アイヒマン・ショー/歴史を写した男たちの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • アイヒマン・ショー/歴史を写した男たちの作品情報・感想・評価

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち2015年製作の映画)

The Eichmann Show

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画…

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える…。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは…。

「アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち」に投稿された感想・評価

映画館で予告を見て気になっていた。
裁判を映した制作者たちの裏側を映像化したもので、作中では実際に撮影されたものが使われている。

ショッキングな映像ばかりではあったけど、どれも真実。
一人一人の証言を聞いているうちに泣いてしまった。

裁判中に流れた映像の最後に出てきた、「責任は誰にある?」という問いかけが胸に刺さる。
そして、その映像を観ても表情も動きも(口元が少し動いたけれど)ほとんど変わらないアイヒマンが不気味だった。

作中で「話していいと知った」「耳を傾けてくれるようになった」と言っていたように、テレビやラジオの放送がきっかけで救われた人もいるだろう。
世界中の人がナチスがユダヤ人にどんなことをしたか知れ渡った。
それは大きな転機だと思う。
最後まで観て良かった。
あれれ

あれれの感想・評価

3.9
びっくりした。

ホロコーストは、終戦から15年後の、この裁判があるまでその事実を世界から信じてもらえなかったということ、

ドイツが自浄作用で過去の過ち(ホロコースト)を戒めたのではなく、イスラエルが独自の判断で捕まえて裁いたから、ドイツも事実を受け入れざるを得なかった(「そんな事実は無かった」派を黙らせた)ということ、

世界に放映された37カ国に日本は含まれていないこと。
小林

小林の感想・評価

3.0
眠かった
あなたの お陰…
この女宿主の言葉は感涙もの。
今では承知の事実となってる狂気の歴史。この時全世界に発信されたんですね。
ただ、東京大空襲、、原爆投下。
これらがもたらした被害の映像も… 我々は見ているんですよ。
Haruki

Harukiの感想・評価

3.0
実際の映像を織り交ぜた裁判のシーンはクルーの緊張がひしひしと伝わってくる。

ラストのミルトンの映像での言葉は、アイヒマンを追い続けたからこその説得力がある。
断片的に流れてくる過去の映像が衝撃的過ぎた。アイヒマンがした事は許される事じゃない。
そして裁判を放送する側に視点を当てた作品は珍しいんじゃないかと思う。ミルトンとレオでアイヒマンに対する見方が違うのが面白いし、それでも最後まで放送をやり遂げたのは観てる側も達成感みたいなものを感じる事ができた。
無表情なアイヒマンに対してレオがが苛立っていたのは、アイヒマンを化け物じゃなく同じ人間として見たかったからなんじゃないかと思う。
>|