午後8時の訪問者の作品情報・感想・評価・動画配信

「午後8時の訪問者」に投稿された感想・評価

mittsko

mittskoの感想・評価

-
【書きかけ】劇場で観れなかったやつ、アマプラで自宅鑑賞…(=゚ω゚)ノ
「ある子供」が好みだったからこっちも観てみた。
こんなお医者さん、良いやないか…。多分名門大学を出て若いのにキャリアもある人なんだろうけど、ブレない正義感と優しさとたくましさが滲み出てて好き。
診療所のドアの前で患者を見送るシーンが割と多く出てくる気がするのだけど、ほんとのほんとのラストの見送りシーンで約2時間の長い戦いが報われた感じがした。
このプロットでハリウッド映画だったらもっとハラハラドキドキのどんでん返しあったんだろなぁ、なんて思うけど、ダルデンヌ兄弟でいいんです。

あとファッションもなんか印象的で、チェックのコートも水色のニットも赤のタートルネックも欲しい〜!ってなりました。
みえ

みえの感想・評価

2.5
罪悪感でいろいろ調べてなんか巻き込まれたり。
サスペンス感あんまりないのと期待してたほど響くものがなかった。
あのときこうしてれば、っていう後悔はわかるなと思うくらい。
途中の車で襲われるシーンいるかな?
あと髭の優男が見分けつかなかった。
める

めるの感想・評価

4.1
今回は割と裕福な主人公で社会派とも言い難い内容だった気がするけど、やはり心情を映すのは上手いし、スタイルは変えていない。やっぱこの兄弟の映画が見れるだけで幸せですわ。ただのファンです。笑
ふつーだった、ダルデンヌにしては珍しく子供があんまりフォーカスされてないからかな

ハンズハリー電話がなぜか一番印象深いw
ダルデンヌ映画かつフランス映画で想像すると、なんとも言えない静けさの中で人々の思いが交錯する映画的に想像できるけど、まあそれでした

でも今回は同監督の賞を受賞した他の映画と違って、主人公が亡くなった女の子の真相を行動的に追い求めたのでそこまで静かでもない

この映画では、あーあの時なんでドアを開けなかったんだろうって感じだけど、そういうことって誰にでも何かしらたまには起こるしな

悪いこととか失敗した時はすぐに素直に謝罪しようと思います
終始退屈で眠たくなりました。
3回目の視聴で頑張って最後まで見ましたが、緊迫感もワクワク感も見どころも何もない映画でした。
強いて言うならば、映し出されてるのはリアリティでしょうか。「現実の事件・事故なんてこんなものなんだよ!」と言わんばかりの。

ネットの考察では、今作は「移民問題」を暗に示している、等見かけましたが、私には深みを感じ取ることができませんでした。
ストーリー自体は嫌いではないが、主人公の医師の周りの研修医・患者に身勝手な人間が多過ぎて嫌になる。

主人公は献身的な性格だが、不幸になる体質と言わざるを得ない。それでも本人が望んだかたちだろうから、何が幸せかは他人には分からないが。

映画を通じてほぼ主人公に笑顔は見られないので、観ていて気持ちが落ち込まない人向けです。
チェックのコートと色違いのニットを着回し、ノーメイクという自分を犠牲にした生活だけど、魅力的な女性に感じる。
うーん、好き嫌いかも知れませんが自分はだめでした。

※ネタバレするかもです↓









タイトル、ジャケからどんでん返しサスペンスを予想しましたが、平凡でオチも微妙な映画でした。サスペンスじゃない?

そもそも無駄な要素が目立つ。
研修医と揉めるエピソードいる?

麻薬バイヤーにたまたま会っちゃっていちゃもんつけられるとことか肩すかし

死んだ子のお姉さんはすぐ見つかったのにいろいろ終わってから来る
などなどそれぞれに脈絡なし。イライラ。

そもそもBGMがないこのフランス映画らしい感じ苦手。BGMって大事な要素なんだなといつも思わされます。
>|