粛清裁判の作品情報・感想・評価・動画配信

「粛清裁判」に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

3.7
【スターリニズムはどこが恐ろしいか】

スターリンの治下で起こった粛清。
スターリンの意に染まない政治家・学者・軍人・官僚などなどが次々と捕らえられ、監獄にぶちこまれたり処刑されたりした。
スターリニズムの犠牲者数は、ヒトラーによるユダヤ人虐殺の数をはるかに上回ると、現在では見積もられている。

この映画は、その粛清裁判の模様をそのまま映し出したドキュメンタリー。

この映画の恐ろしさは、これが粛清裁判であることが、何の予備知識もなしで見るなら、おそらく分からないだろうというところなのである。

尋問を受けた被告は例外なく自分の罪を認め、異議を唱えず、検察側の主張をそのまま認めている。
アメリカ映画の裁判ものなどとは全然違う。
すべては順調に進行し、真実が何であるかについての見方が検察側と弁護側とで正反対、なんてこともない。

逆に言うなら、一定の手続きに従って粛々と演じられる仮構が、この裁判なのである。
仮構だから、真実を追求する必要もない。
だから被告は検察の主張に反論しない。
裁判を行う以前にすべては決まっていたからだ。

でも、この映画を見てそうだと見抜くためには、歴史の知識が要る。
でなければ、「なるほど、スターリンに逆らった犯罪者がいて、裁判で自分の非を認めたわけだな」と、演出している側の思惑通りに受け取る人間が多数出るだろう。

他人事ではないのである。
私だって予備知識なしで見たら、演出側(つまりスターリン)の意図にはまっていたかも知れないのだ。

映画を見て物事を判断するためには、歴史の知識や、映画そのものについての知識が欠かせない。
それはスターリンの粛清を扱ったこのドキュメンタリーに限らない。
今現在、その辺の映画館で上映されている洋画や邦画だって同じなのだ。

そういうことを考えさせられる映画だから、恐ろしいのである。
Wadily

Wadilyの感想・評価

4.0
実際にソ連で起きた一連のテロルのひとつである「産業党裁判」をうつしだすアーカイヴ映画 結果が決まりきった茶番が延々と繰り広げられていてキツかったが、なんとか最後までみることができた
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

3.4
過去の裁判の様子を少しずつずらしながらも繋いでいく様はヒップホップに近い。
ノーヒントで見てわりと序盤で寝落ちしたあと、でっち上げ裁判という情報を得てからその日にもう一回見た(関係ないけど、前は二本立てのAで寝てしまう→B見る→そのままもう一回Aをリベンジして見るみたいなことを割としてたけど、それができなくなっちゃったのね…と思った)。

裁判にかけられてる被告人もグルってことだよね?

聴衆が連日死刑を望むデモのような行為をしたり、刑が言い渡されたときにあふれんばかりの喜びを表す姿がおそろしい。
例えば身内が殺されたとか、なにか不利益を被ったみたいな自分がプライベートな、直接的な被害を受けたわけじゃないことに対して、こうも夢中になれるものなのかな。この聴衆が作られる背景となる歴史を学びたくなった。
時々挟まる熱狂に、この冤罪の末路がとんでもないところへ行き着いてしまうという予感がどんどん増していった 私たちが国家転覆を企てる悪であり反省している旨を告白させられるエンジニアの心情を思うとまた恐ろしさを感じる
そしてその予感の答え合わせとしてのエンドロールのテロップが一番怖かった
3244

3244の感想・評価

-
ラストにその後どうなったのかダイジェスト的なナレーション入れてくれてるけど早すぎて追えない
2022 17
2時間見せられてたものはなんだったのか…………
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.2
耐久時間であった。耐えられずコックリしまくったけど。
ラストの字幕で落とす作風なのね。
司法、体制側が根も歯もない弁舌を巻き上げ、存在しない虚構の罪で民衆の支持を得つつ銃殺にまで追いやる一大スペクタクルの様子を見せつけられゾワゾワするが、何よりも鳥肌が立つのは被告サイドがしきりに水を飲んだり、銃殺を宣告する一番の「クライマックス」であるところで裁判官が咳き込んだり、ライトに照らされて観衆たちが眩しさに険しい顔をしたり、本来はプロパガンダ用のはずの映像にそういう身体的反応が克明に記録されていることだった
憲法や法律よりも集団の倫理が前面に出るロシア・ソ連の独特の裁判様式(『カラマーゾフの兄弟』のそれみたいな)の最終形態 民主的な近代裁判してくれ 本当に具体的な事実を言わないなこいつら
toro

toroの感想・評価

-
正直、これ2時間いるか…?とは思うが、そういう苦行的な性質をともなうことで当時のソ連の不気味さを追体験できるような気もする。
>|

あなたにおすすめの記事