アイヒマン・ショー/歴史を写した男たちの作品情報・感想・評価

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち2015年製作の映画)

The Eichmann Show

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画…

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える…。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは…。

「アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち」に投稿された感想・評価

ホロコーストの首謀者アドルフ・アイヒマンの裁判を追うTVジャーナリストを描いたドラマ。犯した罪に対してあまりにも平凡な男であったため「凡庸な悪」と呼ばれるアイヒマン。本作の主人公の一人であるディレクターのレオはアイヒマン引いてはファシズム全体を我々誰しもが抱えている存在という認識でアイヒマンの姿を徹底して捉えようとする。対してプロデューサーのミルトンは裁判全体を映すべきだとして両者は衝突する。どちらかが正しい訳ではない。そこには信念、使命感、矜恃を持つ人達が妥協なくぶつかり合う報道ドラマがある。同時期にガガーリンが宇宙に行き、キューバ危機が迫っている。未来と現在が進行している中で過去に目を向けることに価値はあるのかと揶揄されていた報道は大反響を巻き起こし、自分らが過去を語っても嘘だと言われて沈黙していたホロコースト生存者たちへの励みとなる。痛感するのは過去を次代に伝えることの難しさと伝えることの力。たかだか20年すら経っていなくても努力をしなければ過去は塗りつぶされてしまう。70年も経った今では一層の努力が求められるのは言うまでもない。これに限らず様々なことを忘れず伝えなくてはいけない。その努力が必要とされるのはマスコミだけでなく一般人もだ。

本作は当時の記録映像がかなりの割合で使われていて劇映画の虚像を記録映像の実像が補強する。もしかすると逆で記録映像が主で劇映画が補完しているのかもしれない。そのくらい強制収容所の痛ましい証人の発言や全く表情を動かさないアイヒマンに目を引きつけられる。証拠映像として映された骨と皮だけになった裸のユダヤ人が立たされゴミのように処分される様子には慄くばかり。それを行なったのが命令に従った普通の人間。圧倒的に恐ろしい現実が眼前に広がる。一つだけ気にかかったのは記録映像に音楽を乗せてドキュメンタリー性を弱めたように感じられたこと。こればかりは余計だった。実際に放送されたドキュメンタリーも出来れば見てみたい。
Farm2

Farm2の感想・評価

3.3
ミルグラム実験(アイヒマンテスト)
普通の平凡な一般市民がある特定の条件下では冷酷で非人道的な行為を行うことが証明された有名な実験。
2016/5/25
 ナチス親衛隊中佐で、ホロコーストの指揮者とされているアイヒマンのイスラエルでの裁判を、映像で全世界に発信したテレビマンたちの姿を描いた実話。
映画の中で当時の裁判映像や収容所内の悲惨な映像が使用されていて、とてもリアリティがあり、まるで傍聴席に座っているようで息がつまった。
今のようなネット社会でもない裁判の行われた1961年に、全世界に映像でナチスの残虐性を知らしめた功績は計り知れない。
その映像の中のアイヒマンは、証言者の悲壮な告発を聞いても、まったく動揺もみせない。人間とはここまで冷酷になれるのかと、背筋が冷たくなった。
映画の内容とは関係ないけど、ユダヤ人の犠牲者600万人、原爆の犠牲者21万人、犠牲者の数ではなく、戦勝国・敗戦国の違いでもなく、オバマさんには、人間の愚行の結末がどんなものなのかを、きちんと見て欲しい。そして何を感じたかを立場を超えて語って欲しい、と映画を観終わって強く願った。
ガーコ

ガーコの感想・評価

4.0
アイヒマン。

大勢の人たちが見守る中行われた裁判で、彼は一体何を思っていたのでしょう。

ユダヤ人の大量虐殺の映像を見ても、感情を高ぶらせる事もなく、静かにただ映像を凝視している姿。

犠牲者たちが余りに悲惨な現実を訴え、精神的に追い込まれバタバタと倒れてしまう姿を見ても、平然と裁判の椅子に鎮座し続けていました。

そして、最終的に彼の心の声は全くわからないまま、死刑判決を受けるのです。

誰を責めるでもなくらひたすら自分を庇い続け、黙って静かに事の成り行きに身を任せ死んでいった男。

そんな静寂に身を包んだ男の記録がここにありました。
Lizzy

Lizzyの感想・評価

-
えぐすぎる。映像。

結局なんでアイヒマンがあんな非人道的なことをしたのかは分からなかった。

マーティンの fuck! は安定😆
俄

俄の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アイヒマンは罪を認めたが、その人間性を暴くことはできなかった

