サンドラの週末の作品情報・感想・評価

サンドラの週末2014年製作の映画)

Deux jours, une nuit/Two Days, One Night

上映日:2015年05月23日

製作国:

上映時間:95分

3.4

あらすじ

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言…

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言葉で人の心は動くのか、自分の人生と善意は天秤に掛けられるのか、サンドラは仕事を続けられるのか……サスペンスに満ちた展開に目が離せず、投票の瞬間は見る者までもが緊張をしてしまう。人と人の絆、人間の強さ。愛とかすかな希望を抱いて、彼女の長い週末が始まる。

「サンドラの週末」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

3.5
同僚に究極の選択をせまって回るが、お互い生活がかかっているので必死だ。そこから殴りあいの親子喧嘩や離婚騒動にも派生するのだから興味深い。何とか再就職先を無事に見つけてほしい。
RYAN

RYANの感想・評価

3.6
非日常を描くのが映画
しかし、ダルデンヌ兄弟はすごかった…

今年度アカデミー賞ノミネート
アカデミー賞女優マリオンコティヤール主演

鬱病になり仕事場を追われた女性の生き様を描く社会派物語。

ダルデンヌ兄弟すげぇや。
日常を描いているんだがストーリー自体は日常ではない。
それをいかに日常のように感じさせるか…彼らのプロ技による賜物だ。
正直マリオンの演技は今作限定好きではない。
ダルデンヌ兄弟は結構無名に近い役者を使いリアルを追求するが、マリオンという食物連鎖の頂点にいる人物に演技を任せてしまったため演技は申し分ないがお芝居になっている気がする。
少年と自転車みたいにリアル感は物足りなかったかな。
ただ、すごいよ。
女の強さが滲み出てる。
応援したくなると同時に彼女の心情の苦しさがヒシヒシと伝わってくる。
この兄弟は本当にすごい。
これはもうセンスとしか言いようがない。
そんな一部分を切り取るか?と言いたくなるぐらい素晴らしい。
映画では飛ばされるシーンを映画にしている。
サンドラがただただ同僚に逢いに行くだけだが、それだけで面白いとは-。
ダルデンヌ兄弟にハマりそうです
自分の復職のためには社員の過半数がボーナスを諦める投票が必要。
票が集まらなければ解雇。
週明けの投票に向けて票集めに奔走するサンドラの週末を追った作品。
BGMが極端に少なく、表情での感情表現が印象的でした。
自分だったらどうだろう、と思わせられる作品でした。
自分にも生活があるからお金は大事だし、休職していても仕事は回っていたならばサンドラはいなくても良いと思う。
でも自分の一票で他人の生活が左右されると思うと簡単には考えられないと思いました。
み

みの感想・評価

2.5
同じシーンの繰り返し、ドキュメンタリーみたいにも見えてしまった。旦那さんはステキ
途中イライラしちゃったけど、最後はなかなか良い締めで終わりました。
それにしてもフランスってそんなに就職難?
そうまでしてその職場にしがみつく?みたいな。
この監督にしては点数低めでした。
この監督は、息子のまなざし、ある子供、少年と自転車がおススメ❗️
マリオンコティヤールの演技力の高さよ....負のオーラだだ漏れで視界に入れたくないくらい。スゴイ。それ以外は辛いのと、こんな会社とっとと辞めて次に行っちまえっていう気持ちと、でもそうもいかないんだよなぁっていう気持ちがややこしやーにさせて全然楽しくない!いい反面教師。生きてくのって厳しいなぁ...
正直楽しみ方がわからなかった。



極端に簡素化された非協力ゲーム的な設定を、現実で動かして見たらこうなりそうだよねーっという妄想実験に最小限の脚色した映画。
0naiii

0naiiiの感想・評価

3.2
うつ病あるあるな思考パターンのサンドラ。善戦でした。お疲れさまです。

人を前に進ませる力。


自然音のエンドロール。
タンクトップを着た主人公が肩を怒らせながら奔走する映画かと思ったら、違っていました。
何とも気の滅入るサンドラの週末。

うつ病のため休職していたサンドラ(マリオン・コティヤール)が職場に復帰しようとした矢先、会社側から職員へボーナス支給するために解雇せざるをえないと告げられてしまう。
サンドラにとって生活のため、家族を養うために仕事は必要だった。
同僚が掛けあってくれたおかげで、週明けの月曜日に投票を行い自分のボーナスを諦める者が過半数に達したら、サンドラは仕事を続けられることになる。
同僚たちを訪ね説得して回る、サンドラの長い週末が始まった…。

ボーナスか、サンドラの復職か、どちらかを選べ…重い問いを投げかけてくる映画。
復職目前、ただでさえ不安でいっぱいのサンドラに、この状況は酷だ。塞いでいる彼女を、パートナーが繰り返し勇気づけて、気の進まない説得行脚へ。

同僚たちの反応はまちまちだが、サンドラの復職を望まない人はいない。断る人たちは、生活があり、ボーナスをあてにせざるを得ないと真剣に答えてくる。 このあたりが何ともリアルだ。余計な盛り上げやBGMを排し、淡々と出来事を描写していく手法にも好感が持てる。

サンドラは言う。「ほしいのは憐れみじゃない。同情で復職したって、どんな顔して働けばいいの?!」復職さえ叶えばいいわけじゃない。仕事ってコミュニケーションだから。

サンドラにも、まわりの同僚にも感情移入できる映画でした。
misato

misatoの感想・評価

2.7
旦那さん超いい人〜献身的〜

サンドラを応援しつつもイライラしてしまう自分がいる
>|