グッドナイト&グッドラックの作品情報・感想・評価・動画配信

グッドナイト&グッドラック2005年製作の映画)

GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.6

あらすじ

『グッドナイト&グッドラック』に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

3.2

【マッカーシズム時代を描いた映画】

ジョージ・クルーニーが監督と出演を兼ねた映画。 

いわゆるマッカーシズムの時代に、色々な圧力をはねのけてニュース番組でマッカーシー議員を批判したCBS勤務の男…

>>続きを読む
似太郎

似太郎の感想・評価

4.3

マッカーシズムが台頭した赤狩り&冷戦の時代(50年代)に於けるアメリカのTV番組の必死の抵抗を描いた、ポリティカル・サスペンス。

監督、主演はジョージ・クルーニー。堂に入った巨匠の風格を感じさせる…

>>続きを読む
ほ

ほの感想・評価

-
俺たちは最後まで戦おう。
これこそ吹替すきー!!案件であった。
グッドナイト&グッドラック

 「もしテレビが娯楽と逃避のためだけの道具なら もともと何の価値もない」

 ジャーナリズムのあるべき姿がここに……というのは大げさかな。
 しかし報復を恐れず、余計な忖度もせずの愚直な報道姿勢には…

>>続きを読む
Scriabin

Scriabinの感想・評価

5.0
これくらいのテンションがちょうどいい。映画は白黒がうまく撮れてなんぼ。制作時にリアリティはあったのかな。
AnamDarcy

AnamDarcyの感想・評価

5.0
素晴らしいストーリーと映像。
煙草の煙が美しくてついつい見てしまう。
Evans

Evansの感想・評価

3.8

「報道とテレビとは」

テレビ番組を通して、赤狩りを行ったマッカシーと戦った男たちの物語

寡黙で誠実な雰囲気で、報道に真っ直ぐであり、報道の姿勢とテレビの存在意義を語っていた。彼の言葉からすれば、…

>>続きを読む
とても考えさせられる映画でした
テレビとは何か、メディア・報道とは何かを考えなさいと言われている感覚を受けます
今の日本のメディアの在り方を考えずにはいられなくなる作品でした
ume0214

ume0214の感想・評価

3.4

U-NEXTで視聴
赤狩り旋風吹き上がる1950年代、マッカーシー議員に異を唱えたジャーナリストの話。

全編モノクロでジャズが流れて渋い。
しかも吹き替えは小林清志。
日本の左巻きと違って感情論に…

>>続きを読む
報道のあり方を問う、今だからこそ見るべき作品。モノクロのため、言いたいことがシンプルに伝わってくる。エンタメ性がほぼない、ストイックすぎる作風。
>|

あなたにおすすめの記事