きみはいい子の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

kn

knの感想・評価

3.5

いろんな立場から、人生の葛藤を描いた作品。
誰もが、どこかで共感できる部分が少しはあると思う。
周りには一見分からないようで、それぞれが悩みながら生きているんだなあと思う。

子役の演技が上手い子が多い。
教室で宿題の感想を言っているシーンはアドリブ?って思うくらい自然だった。
高良健吾の新人先生感溢れる演技もすごい。


個人的に最後がモヤモヤした終わり方だったけど、想像して楽しむのもいいのかな。
ナナセ

ナナセの感想・評価

4.5
何度も何度も胸が締め付けられて涙を堪えられなかった。
抱きしめること、抱きしめられることにはこんなにも素晴らしい力があるんやと改めて思いました。
モンペとやんちゃキッズに悩む新任教師、子どもを虐待してしまう母親、ボケはじめた独居老人の三人が、日常の中で少しだけ交わって、それぞれの生活が送られていく。
疲れた人たちの心が互いに救われる、優しい世界の話。

特に大きな事件は起きなくて、今日もどこかの町で同じことが起きているんじゃないかと錯覚するような穏やかな空気に包まれてる。
役者さんも皆良い意味で普通な感じが出てて、自分の周りにいる似た人を重ねて見ていた。
子役の子達もすごく自然でよかった。

個人的におばあちゃんとひろや君母が玄関先で話す場面がじーんときた。
いつも怒られてばかりで疲れはて子育てにも悩んでたとこで、お婆ちゃんに肯定され褒められてあのお母さん救われたんだろうなぁ。

高良健吾、最初はイケメンなだけで大事なことは何もわかってないゆとり野郎だったけど、最後は少し成長して行動を起こせたからよかった。
記録

優しい気持ちになれました。
素敵な宿題だと思う。
こういうあたたかな映画に胸打たれる感性が死滅してるからおそらく人より感動できてないけど、誰しも「頑張ったね」って言ってもらいたい時があるってことを覚えておこう 自分だってとか思わずこの言葉を言ってあげられる人間になりたい。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

4.0
優しくすれば、他の人にも優しくする。
鏡の法則。
虐待を受けた人が、自分の子供に虐待をしてしまう。
これも鏡の法則?
人間は不思議だなと思います。

頑張っているのに、躍起になるとうまくいかない。力を抜くことの難しさを大人でも痛感する。そんな時に、誰かに抱きしめてもらったり、背中をさすってもらったり、頭をなでてもらったり、触れてもらうことで、何かリセットしているような感じがします。

日本人は特に、こういうのって苦手‼️ハグの文化が、浸透すればいいのに、笑。

家族じゃなくても、優しさは伝えられるし、もらえる。そういう視点がいいなと思います。

やっとスタートラインに立った感じの終わり方も好き。
子供とのつながりを描いた佳作
(本日=2017年11月11日、鑑賞)

この映画を観たのは、2015年キネマ旬報ベストテン第10位に入っているにも拘らず未見だったから。
観てみたら、なかなか素晴らしい映画であった。呉美保監督作品。

家庭、学校での子育ての話であるが、面倒くさい子供がいたり、子供に暴力をふるう母親(尾野真千子)がいたり、学校の先生(高良健吾)に電話をかけてくるモンスターペアレンツがいたり、と様々なシチュエーションが描かれている。

この映画で描かれている風景が美しいので調べたら、この映画のロケ地は小樽市であった。
行ってみたい。

子供側から、大人側から、教師側から、子供とのつながりを描いた佳作であった。
pamse

pamseの感想・評価

4.2
大人だって子供だってみんなみんな弱い人間。
きみはいい子。
公園や教室でおこる風景がリアルで、身近にある場面描写が効いていた。
池脇さん、こういった役が本当最高!
SK

SKの感想・評価

4.0
物語性というより、極ありふれたすぐ近くの、近所の、自分の話。

自分の親の、友達の、自分の。
皆が見て何か思い出す。感じることがあると思う。

私は終始、私に親は無理だ
まだ産めない、産みたいと思う時が来るのか。
課題だなぁと思いながら見ていた。

共感してというより、自分の過去を思い出してふと涙してしまうような自然な映画。
ぴら

ぴらの感想・評価

3.8
いい映画だなーと思ったら池脇千鶴がでてる