ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜の作品情報・感想・評価

「ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

3.2
これってケヴィン・スペイシーが思いっきり歌を歌いたかっただけでは?でも気持ちよさそうに歌い踊ってた。
s

sの感想・評価

-
ケビン・スペイシーは多彩だよなあ。この情熱はスペイシーそのもの。素晴らしい。
罪を憎んで人を憎まず。無論、作品を憎まず。
犬

犬の感想・評価

3.4
月光

50年代から60年代に活躍した実在のエンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を音楽満載で描く伝記ドラマ

オスカー俳優ケヴィン・スペイシーの監督第2作で、主演も兼任

こんな人がいたとは

音楽、雰囲気が良かったです

ストーリーはまあまあかな
でも中々の人生でした

ケヴィン・スペイシーの歌声が聞ける

少年とのシーンが楽しそう、、
85点 mommy(3回目)
486 100点

487

ケヴィン・スペーシーが素晴らし過ぎる!THE映画という感じで観てて楽しかった。
izumi

izumiの感想・評価

4.3
程よくファンタジーが入ってる。

幼少の頃のボビーダーリンとの歌の掛け合いのシーンが一番好き。

実話ってこともあり、歴史の一部を垣間見たようで感慨深いな、だいぶ前に見た映画だけど。

ケヴィンスペイシーの魂の作品だと思う。
まりも

まりもの感想・評価

4.2
ボビー・ダーリン伝記映画。


知らないボビー・ダーリンの事が、いっぱい知れた。


最後のショー。
あの歌。

・・泣いた。
とがり

とがりの感想・評価

3.0
ケヴィン・スペイシーが監督・製作・脚本・主演の四役を張ったボビー・ダーリンの伝記映画、ミュージカル仕立て。

ケヴィン・スペイシーが好きなので観たが20代設定くらいの頃からスペイシーで、年齢不詳すぎて変な感じ。
スペイシー好きなら2時間耐えられるかな…という映画。

子役の子がなかなか良かった。
ケヴィン・スペイシー製作監督脚本主演。
50年代後半から60年代に活躍した歌手、ボビー・ダーリンの伝記。シナトラの向こうを張る実力があるものの、波乱万丈の生き急いだ生涯だったよう。
その代表曲は映画の中で出てきて、知ってる曲がたくさんでビックリ!

映画はボビー愛に溢れてて、誠実にボビーの生涯を追っていく。目新しさは無いのだけど、ライブシーンがたっぷりでミュージカルもあって楽しい。
全部ケヴィン本人が歌ってて、めちゃくちゃ上手い!頭髪の薄さもしっかりネタにしてるし。笑

しかもこれ、ジョン・グッドマンが出てるじゃないですかー!歌い踊るケヴィンの後ろで、ジョン・グッドマンがニコニコしてるとか、どんな癒し映画〜


2017/11/04 追記
という感じでケヴィンスペイシー好きだったんですが、わずか半日ほどで、今までのキャリアや名声が見事に崩れ去りましたね。
俳優やプロデューサーとしてどんなに優れていても、告発された内容が内容なので、全く擁護できません。今まで他人を傷つけたり軽んじてきた、当然の報いでしょう。
ワインステイン告発から始まった一連の流れのおかげで、ハリウッドだけでなくあらゆる業界のセクハラパワハラが一掃されることを、心から望みます。もちろん日本でも!
anfuji

anfujiの感想・評価

3.6
昔、DVDで借りたら借りた先のお店が潰れてしまって今でも家にある不思議なご縁で見た
ボビー・ダーリン
すごく良かった
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.1
子どもにとって母親からの影響って
すごく大きいなあ、、としみじみ。

プロとして、アーティストとして活動する自分と、
まだママが大好きなあの頃の自分が
交互に出てくるから色々と考えさせられる。

人は見た目で聴く。
その通りですね、、
最後のシーン泣けました
>|