劇場版 空の境界/未来福音の作品情報・感想・評価

「劇場版 空の境界/未来福音」に投稿された感想・評価

空の境界外伝にしてシリーズ最高傑作。予知能力を持つ少年と少女、過去と未来が交わる壮大なエピローグ。話は分かりやすくサッパリしていて、明るく希望のある結末も微笑ましい。
じゃぱ

じゃぱの感想・評価

4.0
まなちゃん可愛いから。いいよ。
Ufoは相変わらずなようで。
未来視の力を持つ2人を軸としてそれぞれのキャラの未来が描かれている。未来への福音
痛覚残留の後にあった話+終章の先の話という構成。
作画はとても良い。今までの作品と比べるとキャラデザに濃さが無くなったけど、個人的にはこっちの萌えやすい絵のほうが好き。
内容はシリーズの中でも分かりやすい方だと思う。忘却録音にちょっと出てきて殺人考察(後)の最後の辺りに名前が出てきた静音がメインの話で語られる未来視についての見解は中二病的には興味深いものがある。黒桐は相変わらず落ち着いたかっこよさが良すぎた。ほとんどのシーンが地味だけど、黒桐の会話シーンならセリフが良くて退屈しない。若い女性キャラの身体の映し方はいちいちエロい!
爆弾魔退治の話では式達の物語に地味に関わっていたらしい観布子の母が良いキャラだ。やっぱり式のアクションはかっけえ。
終章の先の話である「序」では気を付けないとロリコンになる可能性があります。識もちょっと絡んできて嬉しいなあ。蛇足感はあるっちゃあるが、終章よりは全然マシだし見たかったものがちょっと観れたので良しとする。
『忘却録音』の最後に登場した瀬尾静音がメインのサイドストーリーと本編から10年後の後日談。

暗い印象の本編と比べるとどちらも明るい印象を受けた。

『忘却録音』のラストで鮮花を労った静音の含みのある言い方が気になったが、それについて答え合わせができた。
あと幹也の天然タラシな部分が遺憾なく発揮されている。

後日談の方は新キャラが可愛くて可愛くて仕方ない。
作品としてのシリーズ(今のところ)最終作だけど、自分にとっては3週間のイベント鑑賞の締めがやっと来たというところが大きい。
 
今年は面倒な仕事を振られてしまい平日映画観る余裕があんまりなかったんだけど、5月入って若干落ち着いた頃にこの特集が始まったので、毎週2本の合計6本観れてホントに良かった。最終日も、木曜夜を逃せば観れなかったので無理矢理残業を切り上げて観たんだけど、そういうモチベーションを貰えるのがありがたい。ないとダラダラ仕事しちゃうしね。
 
えーと、作品の方は後日談でもあり前日談でもあり外伝でもあり、これまでよりも明るめな内容で一番気楽に楽しめたかな。
 
新しいキャラが出てきたりして、Type-Moon関係はスター・システムを採用していると聞いたのでてっきり他の作品で活躍するって感じかと思ったんだけど、今のところはそういうんでもないのかな?
 
まぁせっかく魅力あるキャラを作ったら、使い倒した方がファンの方も幸せだよね、とは思う。(一方で制作側には新しい何かを作って欲しい気もするけど・・・)
空の境界を終章含め全8章見た方用の、最高のプレゼント。個人的空の境界最高作。
原作の数倍の面白さに仕上がっている。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
remixは総集編なんだけど、初見では訳解らずだろうなー。何のために作ったんだろう?
岡崎

岡崎の感想・評価

4.2
エンドロールまで見終えた後に深い余韻が残る作品。
ED曲のKalafinaが歌っている「アレルヤ」は、視聴後リピートしたくなる事間違いなし。


後新キャラがめっっっっっっっっっっっっっちゃ可愛い。
さとー

さとーの感想・評価

4.3
完結として綺麗に纏まっていたと思う
前作までと比較して滑らかで見惚れるほどの作画が際立っていた。
冒頭から結末まで丁寧に繋がる構造も素晴らしい

未来視についての予測と測定の差異に簡潔で必要以上に台詞で説明させることなく非常にわかりやすく落とし込んだのも感服。
EDの「先は漠然としか見えないけれど渾身の輝きを放って前向きに歩んでいく」曲調と歌詞が「空の境界」、延いては「未来福音」にマッチして完全に悦に入った
空の境界にしては終始晴れやかな気持ちで見られた珍しい作品だったかな!