アイヒマン・ショー/歴史を写した男たちの作品情報・感想・評価

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち2015年製作の映画)

The Eichmann Show

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画…

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える…。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは…。

「アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち」に投稿された感想・評価

Mami

Mamiの感想・評価

3.8
この映画を観るまでアイヒマンという人を恥ずかしながら知らなかった。600万人のユダヤ人を殺したって尋常じゃない。決して他人事にはしちゃいけない話だと思った。同じ人間がしたこと、誰でもどこにでもアイヒマンは生まれる可能性はあるなと感じた。
いかにナチス親衛隊の罪が大きいかが分かる映画。

ホロコーストの映画って、大枠しか映らないものが多いけど、この映画は実際のアウシュビッツの様子などが出てきて、アウシュビッツでは人間というより、生き物として扱われてこなかったユダヤ人の人たちの映像に、心が痛くなる。
なつこ

なつこの感想・評価

3.6
悪名高きアドルフ・アイヒマン。
彼の裁判をTV放映しようと尽力し、脅迫や襲撃にあいながらも成し遂げた男達の物語。

視聴者の欲しい画を撮れと言うプロデューサーと、アイヒマンの仮面の表情にヒビが入る瞬間を撮りたいと粘る監督。

実際の映像、証人の壮絶な体験談、緊迫感のある裁判シーンが続き、直視できず退出するスタッフもいる中、アイヒマンは微動だにしない。彼は本当に怪物なのだろうか?
誰もがアイヒマンになりうる。
そんな警告が全体を通して感じられる、緊張感のある作品でした。
背景の部分やアイヒマン側にもフォーカスしてくれたらもっとわかりやすかったかな。
KaiHama

KaiHamaの感想・評価

3.7
この映画を観るまでアイヒマンの存在すら知らなかった
虐待を受けた者の証言、実際の映像はその時代を知らない私たちからしても耐え難い事実 それを目の当たりにしても顔色ひとつ変えないアイヒマン 気持ち悪い、気持ち悪い過ぎる
しかし、殺戮兵器の一部と化したこの男がどこにでもいる人間であったことは恐怖でしかない
傍観者たちにホロコーストの実状を知らしめた人たちに賛辞を送りたくなった
みづの

みづのの感想・評価

4.5
裁判と裁判を見守るTVマンたちとそれを観る私たち。
要は「裁判を観るTVマンを観る」映画。
この劇構造が面白さを倍増させていると思う。
アイヒマンショー
コメディだと思って見始めた自分が恥ずかしい。
原爆・ホロコースト
この二つは人類最大の過ちだと思うが、ホロコーストは人が関与している点が悪質。
映像がなければ、ドイツが勝っていれば闇に葬られていたかも知れない。
その時の放送、その事を後世に知らせるこの映画。偉業です。
1961年のアイヒマン裁判を題材とした作品。

ナチの戦犯アイヒマンは、戦後南米に潜伏しているところを発見され、イスラエルまで連行される。アウシュビッツの首謀者とされる彼が、どのように裁かれるか全世界が注目していた。

同じ裁判を描いた作品として「ハンナ・アーレント」がある。哲学者であるハンナ・アーレントが、雑誌「ニューヨーカー」に依頼され、裁判を傍聴した顛末を映画化したものだ。

アーレントは、裁判のなかで、小役人のように無表情で「私はただ命令に従っただけ」と答えるアイヒマンに、無思想性、没個性、陳腐さを見てとる。彼女はこれを「悪の凡庸さ」と呼んだ。アイヒマンの人間性、および現代的な悪の本質にせまる鋭い考察だ。

いっぽうこの「アイヒマン・ショー」では、アイヒマン自身にはあまり触れず、この裁判を映像化する側、TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツを中心に描いている。その意味では、やや深みに欠けるというか、食い足りない印象を受けた。

ただ、映画のラストでミルトン・フルックマン(本人)が出てきて語る短いスピーチには感銘を受けた。
てん

てんの感想・評価

3.5
アイヒマンについて詳しく調べたくて鑑賞。アイヒマン個についてというよりは、TV放送側について。熱意や思い、それぞれの事情があり、初の裁判記録映像、初めて真実が語られる。そしてそれが世界中に大きな影響を与える。観てよかったです。
てた

てたの感想・評価

3.2
映画そのものといか事実や途中途中の映像にやられてしまう。
>|