鑑定士と顔のない依頼人の作品情報・感想・評価・動画配信

鑑定士と顔のない依頼人2013年製作の映画)

La migliore offerta/The Best Offer

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:131分

3.7

あらすじ

「鑑定士と顔のない依頼人」に投稿された感想・評価

TP

TPの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 自分の鑑識眼と競売士としての力量で富豪となったものの、潔癖症で恋すらしたことがない老齢の主人公が、病を患うミステリアスな若い女性と恋に落ちるという大部分を占めるストーリーは、甘すぎるラヴ・ロマンスが得意のトルナトーレ監督らしい展開。
 しかし、この監督にしては、ヒロインがやけに現代的でいまいち人を惹きつける魅力がないな、と思っていたら話は急転換。なるほど、そういうつながりだったのかと女優選びに納得。

 ちょっと無理なところはあるが、脚本は良くできているし、さすがに主人公を演じたジェフリー・ラッシュが上手く、金はあってもいまいち魅力のない老紳士を好演。
 どこと言って欠点はない映画なのだが、どの登場人物にも好感を持てないのが、そこそこの評価に落ち着かせる要因だと思う。
xia

xiaの感想・評価

3.7
えっなんか、そういうこと?
大きなぽっかりな穴が空いた気分ていうか盗まれたよりあっそういう感じ
計算し尽くされたミステリアスだと知った瞬間に魅力的な部分が消えた、あの窓辺で数を数えてる女性がよかったな
あと歯車

The Best Offer

どんな贋作の中にも真実が宿る
Yuki

Yukiの感想・評価

3.3
最初の方、自分にとっては退屈でこれどんなエンドになるんだ〜?って思って観てたら、

衝撃的とはまさにこの事。
主人公と一緒に落胆した。

なんであんな紳士が…
でも今までの自分がした事が
返ってきただけなのか…

優秀で完璧な人に限って妬まれて、
悪い目に遭ってしまうって悲しい。
まるこ

まるこの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

途中までふーんと思いながら見てたけど、ラストのどんでん返し!!!!
まさかの!!面白かったぁ!

でもあんな歳で恋して騙されるなんて、めっちゃ切ないし可哀想になっちゃった🥲笑
Chie

Chieの感想・評価

3.0
歯車がアイテムとして上手く使われていた。

話の中にも散りばめられていたピースが、最後に回りだす。

どの絵よりも美しいと思ったけど贋作。そんなこともあるとは思うけど

なんか寂しいな…
ジュゼッペ・トルナトーレ監督
どんでん返し映画
天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、ある屋敷にやってくるが、依頼人の女性クレアは隠し部屋にこもったまま姿を現さないが帰った振りをしクレアの美しさに心を奪われる。
何にも考えないでみたがこの映画大好き。切ない映画好きなので良かった。
見ている途中にあれ?って思うシーンが数回ある。まさか😱
やっぱりそうだったのね。
私の大好きな監督
パトリスルコント
思い出すような作品
ちょっとネタバレ⚠️
バッドエンド映画です🎬
Tたら

Tたらの感想・評価

3.8
贋作


なんて上品なバルボッサ!
そう来るやつなのかあ。

各食事シーンが良い対比。
ゆゆ

ゆゆの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

洋画あんまり見ないけど、題名が面白そうで見てみたら大どんでん返しで驚いた。おじいさんには優しい世界であってくれ。
emmy

emmyの感想・評価

3.6
文句なしに面白いけど、切なくてちょっとしんどい。インテリアがすごく美しくて眼福。

このレビューはネタバレを含みます



凄腕(だけど潔癖、人嫌いで嫌味なとこもある)の鑑定士の元に謎めいた女性から『自分の家の家具や美術品を査定して欲しい』と依頼が舞い込んできたことが発端で鑑定士のヴァージルは謎めいた依頼人に心を奪われ振り乱されていく。
一見ラブロマンスか?と思いきやとんだどんでん返しがあるこの作品。
最初は威圧的で潔癖症、というかコミュ障故に嫌なおじさんが美しく
似たとこのある依頼人に心を奪われたためにどんどん変わっていくとこを見るのが醍醐味だと思う。このおじさん、鑑定士としての腕が良く、気に入った絵画(美人でこちらを見ている絵画ばかり)を集めてコレクションルームに飾るのが趣味で仲間とグルになってオークションで競り落としてるわけだけど、その変わっていく様が分かるの依頼人であり想いを寄せる人が行方不明になったとき、そのコレクションルームを乱してしまうほど、彼女に恋焦がれてるんだと分かったとき。なんだこのおじさん、可愛いな、と思ったわけですね。紳士的でとても良い男になっていくんだけど、欲を言えば親愛として留まって欲しかった。でもそこまで堕ちてしまったのは相手の腕が良かったんだな、と最後、全てが分かった時に分かるんだけど。
依頼人であり想い人の無理難題に応え、心配し、求め、振り回されるうちに愛してしまったヴァージルに待ち受けていたラストに衝撃で。どうもヴァージルの方に肩入れしてしまっていたのでしばらく余韻が抜けなかった。
彼の若い友人が完成させた人形、あれは『人形のようなヴァージルもオートマタと同じように人の姿にようやくなれたね』みたいな皮肉もあったんだろうか。確かに愛を知って、友人って存在を知ったヴァージルは人間らしくなったと思う。けど最期、全部、人生を掛けてきたものと同時に失ってしまった虚ろな顔、時計に囲まれながら長い廊下の奥の席で待つ姿はこれから先の余生も愛する人を忘れられずに長い時を過ごす、というふうに予感させるのがまた辛い。
何よりね、ジェフェリーラッシュですよ。キャプテン・ヴァルボッサだと思うと余計に。別の映画なの分かっててもね!
一緒に喪失感味わえる映画です。ヴァージルに好感持ってしまったらね!どんでん返しが観たい、ヴィンテージ、アンティークな小物や美術品が好きな人なら惹き込まれる筈。
>|