ファントム・スレッドの作品情報・感想・評価

ファントム・スレッド2017年製作の映画)

Phantom Thread

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:130分

3.8

あらすじ

舞台は 1950 年代のロンドン。英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びる、オートクチュールの仕立て屋 レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)。ある日、レイノルズは若きウェイトレス アルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会う。互いに惹かれ合い、レイノルズはアルマをミューズとして迎え入れ、魅惑的な美の世界に誘い込む。しかしアルマの出現により、完璧で規律的だったレイノルズの…

舞台は 1950 年代のロンドン。英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びる、オートクチュールの仕立て屋 レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)。ある日、レイノルズは若きウェイトレス アルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会う。互いに惹かれ合い、レイノルズはアルマをミューズとして迎え入れ、魅惑的な美の世界に誘い込む。しかしアルマの出現により、完璧で規律的だったレイノルズの日常に変化が訪れ…。やがてふたりがたどり着く、究極の愛のかたちとは―。

「ファントム・スレッド」に投稿された感想・評価

あや

あやの感想・評価

4.0
一流の仕立て屋レイノルズは若いウェイトレスのアルマを見初め、ミューズとして迎える

ドレスを見に纏った女性たちは何て美しいのだろう。
一つ一つ縫い上げて、世界にたった一つしか存在しないオートクチュールの美しさといったら本当にため息しか出ない。この映画でも布の質感が手にとったようにわかるほど、レースの緻密さや生地をアップして撮られている。

仕事をこなすため、朝のルーティーンがきっちりしているレイノルズ。レイノルズは仕事に熱を上げるあまり、自身は結婚できない"呪い"にかかっていると確信している。
そんな中現れたアルマにもペースを乱されまくりで衝突する日々が続く。アルマがとった行動はまあわからんでもないので、「この映画はホラー!」とはそう言えない。

華やかなドレスを手がける裏では静かなる死がひっそりと内から蝕んでいく。
ダニエル・デイ=ルイスがドレスを確かめるために布に触る手つきがもうエロい。
一言で表すなら美麗。その美麗な世界の中で駆け引きされる二人の演技も最高。この世界観を堪能するにはやはり映画館でないとダメでしょう。私の中での二大俳優の1人である、ダニエル・デイ=ルイス、今作で引退を宣言してますがまた撤回してくれますよね?彼のラストの食事シーンからのその後の一連の演技は鳥肌がたちました。
na

naの感想・評価

3.0
第90回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞なだけに、ドレスがほんとに素敵だった!わたしてき1番はショーの赤いドレスかなあ。レイノルズとアルマの恋のカタチは怖かった。毒きのこラブは受け入れられない〜〜笑 究極でした。笑
理解を超えた愛の間にはもう隔たりなど無いのだろう。
美しく狂っていて、そして愛おしい。
スルメ

スルメの感想・評価

3.8
途中寝てしまったけど、美しく儚い狂喜に満ちた、ものがたりでした。映像と音楽が本当に美しくて心地よい。
さわら

さわらの感想・評価

5.0
美しいドレスと、グリーンウッドの精緻で豊穣な調べに乗せて繰り広げられる“悪夢”にメロメロだ。大好物すぎる!測られ身ぐるみ剥がされる、序盤の採寸シーンのエロさは今年イチだった。

はじめこそ男(ウッドコック)の抑圧社会に生きるアルマだが、次第にそれを侵食していく。恋とは結局奪い奪い取られることで、どちらがマウントを取るかにかかっているのかもしれない。その醜いゲームの行き着く先でのラストの食事シーン。そこで運命を受け入れるごとく、ウッドコックのなんとも言えぬ表情が脳裏にこべりついて僕を離さない。

あぁ、“悪夢”だ…
える

えるの感想・評価

3.5
美しいドレスと音楽に彩られて描かれるのは美しい愛かと思ってたら、
いびつな人間たちのいびつな愛憎劇でした。
昭和の純文学の手触りに似た感じです。
デジタルではなく、フィルムのせいもあるかもしれませんね。
こまち

こまちの感想・評価

4.3
これは賛否両論かもしれないけれど、私はとても好きだった。
観た直後は、ちょっと……と思ってたんだけど時間が経つに連れて余韻が広がってくる感じがした。
サイコラブなのか、ホラーなのか、はたまた純愛なのか。
誰も理解できないけれど2人だけ分かち合える愛。
本当に愛こそが人生の七不思議。
ラストの2人の満ち足りた表情にこっちまで笑みがこぼれそう………だったけど、ストーリー思い返すとまてまてまて、となる(笑)
基本となるドレス制作の工程は美しく、映像としても楽しめた。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

4.5
華麗で上品なサイコラブロマンス。予告が公開されてからこんなに待ち望んだ映画は久しぶりで、私は個人的にとても好きな作品でした。町山さんのラジオでもこの作品を"サイコラブロマンス"と表していて、それが理解出来て嬉しかったし、ウッドコックなんて名前をつける監督にもニヤリとしながら楽しんで見れました。眼に映る全てが兎に角美しかったです。
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

3.7
とてもとても完成度が高くて、とくにダニエル・デイ・ルイスはさすがの仕上げっぷりなのだけど、ストーリーには何だかうまく乗りきれなかった…
アルマ役の女優さん、あれほど繊細かつ綿密な美的感覚を持つダニエル・デイ・ルイスが心酔してしまうほどの人にはどうしても見えなくて…でもそのあたりの違和感、それでも惹かれずにおれないという抗いがたさまでPTA なら計算づくっぽい気はするけれど。
>|