リベリオン ワルシャワ大攻防戦の作品情報・感想・評価・動画配信

「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」に投稿された感想・評価

HK

HKの感想・評価

3.0
ヤン・コマサ監督によるポーランドの戦争映画。ワルシャワ蜂起が舞台。キャストはユゼフ・パウロフスキー、ゾフィア・ヴィウワチュ、アンナ・プロシュニアクなどなど

ナチスドイツに5年間も支配され、ついに革命軍であるポーランド国内軍が反旗を翻して抵抗運動を開始したワルシャワ蜂起が始まった。しかし、そこでは救助を約束したソ連軍の裏切りなどもあり、戦争に巻き込まれた若き命たちは無惨な死を遂げていく。

先ほど紹介したジュード・ロウ主演の『スターリングラード』のような英雄譚とは違い、激動の昭和史沖縄決戦のようなひたすら戦争の悲惨さや残酷さ、それに踊らされる若者たちを描くアプローチは良かったと思う。

特に平和的なやり取りが行われている時に急に戦闘が開始され、兵士たちが玩具やゴムまりのように飛んでいく戦闘シーンは、喜八の戦争映画におけるニヒリズムとかに近しい乾いた死を連想できるので大好き。

ひたすら爆撃でぶっ飛んで人が無惨に死んだり、はじめは能天気だった主人公の若者がそんな光景を見るにつれて段々と人間性を失っていく姿を映したりするのはとても良かった。

ワルシャワの赤い雨宜しく、爆撃で吹っ飛んだ人々の肉塊が血の雨となって降り注ぐシーンもオーバーで表面的ではあるものの、少なくとも視覚的には満足することが出来た。

終盤では爆撃で死んだ同胞たちの死体の山がぎょうさん積まれていた。あそこは『復活の日』を思い起こした。

ここまで言えばすごい私の好きな戦争映画だと思うでしょう。ですが、点数は3.0。ええ、低いほうですよ。なんで3.0にしたって?悪い所が多くて相殺しちゃったからですよ。

ここから先はこの映画好きな人は読むことを控えることをお勧めしますよ。

なんでか分かります?一回見た人なら分かるでしょう。

なんなの?あの糞みたいなスローモーションと取ってつけたかのようなミュージカル映画要素は?あと、終盤のセックスする際のPVみたいな演出の仕方なんなの?なめ切ってんの?

あんなん真面目な映画見ている際に挿入されたら噴飯ものですよ。ものの見事に映画を今言った演出で陳腐化している。ワルシャワ蜂起そのものを茶化して愚弄しているとしか思えない。

そりゃ、私の好きな映画監督である岡本喜八だって、戦争映画にミュージカル要素をくっつけたりすることで重い鈍重な戦争映画を娯楽的にすることで傑作を生みだしてきましたよ?

でもどうしてそういう軽い演出をしたのか分かります?それは戦時中、どうしようもない不条理を叩きつけられ人間性を失いかけても生きるために正気を保たなくてはいけないそんな人たちが毎日を人間的に過ごすために生み出した生きる知恵としてこういうミュージカル演出を生み出したんですよ。

ある意味、この時の戦時下の人たちに対して真摯に向き合ったうえでの演出方法だったんです。それが何ですか?この映画におけるミュージカル要素は「若者も見なくちゃいけないから若者も好きそうな演出も入れとくか」ぐらいの、商業的に人をなめ切っているような理由で付け加えたとしか到底思えない。

あんなの入れたせいで、前述した戦闘シーンも、若者たちのミリタリーごっこの延長にしか見えなくなった。

最後の戦闘シーンもド迫力だけどプライベートライアンには到底及ばないし、下水道移動シークエンスもひたすら奇抜な演出しとけば地獄が描けるだろうと思っている。あそこもアンジェイワイダの『地下水道』なんか比べるのも失礼な程に酷い。

だから限りなく表面的なアプローチに近しいので、そこには残念ながら骨太な、それこそ当時の悲惨さを真摯に撮ろうという中身や芯のものが何一つない。だから見終わった後は、訳も分からずに腹だった。

ですが、前述したあくまで”表面的”な良い所もあるし、私は1を見て10批判するようなやり方は嫌いなので、3点は上げます。しかし限りなく1点に近しい3点だと理解していただきたい。

こんな映画見るくらいならまだ邦題が同名でクリスチャンベイル主演の『リベリオン』の方が断然よい!ヤン・コマサはアンジェイ・ワイダの戦争映画を全て100回以上見て爪の垢を煎じて飲むべし!

