アイヒマン・ショー/歴史を写した男たちの作品情報・感想・評価

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち2015年製作の映画)

The Eichmann Show

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画…

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える…。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは…。

「アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち」に投稿された感想・評価

あさ

あさの感想・評価

3.7
身震いする映像 白黒でも信じられない光景も色が付いた現実だったのだ
身動きしないアイヒマンを見て狂気の沙汰を知る
記憶としても、記録としても残さなければいけない事実
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
ナチスがユダヤ人に何をしたか?イスラエルで行われたアイヒマンの裁判をテレビ中継した男たちのお話。実話。

映画と言うよりドキュメンタリーみたいな。
当時の映像も多く使われててアウシュビッツの映像は目を背けたくなるのもあった。

ガガーリンとアイヒマン裁判について
レオの言った一言。勉強のためってのはすごくわかる気がした。
実話ベースの映画を見る時に過去にこんな事があったのか!と学ぶ事が多い。←すぐ忘れちゃうけど。

ラストの鼻の形や肌の色宗教云々〜は本当にそう思う。
日本人は差別される側ではあるけど島国であるが故に差別されてる事に気付かないある意味幸せな人種な気がするけど。
でも本当何色であっても同じ人間なんだから仲良くすりゃいいのに。

アイヒマンって多重人格とかではなかったのかしら?
普通の人間とはとても思えなかった。
壺尊師

壺尊師の感想・評価

3.6
ナチス親衛隊でユダヤ人大虐殺に関わった男アイヒマンの裁判をテレビやラジオで初めて世界に伝えた実話。
TVショーの目的は大虐殺の残酷さと、そして実行した人物は怪物ではなく皆と同じ人間なんだ。誰でもファシズムになりえるのだということを学ぶ為だということに納得した。
生存者の証言をアイヒマンは微動だにせず聞いていたのを見て「なぜじっと座っていられる。お前は何者なんだ!」と監督が逆上するのが印象的だった。
今でこそサイコパスという簡単な言葉があるが、そうではないのだ。というのを訴えたかったのだろう。
自分はそうならない。なんて言いきれない怖さ。誘惑に負けない強さを学んだ。
アウシュビッツに関与していたアイヒマンのイスラエルで行われた裁判をテレビで映像化するプロデューサーと監督のお話
見ながら息ができなくなる時があった。見終わった今泣きそう。戦争のその時の瞬間の苦しみの記録でなく、それを忘れず学ぶべき自分たちの話であると感じた。
Megumi

Megumiの感想・評価

4.0
最後の20分がヤマ。作中のショーを作り上げる人々と、この映画を作った製作陣の熱が重なり合ってく。90分なのにめっちゃ重かった!

中継し全世界の人に伝える意義と、今わたしたちがこの映画を観る意義は少し似ていて、事実を知ることと同時にこの「アイヒマン」を知ること、向き合う必要性。最後の言葉に言いたいこと全部詰まってる。

サウルの息子を観ようと思った。
いい映画、だとは思います。
ただ、始まり方と終わり方がやや唐突かな。
題材は重いですが、これ系にしては珍しく90分程度なので見易いです。

しかしですね。
ところどころにある記録映像や写真がつらい。
ゾンダーコマンドの人の証言もあったので「サウルの息子」を思い出し、ああ、やっぱり事実なんだと思うと胸が苦しくなりました。
スクリーンでみている私ですら半泣きだったのですから、当時裁判を見ていた人たちはそれはそれは辛かったでしょうね。
今の私たちは知識としてホロコーストやらアウシュヴィッツを知っているけれど、強制収容所から生還した人が「今までは話しても信じてもらえなかった」と言うのがとてもやるせない。
そして映像や写真の衝撃。
何度も目をそらしてしまいました。

とはいえ、映画のストーリーとしてはもうちょっと深みが欲しかったような
まぁこれ以上深くすると140分くらいになってさらにどんよりしそうですがw

最後に、この作品のテーマでもあるこの台詞を。
「ファシストとは特殊な考えの人がなるわけではない、ごく普通の誰でもがそうなり得る、人は考え続けなければ思考停止に陥り易いものだ」
Aaaaaaam

Aaaaaaamの感想・評価

2.8
アイヒマンを動揺させるために見せた、ナチスの所業の映像がとても痛々しかった
ゆき

ゆきの感想・評価

3.4
当時の映像を巧みに使い、引き込まれる。
ストーリーのメリハリが少なかった
水のま

水のまの感想・評価

4.2
実際の映像を見るだけで資料的に意義がある映画
アイヒマンと、テレビマンたち・傍聴者たち・視聴者たちのカットバックが効いてくる
>|