い奴ほど証拠の隠滅と報道規制に全力を尽くす。

このエンタメ映画を見て今日の日本の政治の有り様について改めて深く考えさせられた。
日芸映画祭2020 中国を知る で鑑賞
南京事件の作品はどれも日本には上映権がなく、
世界上映権を持っているドイツの会社に直接交渉したとのこと。

ストーリー全てが史実というわけではないと思うが、教科書レベルの知識しかなかったので観て良かった。
戦争は、人を殺し合だけでなく、レイプや慰安婦の問題がついて回るのだと改めて。
これは以前観たことがあるので、よく覚えている話だった。ジョン ラーベ(Ulrich Tukur)、ナチ党員が南京の人を助ける話。それも、以前南京でナチのリーダーだったこともあるらしい。ただ、ドイツに戻っていなかったのでドイツの現状を知らなかったらしい。いつ、どこでも、どんな境遇においてでも人を助けることは勇気がいることだ。人を助ける話はいつまでも心にのこるし、助けられたものはこの恩を一生忘れないだろう。そして、こういう
日記は古今東西、だれかの目に止まって作品になる。私は、何十というユダヤ人が助けられた話を聞いているし、読んでいる。

つい最近の映画『アーニャはきっと来る』のジョー青年のユダヤ人の子供を救うシーンに涙をこぼした人も多いに違いない。それに、有名な『戦場のピアニスト』はピアニストのシュピルマンの自叙伝を元にしている。この作品は多くの人がドイツ将校、ヘーセンフェルドの体制の中の倫理観に感動したろう。ユダヤ人を救う映画は数多くある。こんなことを言ってはよくないが、これでもか、これでもかというほど、ナチスの酷い残虐な行為はマスコミに取っ替え引っ替え取りあげられる。そして、日本の配給会社も競って買う。

しかし、ドイツ出身やアメリカからの市民が当時、南京在住の人々を日本軍から守った話はこれだけしか私は知らない。特に、ジョン ラーベの日記であり、当時、南京の安全地帯を作り上げた本人のだから、もっと興奮するだろう。侵略したりされたりする側、中国と日本の見解でない映画になっている。それも、『目撃者』の目でこの作品が書かれているし、枢軸国(日本、イタリア、ドイツ)ドイツのジョン ラーベ(シーメンの社員)やアメリカ人のロバート(医者)は実在したし、歴史的にも名を残している人物だし、ロバートの日記の一部もネットにも公開されている。ラーベの経験に基づいて日記は力強い。

千九百三十四年、ラーベはナチ党員となる。ヒットラーの思想に傾倒したようだ。
ラーベとドイツ政府のジョージ ローゼン(ダニエル・ブリュール)という外交官で弁護士とアメリカ人の医者ロバートウィルソン(スティーブ・ブシェーミ)と宣教師などの力もあり、南京の人々を助けることができた。
ジョンラーベは一般市民、あるシーメンという会社の社員でドイツに帰還するところだった。それも、彼が、ナチスの大きな旗を車からだして、それを傘にして、枢軸国であるという証拠を見せて人々を救った。

ユダヤ人がナチスの餌食になるのを救った人がいるという映画をみると、それが信憑性があるかどうか問わず、映画でも、涙を出して泣いて、『わー悲しい』と絶叫する。そのなかには『ドイツ人が嫌いになった』というひともいる始末。
しかし、日本軍の汚点であり、殺害現場なとが映画になると、『史実は違うようだ』なんて急に翻る。実はこういうかなりの日本人にあっている。現実は『日本』を批判されるのは辛いだろうが、日本軍のやった負の遺産は認めて、二度と戦争を起こさないように、家庭、学校で教育する必要があると思う。そのためにも、感情だけで行動するだけでなく、因果応報をふまえて個人のレベルで考えても良いと思う。

朝香宮鳩彦王は日本人の俳優香川照之で、オセという日本兵の役を井浦新という人が演じている。オセという日本兵がジョン・ラーベたちを助ける良い役をする。こういう体制のなかにも倫理観のあるものはいる。

ラーベの孫たちがこの日記に目を通すチャンスがあって、祖父のことを語っている。ここに書くまでもなくラーベの人間としての功績を称えている。

下記は日本でなぜ一般公開されなかったか監督が語っています。
米国NPRより(June 14, 2010)
One Japanese distributor showed some interest, Gallenberger says, on the condition that the filmmaker cut out the figure of Prince Asaka -- the royal family member who commanded the Japanese army in Nanjing, and who is shown in Gallenberger's drama coldly ordering the mass execution of Chinese prisoners of war. The director refused.
下記の日本語はグーグル翻訳に私が少し足したものだ。

ある日本の配給会社は、映画製作者が南京で日本軍を指揮した朝香宮鳩彦王、の姿を切り取ることを条件に、(皇族のメンバーで南京の日本軍の指揮官で中国人の捕虜を殺害した)ある程度の関心を示したと監督ガレンバーガーは言います。 監督は拒否したと。

その後二千十七年に日本で自主上映されている。
戦争の悲惨さをユダヤ人殺害よりもっと身近に語れるのに、一般公開されなかったこと残念です。
>|

あなたにおすすめの記事