あまりにもなめきってる。見れて良かったと思います。
rumrum

rumrumの感想・評価

3.9
めちゃくちゃ面白かった!
あまりに悲惨な戦争の姿。
これが現実だったんだな。
見逃してたから観て良かった。
最高でした。
ILC

ILCの感想・評価

4.0
途中のキスする所、セックスする所でスローモーションになる意味がわからん。急にMVみたいになる。
特にキスする所は引くわ。弾が2人を避けてるし。
それ以外はかなり出来が良いのになんか残念だ。
しかし終盤の怒涛の銃撃戦や死体の山はマジでブチ上がった。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5
本年度オスカーの外国語映画賞にノミネートされたポーランド映画の監督の過去作ということでチョイス。


スローモーションの使い方がとにかく面白いw

目立つのが4回ぐらいあるんだけど、特に銃弾がめちゃくちゃ飛び交ってる中のキスシーンが最高にギャグすれすれ。弾がキス中のカップルだけを「マトリックス」のような軌道を描きながら避けていく。あぁこれが愛の力なのねーよよよ?


とはいえ決して笑えるギャグ映画というわけではなくさっきまで隣で生きてた人が数秒後にはただの肉の塊になってる戦争の恐怖感は存分に味わえる
銃撃戦の中でのマトリックスキスシーンは突然すぎて正直置いてかれた。

戦闘演出にはかなりお金をかけている模様。

ただ、人肉雨はゴア演出が過剰通り越して悪趣味な領域だと思う。

あと独軍のゴリアテが出てくる稀有な映画
ヤン・コマサ監督。

邦題は微妙だが、1944年8月のワルシャワ蜂起を扱った、圧巻の戦争映画。
ちょっと『アポカリプト』を連想した。序盤の爽やかな人間関係描写が、中盤以降の残酷極まりないシーンの布石になる。容赦がなさすぎてついていけなくなるくらいだった。

主人公と恋人が離れ離れになり、それぞれが、これでもかというほど地獄を見る。
ワルシャワ蜂起の実際の様子を聞くに、沖縄戦レベルの壮絶な戦闘だったようだ。
酷すぎて感想を失うような戦争アクションの乱れ打ちが、ちょっとエンターテイメントとして面白く描かれすぎてて、そこが史実の戦争映画として合わない気がするくらい。楽しんでいいのか、面白がっていいのか、と思う。

主人公たちの恋愛シーンになると、急にミュージックビデオのようなオシャレ演出になって驚いた。変だなとも思ったが、恋愛の甘さが100に対して戦闘の恐ろしさが5億くらいのバランスなので、あまりにも不釣り合いな天国と地獄を表現する演出と理解した。

ポーランドのことは全然詳しく知らないし、ポーランド映画というものも意識したことがなかった。自国で起きた戦争の悲劇をここまで描き切る力に圧倒された。
この映画、けっこう前に三宅隆太監督がウィークエンドシャッフルで薦めていたと思うが、おかげで凄い映画を見られた。感謝です。

他国に文字通り蹂躙されて、人間性を破壊される。
例外もあると思うが、戦争映画においては、残酷で無残でおぞましい表現は必要な場合がある。この映画を見て、戦争も悪くないとか、戦争中でも人間は理性的に行動できるとか、そんなことは全く思わないだろう。

絶対に体験したくない状況を徹底的に描いてみせているという意味で、とても正しい戦争映画だと思う。
情緒とか共感とか感動とかを、史実よりも優先して描くこともけっこう多い印象のある日本の戦争映画よりも誠実だ。具体的に言うと、『永遠の0』よりも圧倒的に良い映画だった。
すごかった
血の雨や壁から吹き飛ばされるところすごかった
女性の愛情ってなんて強いんだろう。
愛を伝える力が力強い。

ちょいちょいあるスローモーションはなんだ
最初にスローのキスシーン来た時
ラブコメの部類だったっけ?!と確認しちゃった
ちょっと変わった戦争映画。血と肉片が降り注ぐ爆撃シーンは衝撃。
ワルシャワ蜂起の戦争映画。謎の演出が途中入り、少し緊張感が無くなった。リアルな戦場は凄かった。

このレビューはネタバレを含みます

ワルシャワ蜂起の映画。ちょいちょい入るMVみたいな演出が気になるが、それでも戦闘シーンは物凄い。女の子が爆風で吹き飛ばされた後の「血の雨」とか。全体的にはまあまあ。ラスト二人が生き残ったのもちょっと強引。
>|