ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜の作品情報・感想・評価

「ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜」に投稿された感想・評価

この映画きっかけでボビーダーリンを好きになりました。
歌って踊って最高のエンターテイナーです。
ZK

ZKの感想・評価

3.2
懐かしい。
ケビン・スペイシーが監督・脚本・主演と手掛けた、往年の歌手ボビー・ダーリンの半生を描いた作品。
すごく気持ち良さそうに歌っていて上手いのは上手いのだけど、ケビン・スペイシーの他の作品と比べたらいまいち印象に残ってない…
jonaco

jonacoの感想・評価

4.0
歌って踊れるケビンスペイシーに驚かされた!
ラストも良かった。
ring

ringの感想・評価

4.5
ハリウッドスターってのは時々凄いなと感心する
ケヴィンスペイシーがあんなに歌って踊れるとは思わなかったし
めちゃ歌上手いしめちゃダンスもキレッキレ
凄い多才だな~
感心しまくったし。心地よくこっちもスウィングしたくなる作品
超有名な〇・〇・〇ンドよりめちゃくちゃ観てて楽しかった
最後の2代ボビーダーリンのダンスは気持ちよかった!
いい作品でした!
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
なんか素敵だった。
ケビンスペイシー、当時、40代半ばくらいじゃん?
唄も素敵だし、ダンスもさすがだよねー。
ハリウッド俳優ってなんでもできちゃう感じ?
ボビーダーリン、知らなかったわー。
観て良かった。
素麺

素麺の感想・評価

3.8
この映画を観てそれまで1、2曲しか知らなかったボビー・ダーリンのCDを買ってきて聴くようになった。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
K.スペイシーが歌ってるんだ?
上手だから本人の歌声をあててるのかと思ってたよ。
B.ダーリンを知らなくても楽しめました。ヅラが絡んでくるシーンが可笑しかったわ。

このレビューはネタバレを含みます

ボブ・ダーリンの伝記的映画をケビン監督脚本主演で完成させた作品、ミュージシャン・俳優として知られたボブダーリンが、時代の流れや家族のつながりというものに自身を失って自己を喪失しながらも、舞台で演じることに再度自己を見出す

ボブ本人が自伝映画を作るが制作方針に迷う、そこで過去の自分を演じる子役と共に過去にトリップしながら映画を完成させていくのだが、時折この子役が場面場面に顔を見せるため、過去から未来への脚色された物語をボブ本人と子役が並んで見ている、あるいはその物語の中に入って演じるかのような、現実と夢が入り混じった構成になっている

自己喪失して家族から逃げ出したボブが、『ニュー・シネマ・パラダイス』の「自分のすることを愛せ」のように徐々に過去や周囲の環境を受け入れ、最後には「歌っている限り僕は僕でいられる」に達する過程は陽気な音楽も相まってカタルシスがある

2017/25/77
Beyond the seaしか知らないのであまりアドレナリンが出なかったのは残念

事前に曲を知ってれば…!
沢木

沢木の感想・評価

4.2
2017年 4本目
ボビーダーリンの伝記映画といってしまえばそれまでなのでしょうけど、ケビンスペイシーファンでありミュージカルファンでもある私にしてみれば、文句なしのエンターテイメント作品でした。
ケビンスペイシーは本当に芸達者な方ですね。歌がうまいことうまいこと。ダンスも頑張ってます。雨に唄えばとかあの辺のミュージカルぜったい好きだなこの人って感じの衣装やら演出やらでワクワクしっぱなしでした。
ケビンスペイシーがこの作品を製作・監督・主演を担ってまで伝えたかったボビーダーリンという歌手の魅力、充分すぎるくらいに感じ取ることができましたよ。

(ちなみに、ボビーとケビンスペイシー外見からかなり似てます)