サンドラの週末の作品情報・感想・評価

サンドラの週末2014年製作の映画)

Deux jours, une nuit/Two Days, One Night

上映日:2015年05月23日

製作国:

上映時間:95分

3.4

あらすじ

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言…

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言葉で人の心は動くのか、自分の人生と善意は天秤に掛けられるのか、サンドラは仕事を続けられるのか……サスペンスに満ちた展開に目が離せず、投票の瞬間は見る者までもが緊張をしてしまう。人と人の絆、人間の強さ。愛とかすかな希望を抱いて、彼女の長い週末が始まる。

「サンドラの週末」に投稿された感想・評価

1人の復職でボーナスがなくなる。
究極の選択だと思う。サンドラも罪悪感あるだろうし、選択する側もなんとも言えない気持ちだと思う。

友人だと思ってた人に門前払いしたり、脅されてボーナスを選択し申し訳ないと思っていたり、選択を迫られ心動かされたり、心理描写が生々しくリアルで現実味のある映画でした。

最後は希望のあるような終わり方でした。サンドラに栄光=GLORIAあれ。
Rin

Rinの感想・評価

3.6
薬に頼ってばかりで、復職させたところで、と最初は思っていた。最後にサンドラが強くなった姿が清々しかった。
献身的に支える夫と、アンヌの見せた強さが転機になった
ダルデンヌ兄弟の作品はリアルな市井の人々が飾ることなく彼らの目線で描かれるから好き

ファブリツィオもだけど、常連のオリヴィエ・グルメもやっぱり登場
常連の俳優さんたちを見ると、ああ、ダルデンヌ兄弟の作品だ、とニヤリ
なにわ

なにわの感想・評価

3.0
ちっとも分かりません。
そもそも精神壊れてるのとか嫌いやから否定的な目で見てしまう。
自分の幸せは他の誰かの不幸せやし、サンドラの生温さにイライラする。
nao42

nao42の感想・評価

3.5

解雇を言い渡された労働者の主人公。解雇免れるには同僚にボーナスを諦めてもらう必要がある。悲壮な思いで思い出同僚への説得行脚を開始するが…

生活の為にはお金が必要不可欠です、なので今の社会構成は理にかなっています。
ただ、その社会で大切なのは、みんなが共に必要とし合う事なのかなぁなんてこの映画を見て思いましたね🤔

上からの解雇通告を率直に受け止めるのでなく自分なりの方法で抗うことで、何かしらの結果に繋がるかもしれない。
たとえ結果はどうであれ、恐れずに動くことにこそ意味があり、それが組織の下層に属する人間の心の在り方を示し出す。

抑圧的な職場環境で働く人に勇気を与えてくれる映画だと思う❗️
のぶ

のぶの感想・評価

3.0
残酷な二択

復職を目前に控えたサンドラ
しかし、会社は従業員たちに投票させサンドラの復職をとるか、ボーナスをとるかを選ばさせる
一度は復職不可で可決となるが
サンドラは会社に再投票を直訴しなんとか月曜日に再投票を行うことになった
自分に投票させようと、説得にまわるサンドラとその夫

従業員たちがみんな貧困層だ
それぞれに金銭の悩みを抱えながらもひたむきに生きている
そんな状況だからかシンパシーを感じてサンドラに本当に冷たく当たる人はほとんどいない

精神薬を投与しながら説得に周るサンドラが痛々しい

サンドラの復職に投票した人、自分たちの生活のためにボーナスに投票した人
あなたは後者の人たちを本当に責められるだろうか
もりこ

もりこの感想・評価

3.8
少年と自転車を見た直後に観賞。やっぱりこの映画もとことん人間を描いてる。
ボーナスか解雇か。反対する人は皆それぞれ事情を抱えていて、サンドラのことを考える余裕はない。もちろんそれはしょうがない事だけど、第三者的には何でボーナスを選ぶの〜!と責めてしまう。
善悪の判断って難しいね。何が善で何が悪かなんて答えはないし。自分が善と思うことだけをして生きていきたいとは思うけど、やっぱり難しいのかなぁ
li

liの感想・評価

2.1
これといって大した週末ではないしこういうあり得る日常を題材とするストレスな映画って生きてくだけで充分体験出来てると思うしそれ以上の必要性を感じられない。しかしそういった他人の日常の葛藤を観る事で新しい視点を儲けたのならプラスでは有るのか。
サンドラはうつ病から回復したばかり、会社は彼女を首にしたいから従業員16人に彼女を首にするかボーナスを諦めるかを多数決で決めろという
ひどい、一人の人間の生活をこんな多数決で決めるなんて、しかも従業員には上から圧力がかかってる
こんな会社辞めて、低収入でも良いから別の生き方を探さないとまた病気になると思ってサンドラを心配した、幸い旦那が素晴らしい男
堕ちては這い上がって頑張る姿に心打たれた
この映画から人を信じる希望や勇気をもらえた気がした
労働者の現実を突きつけられた感じ。

普通に働くことがいかに難しいのかを物語っていた。

サンドラの夫が本当に献身的だった。

サンドラは緊張すると水を飲む、喉が渇くタイプで、それによって声がでなくなったりというような鬱病の症状があった。

クールな表情の裏にある繊細さをうまく表現していた。
otom

otomの感想・評価

3.7
人間の弱い部分とそうでない部分が淡々と生々しく描かれる。完治しているとは言い難い豆腐メンタルで胸が痛くなる。良作。
>|