きみはいい子の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

いみ

いみの感想・評価

4.3
あやねちゃんと同じ年頃の娘がいるので、とにかく感情移入してしまい、映画でこんなに泣いたことがないというぐらい泣き通しだった。
前半は辛い涙、後半は心がほどけてほっとした涙。

役者さんみなさん自然な演技でよかったけれど、特に池脇千鶴さんの演技が素晴らしく、終盤、尾野真千子さん演じる母親が娘を自宅に連れて帰ろうとするところで、池脇さんが尾野さんを抱き締めるシーンでものすごい衝撃を受けました。
「えっそっちを抱き締めるの?」とびっくりしたけど、そのあとのセリフで納得。
あと、「家族に抱き締めてもらう宿題」を課せられた小学生がどんな気持ちになったか一人一人話すシーンは大好きなシーン。
子役ではなく、一人の子どもの顔に戻っていて、とても微笑ましいし、親御さんやご家族の顔が浮かんできます。
現実に神田さんのような扱いをされている子どもたちがたくさんいることを思うと、陳腐な表現ですが、胸が張り裂けそうになります。
そのような目に遭っている子をみんな救いたいがそうはいかないので、せめて自分の子どもは愛情をたくさん注いで育てたいと強く思います。

悩んだり落ち込んだり腹を立てたり、休む暇のない子育てですが、そういう時はこの映画のことを思い出して、初心に帰りたいと思います。
nanae

nanaeの感想・評価

3.8
ママ友、いじめ、学級崩壊、ネグレクト、虐待、ひとりぼっちのお年寄り…
世の中の闇をギュッとした映画。
小学校って本当に世界が狭くて、いじめられる側は逃げ場がなくて一生忘れない傷になるのに、いじめる側は何の悪意も持ってなかったりするから忘れるんだよね。
各家庭にも色々な事情があって当たり前なのに、岡野先生のあの宿題はあり得ないと思った。
助けるための宿題が、その子のくびを絞めてる。

ママ友の世界も嫌気がさす。
ひかるくんママがあやねちゃんママを抱きしめるシーンがよかった。反射的にあやねちゃんを守るんじゃなくて、ママを抱きしめてくれた。

弘也くん役の子役の子、本当にすごい。でもこういう子を演じる子たちの周りにいる大人たちってどういう風に伝えるんだろうなと、観ながら考えてしまった。

チャイムで終わりってそりゃないよって感じ。
手を描くのが苦手だから後ろで組んでるテイにする小学生の絵みたいだった。(時間的にも仕方ないのかな)
でも、このテーマで鑑賞後良かったな~となるエンディングはないか。と映画自体についても色々と考えてしまった。
所々セリフに違和感があったのは、登場人物に共感できないからなのかな。
smile

smileの感想・評価

4.0
現実は甘くないし残酷なので、きれい事にだけしなかったところが良かった。
こんなの観ると、わたしは小学校の先生にはなれない。
nm

nmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

虐待、認知症、障害、学級崩壊、、、全部重いテーマなんだけど、それぞれにしっかり優しさが絡んでくるからほっとできた。

高良健吾がモンペアや学級崩壊に対して文句言いつつも、逃げずにしっかり向き合おうとしてる姿がいい。優しさがたっぷりあっていい。

高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴がもうとにかく演技うまくて、表情だけで伝えてくるような…。

生徒の抱きしめられた感想のところ好きだな〜〜。
chinatsu

chinatsuの感想・評価

4.2
得意不得意がありながらもみんな一生懸命生きていて、どこかに救いを求めているんだな。
親になるということを考えさせられた。
さまー

さまーの感想・評価

3.0
教育現場のリアルって感じがした
教育現場しらんけど←

子供育てるのって大変やろうな

高良健吾演じる先生のまっすぐ感が良かった
善人ではなくて人間らしいというか。

自分には子どもおらんから
共感するとこないけど親になった時にみたら多分違うみえ方になると思う。
まろ

まろの感想・評価

-
素晴らしいの一言につきる。
ma

maの感想・評価

-
2017/07/11
なんというか、すごい良かったです!!!

出てる役者さん全ていい味出してる…!
明るい内容ではなかったのですが、良い映画でした。
みんなに観て欲しいです。