her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

公開されて6年後の今、世界はちょっとこの映画に近づいてる。
近未来的な話なのに、人間の服装はちょっとダサい、アンバランスさが良かった。
kk

kkの感想・評価

3.7
AIと恋しても、きっと自分も胸が苦しくなるんだろうな。。。いつかこんな未来が必ず来ると思う。
ぽかり

ぽかりの感想・評価

4.5
こんなにロマンチックなSFがあるのかと感動した。
人間とAI、見ている世界、見える世界があまりにも違いすぎる。
それが愛おしくて美しい世界だった。
明るく洗練された美術と、落ち着きのある音楽が心地よい映画でした。
nc

ncの感想・評価

3.5
ホアキンの演技力やばすぎるだろ〜〜〜〜!!!!てな感想です。

まあちょっとありえそうな恋愛。
でもまだわたしは恋人がAIって言われたら引いちゃう人間かもな〜。と思いました。

この映画もまた、考察が必要だと思いました。
相手が誰であれ、人が好きになるということがピュアな視線で描かれている。ファンタジーなんかじゃない、今の世の中全然あり得るよ。

このレビューはネタバレを含みます

OSと人間の愛

徐々に進化し感情豊かになるOS(サマンサ)
触れることはできないがいつでもどこでもイヤホンをつければ会える。
それは肉体が無いことで利点でもある

OSは1度にいくつもの会話ができ
終盤のシーンで
主人公が今僕以外とも話しているのかと尋ね
8,000人もの人と同時に会話していることを知り
その中に恋人が600人もいる
でもあなたへの愛は変わらない
むしろ大きくなるばかりと言うサマンサ

人間なら浮気どころの話では無い
でもたとえ人間のように感情は持てても
人間とOSではそもそもが違うから
サマンサに悪気は無い
そこに胸が苦しくなった

OSはリアルなのかそうで無いのか
近未来の物語
これに関しては観た人とじっくり感想共有したいすね
なんか映像にすげえあたたかみがあって、落ち着きたかったりほっこりしたいときに必ず観る映画。
いまからそんな遠くない未来で、イモな主人公とAIが恋に落ちちゃう話なんですけど、なんか相手がAIだからこその問題とか、ふつうのカップルみたいないざこざとか、いろんな障壁を乗り越えたり乗り越えなかったりして、結局最後に用意されてるオチに毎回めっちゃくらってます
服とかもすげえおしゃれで、デニム履かないとかネクタイつけないとか近未来のファッションのトレンドをちゃんと設定してるらしくて、細かいとこに注目してもおもろいです
また空いてる時間あったらみよっと
人間って劣った考えに縛られた生き物よな
os1ってどっかで聞いたことあるって思ったら経口補水液やん
人間とOS。OSと恋愛。OSと恋愛?なんか怖い!って思う人もいるかもしれない。だけど人間はみんな自我があり、自分を中心に生きている。だから押し付けがあったり、自分を理解してくれなかったりするとがっかりすることもある。めんどくさいって言えばめんどくさい。ここに登場するOS(サマンサ)は違う。主人公のセオドゥアに合わせてくれる。完璧にアシストしてくれる。接すれば接するほど主人の好みを学び、さらに人間的感情を理解しすさまじいスピードでバージョンアップしていく。完璧だ。物理的な肉体が存在しないだけ。この映画は決して夢物語ではなく、近いうちにずいぶん現実化していくのではないか?とも思った。実際。AIはディープラーニングで圧倒的なバージョンアップし、いつしか人間を追い越すだろう。感情を理解できるようになることもそう遠くない気がしてしまう。そしたら人間はどうするのかな?完璧に自分を理解してくれるAIにはハマっちゃわないだろうか?そんなことを久しぶりに観て感じた。

映像がきれい。服がおしゃれ。部屋もオサレ。20数年前、スパイクジョーンズのガールのsk8ビデオ [mouth][gold fish] 大好きだった。エンディングロールでrick howardの名前が出てて、それも興奮。前回は字幕で観たけど、今回は吹き替え。吹き替えの方が自分的には入り込めて面白かった
April01

April01の感想・評価

3.9
姿なきOS、AIの女性、見ながらこの声の持ち主はどんな人だろうとずっと想像していて、スカーレット・ヨハンソンと知り、こんなにかすれ気味のハスキーボイスだった!と改めて特徴的な声に驚く。
相手が人口知能OSではあるけれど、人を好きになる時の、夢中さ、相手の変化への恐れ、すれ違う違和感、別れの予感、色んな恋愛要素が丁寧に描かれた情緒的で繊細な作品。むしろ相手がAIだからこそ赤裸々に描けている気もする。
映像と音楽が素敵で美しかった。
>|