ただ、ナチスを裁くのであればユダヤ人じゃなくてもできる
判事がたとえユダヤ人じゃなくてもアイヒマンに罪を認めさせることはできた

この映画の主題は、アイヒマンを裁くことではなく、アイヒマンを裁くユダヤ人を観ることでもない
もちろんこれも重要なことであるが、問題はそこではない

過去を繙く時、その時その場所で何が起きたのかを主眼に据えるだけでは、足りない
登場人物が何を考え行動を起こしたのかに触れて、初めて過去への理解に通じる

歴史に一定の解釈など無く、歴史を見る人によって歴史は姿を変える
まさしく「鑑」だ
歴史は見る人自身を映す
個人の歴史への認識は、そのままその個人の人間性を現している

アイヒマンは人間性を出さなかった
これではホロコーストとは何であったのかを解釈することができない
ホロコーストを題材として、自分自身を見つけることができなかった

ユダヤ人はアイヒマンに裁判で勝ったが、レオは、この映画を観た僕自身は、アイヒマンに負けたのだ

胸くそ悪い映画を観ることはあるけれど
屈辱を感じた映画はこれが初めてだ
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

3.5
この裁判は、戦犯を裁くという目的に加えて、当事者以外はほとんど認識していなかったホロコーストの事実を明るみにするってことやったんやね。

当時の裁判映像をちょいちょいはさんでくるので、資料価値もあるんやないかな(-_-)
LEON

LEONの感想・評価

2.0
〝精神的にも肉体的にもキツいが、最高に興奮する仕事がある〟

第2次世界大戦終戦から16年後の1961年、ドイツはナチスの残党〝アドルフ・アイヒマン〟を収監しているイスラエルが全世界にテレビ中継による公開裁判をする関係者らの物語。

戦争とは言え国民を殺された側主導で、裁判はもとよりテレビ中継する側の冷静で客観的な対応が保たれるはずもない。

そもそも戦争は犯罪なのか?という疑問が湧く。
単純に戦争に加害者と被害者と区分けする事に無理がある。

ナチスをユダヤ人が裁くなんて、聞いただけでも戦争よりおぞましい。

いわゆる東京裁判やニュルンベルク裁判もしかり、単純に勝者が敗者を一方的に裁判という名を口実に悪のレッテルを貼り勝者の価値観を押し付けているだけでしかない。

裁くのは勝者のみで、冷静で客観的な裁きなど過去の歴史をみればできるはずもない。

国家レベル間はさておき、そんな無意味な裁判を何故やるかと言えば国民にとって1つの区切りを付けたいからであろう。

勝者側にとっても敗者側にとってもだ。

戦後の空虚な世界を何もせず放置することが、あまりにも残酷なのかもしれない。

戦争なんて起きない方がいいに決まっている…それでも戦わなくてはいけない時があるのも現実。

どちらが善でどちらが悪ではない…将来、再び戦争という悲劇を再び起こさないために。

まったくレベルが違うが自分も〝精神的にも憎体的にもキツい〟仕事を携わるとアドレナリンが湧きに湧いて快感になります..★,
Hannah

Hannahの感想・評価

4.0
初めてちゃんと虐殺の映像観た
日本人は何も知らないんだなって
nait

naitの感想・評価

3.6
マーティン・フリーマンと
クレジットされているアンソニー・ラパリアが演ずる映画監督が事実上の主人公。

映画としては地味な作品だし、幕切れがあっさりだとか言わざるを得ない。しかし、ここで突きつけられる「事実」の重さは言葉にできないほど。

現在作られる意義という面で言えば絶対にその価値がある。

1961年にはコレがテレビ放映されていたんですよ。今のテレビじゃ難しいだろうなぁ。
>|